So-net無料ブログ作成
検索選択

前の5件 | -

ネットラジオ「Rakuten.FM」の終了とi-dioの動向 [放送メディア]

logo.jpg

楽天のネットラジオ「Rakuten.FM」が8月で終了。開始から約1年 - AV Watch

楽天が始めた、インターネットラジオ配信サービス「Rakuten.FM」が、8月31日をもって終了するそうだ。

2016年7月1日に開始したから、たった1年2カ月での終了となる。

正直、スタートした当初から、楽天が何をしたくてこのサービスを始めたのか、さっぱり分からなかったので、終わっても「そうだろうな」という感想しかない。

TOKYO FMグループ企業などとの協業でスタートした目玉チャンネルの「Crimson FM」は、いち早く6月30日で終了。
「Crimson FM」は、V-Lowの「i-dio」でもサイマル配信されていたが、こちらも同時に終了する。
これは、「i-dio」にとっても痛いだろうな。

ついでなので、「i-dio」についての近況もググってみた。

兵庫県東播磨地域におけるV-Lowマルチメディア放送の開始 - maido3 のコメント / はてなブックマーク

新しい中継局については、V-Low加古川局の予備免許が下りたようだが、予定よりなかなか中継局の設置が進んでいない気がするな。
資金は大丈夫なのだろうか?

ニュース - Amanekが音楽と一緒に位置情報を放送する「Musicジオ」開始:ITpro

アマネク・テレマティクスデザインは、2017年5月11日、曲と一緒に、その曲に関連する位置情報を提供する新サービス「Musicジオ」を開始したそうだが、実に「余計なお世話」感にあふれるサービスで、本当にニーズがあるのかな?

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アヌシー国際アニメ映画祭で「夜明け告げるルーのうた」グランプリ受賞 [映画]

bd259ac8.jpg

湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」アヌシー国際アニメ映画祭長編部門グランプリ!22年ぶり快挙 : 映画ニュース - 映画.com

アヌシー国際アニメーション映画祭2017で、湯浅政明監督のオリジナル劇場アニメ「夜明け告げるルーのうた」が、長編部門のグランプリにあたるクリスタル賞を受賞した。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年に、カンヌ国際映画祭からアニメ部門が独立し設立された映画祭だそうで、全然知らなかったが、1993年に宮崎駿監督の「紅の豚」、1995年に高畑監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」がグランプリに輝くなど、日本の作品の受賞も多い世界最古とのアニメ専門映画祭なのだそうだ。

湯浅政明 - Wikipedia
『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』『Food Chain』『夜は短し歩けよ乙女』が

湯浅監督は、テレビアニメ「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」や、長編アニメ「夜は短し恋せよ乙女」などのヒット作を手掛ける、非常に個性的な絵柄の監督で、私も絵自体はそれ程好みではないが、大変ファンが多い監督であることは知っている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD音源のリッピングし直し [音楽]

私は、昔から、結構好きな音楽はCD/レコードを買う人間で、それは最近でもあまり変わらない。

ひとつには、特に、洋楽に関しては、Amazon.comなどで輸入盤CDを直輸入してまとめて買うと、デジタル音源を買うより安いことも多いからだ。

買ったCDはかなりの数は処分したものの、それでも手元にまだ数千枚のオーダーで持っている。

それらのCDは、すでに一度MP3にリッピッグして、iPod Classicウォークマンで聴けるようにした。
ただ、昔のデータは、当時のHDD容量もまだ大きくなかったため、128kbpsのMP3でエンコードしていたが、今やそんな程度の容量節約は意味がない。

そこで、手元にあるCDを、徐々に256Kbsp・VBRのMP3形式と、無劣化圧縮のFLAC形式でエンコードし直し始めている。
1960年代のポピュラー音源だと、128kbpsでも十分に思えるが、それ以降だと、256kbsにすると明らかに変化が分かる音源も多いので、すべてエンコードし直そうと思って始めている。

また、当然ながら、新たに手に入れたCDは、最初から、この2つの形式でリッピングしてNASに保管している。

ハイレゾ音源を作る(1) ハイレゾ化する音源:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

アナログレコードも100枚以上持っているのだが、いずれも高音質盤ということで、ハイレゾでキャプチャーし、FLAC形式に変換する環境を整えたことは、既に書いたが、2枚ほど作業を行ったっきり、あまり進んでいない。
アナログのデジタル化は、それ自体は環境さえ整えられれば難しいところはないのだが、後から、曲を分割したり、それぞれにタグを付けたりという作業が物凄く面倒なのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazon Prime Musicを使ってみて [ネット配信]

index.png

ASCII.jp:音楽はオマケ――Amazon「Prime Music」が持つ「怖さ」 (1/3)

Amazonプライム会員に加入したことで、無料で使える音楽聴き放題サービス「Amazon Prime Music」が使えるようになったため、少しその感想を書いておきたい。

「Amazon Prime Music」は、Amazonプライム会員に提供される音楽聴き放題サービスで、正直、月額325円の会費は、配送料無料に、プライムビデオを数本見るだけで十分元が取れるため、「Amazon Prime Music」自体はほとんど無料で利用する感覚になってしまう。
楽曲数は100万曲以上ということで、単体で聴くと、十分多く感じるが、例えば、Google Play Musicの3,500万曲に比べれば、大幅に少ないし、何より、国内の楽曲が弱く、ソニーの楽曲が皆無だったりするので、聴ける楽曲の偏りも大きいため、日本の音楽を中心に聴きたい人にとっては、聴きたい曲がなくて、ガッカリするケースもあるかもしれない。

Prime Musicは、Webブラウザ、または、Android、iOS、Windows、MacOS X向け専用アプリ「Amazon Music」で聴くことができる。

配信される楽曲は、著作権保護が掛かっているため、手軽にiPodに入れて聴くようなことはできないが、ストリーミングだけでなく、ダウンロードして聞くことはできる。

PC版専用アプリは、「MP3ダウンロードストア」のクライアント機能も持っていて、過去にAmazon「MP3ダウンロードストア」で購入した音源も、このアプリで一括してライブラリ管理することができる。
実際、このアプリを立ち上げて、Amazonのアカウントでログインした途端、ライブラリには、過去に購入したオンライン音源や、「AutoRip」のお蔭で購入したCDのMP3音源も表示され、直ちに聴くことができるようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonプライムビデオをしばらく使ってみて [ネット配信]

amazon-prime-video.jpg

Amazonプライムビデオの感想:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

その後、しばらくAmazonプライムビデオを使用してみての感想を、改めて書いてみたい。

Amazonプライム・ビデオの作品数は、なんと8000タイトル超え!

昨年時点で9,000本近いコンテンツ数と聞いたときには、結構多いなと思ったのだが、実際にブラウズしていてその実感がない。

Amazonプライム・ビデオのタイトル数が1カ月で2000も増えたので内訳を調査

どうしてかと思って調べて見ると、まず、同じコンテンツでも、字幕と吹き替えでは別々に数えられること。
また、最近増えた中には、日本語字幕もない英語タイトルが多いらしく、しかも、その中に「Amazonビデオダイレクト」にアップロードされた素人の動画は多数あって、かなり水増し感のある数値のようだ。

実際のところ、映画やドラマのラインナップはしょぼい。随時発表される限定配信作品で、見たいものが時々あるほかは、新作で1つ見たいものがある程度だ。

その一方で、お笑い関係のコンテンツは、特に吉本興業所属の芸人に関してはかなり充実していて、ノンスタイルのネタDVDのほとんどが見られたり、関東ではなかなか見られない芸人のコンテンツも多く、これはしばらく見甲斐がありそう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -