So-net無料ブログ作成
検索選択

前の5件 | -

ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ」の訃報 [音楽]

米ジャズ歌手 アル・ジャロウ氏が死去 | NHKニュース

全然ニュースに気づいていなかったが、2017年2月12日(日)、ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ(Al Jarreau)」が亡くなっていたことが分かった。

享年76歳。2010年に呼吸器系の病気で入院し危篤と伝えられたが、順調に回復し、その年の9月には来日し公演も行った。
この5日前には、疲労を理由にツアーからの引退することを発表たばかりだったというから、本人はまさか亡くなるとは思っていなかっただろうに。
突然のことだったのだろう。

アル・ジャロウ - Wikipedia

「アル・ジャロウ」というえば、1975年にレコードデビューし、1978年に名アルバム「Look to the Rainbow」が、1979年には「All Fly Home」がグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞し、ジャズ界以外でも広く知られるようになった。

私が、FM雑誌などで、彼のことを知ったのも、この頃だと思うが、リアルタイムで曲は聴いていない。

その後、グラミー賞を7度受賞したが、ジャズ以外にも、ポップス、リズム&ブルースの、異なる3つのジャンルでグラミー賞を受賞した最初の歌手なのだそうだ。



軽やかで透明感のある声と、「スキャット」でのソロパートのうまさには定評があり、「We're In This Love Together(邦題:奏でる愛)」や「Moonlighting」「Mornin'」などのスマッシュヒットもあった。

声質は、今人気のミュージシャンでいえば、ファレル・ウィリアムスが近いかな。最初にファレル・ウィリアムスの曲を聞いたときに、軽快な曲調といい、てっきりアル・ジャロウの新曲かと勘違いしたほど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤江珠緒が妊娠&「たまむすび」降板へ [ラジオ]

この春のTBSラジオの番組改編は、おそらくほとんど無風だろうなと思っていたら、思わぬ春一番が到来。

radikoタイムフリーで聴く:赤江珠緒 たまむすび | TBSラジオ | 2017/02/16/木 13:00-15:30

赤江珠緒が第1子妊娠、3月末で産休へ - レギュラーラジオの復帰は未定 | マイナビニュース

赤江珠緒、妊娠により『たまむすび』を3月30日で降板することを発表「後任は未定」「枠・パートナーはそのまま」 | 世界は数字で出来ている

2月16日(木)放送の「たまむすび」冒頭を、一日遅れで、radikoタイムフリーで聴いたら、メインパーソナリティの赤江珠緒が第1子を妊娠し、「たまむすび」を3月いっぱいで降板するという。

現在、妊娠5ヶ月で、順調にいけば、出産は初夏くらいになるようだ。

まずは、赤江さん、おめでとうございます。

赤江さんにお子さんはいないことは知っていたが、番組で表だって「子供が欲しい」というような発言をすることはなかったように思う。
でも、番組でも赤江さんが、よく従弟の話を楽しそうにしているのを聞いていて、お子さん欲しいんだろうけど、できないんだろうなぁ、と密かに思っていた。
不妊治療もやっていたのかもしれないが、ようやくその成果が出たのなら喜ばしい!

さて、これに対し周りの雰囲気もちろんは、瀧さんもリスナーも皆、「産休でまた戻ってくればいいんじゃないか?」という雰囲気なのだが、赤江さん自身の発言は、「迷惑をかけるので、降板させてもらう」というニュアンスが強かった。

赤江さんは、現在42歳で、初めての子供を高齢出産するということになれば、確かに出産自体リスクもあるし、体力的にも気安く帯の番組に復帰します、と言えるだけの自信がないのだろう。

これが、すでに出産経験がある2人目以降の出産であれば、経験あるから、どうやれば早く職場復帰できるかを見通しやすいだろうが、赤江さんは何もかも初めてだしね。その気持ちは分からなくはない。

羽鳥慎一、赤江妊娠を祝福「たまママになる!」 前番組でパートナー/芸能/デイリースポーツ online

テレビ朝日の「モーニングショー」では、ニュースとして取り上げ、かつての相棒・羽鳥慎一が祝福するなど、妊娠を祝福する声が相次いでいる。
羽鳥慎一は、来週スペシャルウィークに、「たまむすび」にもゲスト出演するそうだ。また、号泣しそうだな(笑)

一方、「たまむすび」は、4月以降も継続し、日替わりパートナー(月:カンニング竹山、火:山里亮太、水:博多大吉、木:ピエール瀧、金:玉袋筋太郎)や、金曜パーソナリティーの安東弘樹アナウンサーも変わらず出演することも発表された。
赤江さんの後任は現時点では未定で、決定次第番組で発表するとのこと。

ただ、赤江さんの後任選びって、人気番組だけに、これは大変そうだな。

番組としては、産休扱いとして、子育てが落ち着いたら復帰して欲しい、という意図が感じられるので、そうなるとさらに制約が厳しく、次のような条件がありそう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学習雑誌「小学8年生」は本気みたい [出版]


ウワサの「小学8年生」は予想以上に面白い! 「子どもだましではない」本格的なその内容 (1/3) - ITmedia NEWS

小学館から、「小学8年生」なる雑誌が刊行された。書店でも平積みされていて、話題を呼んでいるようだ。
まずは、タイトルが、中学2年生を意味するのか? あるいは、パロディ誌か?と思い、中身を開くと、どちらでもない。

扱いは、「小学二年生」の別冊という形になっているが、中身は小学生向けの学校や社会などの話題を解説する学習誌のようで、ほとんどの感じにルビが振られていることからも、これが中学生向けの雑誌では決してないことが分かる。

どういうコンセプトかと思い、検索してみたところ、今年度で学年別学習雑誌「小学二年生」が休刊になり、来年度から「小学一年生」のみとなるのだが、「小学8年生」は、主に2~6年生に向け、新たに打ち出す学習雑誌だそうだ。
そう知って、雑誌のタイトルを見ると、「8」の文字が7セグメントのデジタル文字になっており、これは「8」という数字ではなく、幅広い数字に対応しますよ、という意図だと分かる。

発売された第一号では、「学校いろいろ大研究号!」と銘打ち、小学校を独自の切り口で解剖し、トランプ米大統領の「まんがで読む人物伝」、卓球の伊藤美誠(みま)、平野美宇両選手のインタビューや、「北方領土問題」のニュース解説などじっくり読ませる特集もあり、小学生向けとしては非常に情報量は多い。
ただし、漢字のルビは、小6までに習う漢字全部に振られており、小学校低学年にも、何となくでもいいから、難しい記事も呼んで欲しい、という意図が感じられる。

それを、「潜在学習」と呼んでいるそうで、そのときには行動に表れていなくても、潜在的にある程度は学習していて、あるきっかけで急激に学習成果が開花する現象だそうで、確かに、子供のころ、訳も分からず面白さだけで見ていたが、大人になって改めてその深い内容に気付く本やアニメがあったりするので、そうした効果は分かる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三才ブックスから「ラジオ受信バイブル」発売! [ラジオ]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジオ受信バイブル [ ラジオライフ編集部 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)


三才ブックスから「ラジオ受信バイブル」というA5判のムック本が、1月28日に発売された。

定価は、税込1,296円だ。

国内の遠距離受信から、radikoの便利な利用法まで、古いBCLラジオの紹介から最新ラジオの活用術まで、一歩進んだ「ラジオの聴き方」を実験レポートも交えながらじっくり解説した本で、「月刊ラジオライフ」および「ラジオマニア」の記事から選りすぐり、最新情報を付け加えた、ラジオファンにはバイブルとなる1冊だそうだ。

目次内容は次の通り。

●カラー企画
・国産ラジオベストバイ
・タイムフリーも活用! radiko使いこなしテクニック

●第1章 実験編
・真昼のAM遠距離受信に挑戦!
・AMラジオはいったい何時から遠距離受信できるのか
・富士山で沖縄局を狙え!
・ワイドFMの電波はどこまで飛ぶのか?
・隣県のFMを聴いてみよう!
・スカイツリー送信になってホントに聞こえやすくなったのか?
・寝台特急コミュニティ局受信の旅
・車・電車・船で…旅するラジオ受信
・都内からTOKYO FM八丈島局を聴く

●第2章 機材編
・松下製RF-U77/90はソニーICF-EX5に匹敵するか?
・ソニー・SRF-VIBT使用レポート
・radikoに勝てる? 通勤ラジオの実力テスト!
・ICF-SW77に見る十和田製ラジオのすごさ
・手軽に設置できる中波受信用アンテナの威力
・AM遠距離受信に適したソニー製ラジオはどれだ!
オススメFMチューナーレポート
・古いBCLラジオを入手するには

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radikoタイムフリー&シェアラジオの反響を整理してみた [ネット配信]

ワイドFM開始1周年 3局リスナーアンケート~57.5%がワイドFMで聴取~:時事ドットコム

ワイドFM1周年のアンケートで、ワイドFMがリスナーの間で定着しつつあることが分かってきたが、10月に始まったradikoのタイムフリー&シェアラジオはどうなんだろうと、ググってみた。

星野源のANNも人気、ラジコのタイムフリー・シェア機能がラジオ改革/芸能/デイリースポーツ online

ニッポン放送の社長の発言によると、「オードリーのオールナイトニッポン」は約40%が、「星野源のオールナイトニッポン」は約半数のリスナーが、タイムフリー聴取で番組を聞いているらしい。ラジオ全体の聴取率は昨年の12月から相当上がっているとのこと。

また、タイムフリー開始後、有料サービスのエリアフリー利用者が1.5万人増えるという副次的効果もあったそうだ。
これには納得、タイムフリーが、エリアフリーの価値を大幅に上げたのは、利用者の一人としても実感している。

ちなみに、記事によれば、タイムフリーには、出演者に問題発言があった場合、気がついたら、放送局ですぐに削除できるようなシステムがあるそうだ。だったら、やっぱり予約録音は止められないな(笑)

次に、放送関係の業界紙の目次をチェックし、タイトルから中身を推測してみた。

マスコミ研究会 > 日刊合同通信 > バックナンバー

日刊合同通信 第61巻 第14876号
「ハイブリッドラジオ」進展動向注視
補完・タイムフリーに続く第3弾的取組み
活性化・リスナー拡大効果期待・受信機生産鍵
災害時確実伝達手段強調・Vローなど議題に
民放連、明8日の放送諸課題検討会で説明へ

一番新しい目次には、「ハイブリッドラジオ」なる新語が登場し、「補完(ワイドFMのこと)・タイムフリーに続く第3弾的取組み」と書かれている。

「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」第3回会合:携帯端末に適したマルチメディア放送とは──ハイブリッドラジオ、ISDB-Tmm陣営がプレゼン - ITmedia Mobile

これは何かと調べたら、かなり古い記事だが、「現行のFM放送の周波数帯域幅200kHzを400kHzに拡大し、アナログFM放送にデジタルの信号を加えて放送する」仕組みで、アナログテレビの1~3チャンネルのV-LOW帯を利用したいという希望が出ていたことがあったで、これのことかと思ったが、記事タイトルには「活性化・リスナー拡大効果期待・受信機生産鍵」とあるから、もっと現実的な話に思える。
だとすると、V-LOWと従来のアナログ放送のハイブリッド受信機のことを意味するのだろうか?
それを作っても、TOKYO FM以外の従来のアナログ放送事業者には、何もメリットはないんだけどな。

放送ニュース一覧 - 文化通信.com
QRタイムフリー利用、5局占有率50%
シェアラジオ宇多田特番1・6万人に拡散

目次には、「5局占有率50%」とあるが、これは、radiko参加局のうち、関東のTBSラジオ、ニッポン放送、文化放送、TOKYO FM、J-WAVEの5局が、タイムフリーの利用の半分を占めるという意味に読める。
また、タイムフリー開始日の宇多田ヒカル特番が、シェアラジオ機能で1.6万人に拡散されたということらしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -