So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

2017年10月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 [ラジオ]

vr.png

2017年10月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

ビデオリサーチから、2017年10月度「首都圏ラジオ個人聴取率調査速報」が、11月15日に発表されたそうだ。
これによると、ラジオ全体の平均聴取率みたいな指標であるSIU(全局個人聴取率)が、5.4%と、前回8月度の5.2%よりアップした。
SIUは、ここ数年ずっと下がり続けており、それは「ラジオがどんどん聴かれなくなっている」ことを示していただけに、ようやく反転の兆しが見えたことになる。

これに対し、ラジオ局個別のプレス発表はというと、今のところ、最近元気がいいJ-WAVEからしか出ていないようだ。

J-WAVE(81.3FM)10月度聴取率調査で「M1」「M2」「F2」「M1+F1」「M2+F2」「20代男性」「30代男性」「30代女性」「30代男女」ほか首位を獲得! |株式会社J-WAVEのプレスリリース

これによると、J-WAVEでは、10月度の個人聴取率調査において「M1(男性20~34歳)」「M2(男性35~49歳)」「F2(女性35~49歳)」「M1+F1(男女20~34歳)」「M2+F2(男女35~49歳」など、主要ターゲット層でトップレーティングを獲得しまそうだ。

前回8月度では、TBSラジオに次いで聴取率第2位に躍進したJ-WAVEは、引き続き好調なようだ。

では、前回トップだったTBSラジオはどうかというと、プレス発表はないのだが、業界誌の目次をいくつか調べると、

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

AbemaTVが「ラジオチャンネル」をスタート [ネット配信]

abema1_s.jpg

AbemaTVに全国のラジオを無料放送する「ラジオチャンネル」。J-WAVEら参加 - AV Watch

放送型のネット動画配信サービスAbemaTVが、12月1日より、いつでも旬な音楽が聴ける「ラジオチャンネル」を開設するそうだ。

参加ラジオ局は、AIR-G’(エフエム北海道)、FM NORTH WAVE、FM802、J-WAVE、KBCラジオ(九州朝日放送)、LOVE FM、ZIP-FMとあるが、ラジオ局の放送がそのまま流れるということではなく、参加各局の人気番組をAbemaTVが調達し、新しい「ラジオチャンネル」を編成して放送するというサービスだ。

音声のみの配信になるが、AbemaTVのコメント機能を使い、ラジオを聴きながらユーザー同士のコミュニケーションが図れたり、放送中の楽曲情報などを画面で確認できるので、一応画面にも何か表示されるようだ。

他局から購入した番組ばかり流す、というのは、自分で番組制作する能力も資金力も足りない地方ラジオ局にはよくある形態で、自社でショボイ番組を流すぐらいなら、例えば東京のキー局の人気番組を流す方が聴いてもらえる事情がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「広辞苑」が10年ぶりの新版 [本]

miya_171025kojiennana02.jpg

『広辞苑』10年ぶり新版 「ツイート」「ビットコイン」など1万語追加 「炎上」には「ネット炎上」の意味も - ITmedia NEWS

「広辞苑」が10年ぶりの改訂版発売 新たに1万語収録で「ブラック企業」など追加 「オタク」などの解説変化も - ねとらぼ

岩波書店が、国語辞典「広辞苑」の10年ぶりの改訂新版「第7版」を、2018年1月12日に発売するそうで、「広辞苑」というと最も権威ある国語辞典であるだけに、新たに追加された言葉に関して、あちこちで話題を呼んでいる。

IT関連後も多く取り入れられ、「ツイート」「ビットコイン」「クラウド」「アプリ」「スマホ」「ブロガー」「メアド」「自撮り」「ディープラーニング」「(スティーヴ・)ジョブズ」「フリック」「仮想通貨」「ブルーレイ」といった言葉が新たに加わった。

さらには、IT関連で新たな意味や、意味が変わった用語についても、説明が追加されており、「炎上」の項目には、「火が燃え上がること」に加え、「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という説明が追加されたり、「リセット」の項目にも「再び始動の状態に戻すこと」に加え、「新たに始めるために、もとの状態に戻すこと」という説明が加えられたりしているそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年新語・流行語大賞のノミネート語発表 [イベント・企画]

sp-main-img.png

「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート発表:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

少し前に、今年前半の新語・流行語大賞候補について取り上げたユーキャン新語・流行語大賞の話題だが、今年のノミネート語が発表になった。
いよいよ年末が近づいてきたな。

2017年流行語大賞に「けものフレンズ」がノミネート 他「刀剣乱舞」「ハンドスピナー」「ひふみん」など - ねとらぼ

今回ノミネートされた30語、アイウエオ順で以下の通り。

・アウフヘーベン
・インスタ映え
・うつヌケ
・うんこ漢字ドリル
・炎上○○
・AIスピーカー
・9.98(10秒の壁)
・共謀罪
・GINZA SIX
・空前絶後の
・けものフレンズ
・35億
・Jアラート
・人生100年時代
・睡眠負債
・線状降水帯
・忖度(そんたく)
・ちーがーうーだーろー!
・刀剣乱舞
・働き方改革
・ハンドスピナー
・ひふみん
・フェイクニュース
・藤井フィーバー
・プレミアムフライデー
・ポスト真実
・魔の2回生
・〇〇ファースト
・ユーチューバー
・ワンオペ育児

毎年書くのだが、新語・流行語大賞は、言葉に対する賞なのだから、商品やサービス、コンテンツ、人物そのものが大ヒットしてその名前が知れ渡っただけの場合は除外して欲しいものだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」を発表 [イベント・企画]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日経 TRENDY (トレンディ) 2017年 12月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2017/11/13時点)


ヒット商品1位は「Nintendo Switch」 - 日経トレンディネット

月刊情報誌「日経トレンディ」の2017年12月号が発売され、毎年恒例となっている「2017年ヒット商品ベスト30」および「2018年ヒット予測」を発表した。

2017年「ヒット商品ベスト30」は以下の通り。

1位:Nintendo Switch
2位:明治 ザ・チョコレート
3位:クラウドファンディング
4位:ミールキット
5位:ビットコイン
6位:クラフトボス
7位:リンクルショット メディカル セラム
8位:でか焼鳥
9位:anello(アネロ)
10位:ハンドスピナー
11位:うんこ漢字ドリル
12位:AirPods
13位:キュキュット CLEAR 泡スプレー
14位:IHI ステージアラウンド東京
15位:LIP38℃ リップトリートメント
16位:クリニカKid's ハブラシ
17位:ローカーボ食品
18位:ノート e-POWER
19位:ジェルボール 3D
20位:シールド乳酸菌
21位:KOIKEYA PRIDE POTATO
22位:うまれて!ウーモ
23位:ミニオン・パーク
24位:glo(グロー)
25位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
26位:エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S
27位:バーミキュラ ライスポット
28位:DAZN/AbemaTV
29位:日清カレーメシ
30位:GINZA SIX

実は、昨年末に日経トレンディで発表された2017年ヒット予測は、次の通りだったのだが、ちょっとズルいのは、自分自身の予測がどの程度当たったかはレビューしないんだよな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -