So-net無料ブログ作成

2016年春のラジオ関係出版物情報 [本]

スポンサードリンク




ラジオ局やラジオ番組を特集した雑誌は、これまでもいくつかあるが、定期的に刊行されているラジオ関係の雑誌、ムック本って、結局この4つぐらいしかないみたい。


三才ブックスでは、月刊「ラジオライフ」が有名だが、この雑誌、実際にはラジオ放送に関する記事が載るのは稀で、ラジオの専門誌というと、毎年春と秋から出ている「ラジオ番組表」ということになる。
2016年春号は、4月27日に、1,080円で発売予定だ。
各ラジオ局の番組表や、番組改編情報が網羅されていて、地味だが貴重なムック本だが、いつも刊行時期が遅いのが不満。

もっとも、刊行が遅いのは、全く出版社には責任がなく、ラジオ局のせいだ。
各ラジオ局の番組改編情報の発表が余りに遅く、3月下旬にならないと全貌が明らかにならないことが一番の原因だからだ。
こうしたダラダラ感が、ますますラジオをダメにしている気がするのだけどね。


ラジオマニア2015 | 三才ブックス

三才ブックスからは、もう一つ「ラジオマニア」というムック本が、毎年7月前後に刊行される。
こちらは、国内のラジオ局やラジオ番組の記事もあるが、海外ラジオ局や、インターネットラジオ局、さらに、海外放送を聞くためのラジオなどが記事の中心で、幅広いラジオの総合誌となっている。
2016年版の刊行はまだ未定だが、また内容が発表されたら、随時ご紹介したい。

三才ブックス・ラジオ班(@sansai_radio)さん | Twitter

なお、「ラジオマニア」や「ラジオ番組表」の最新情報は、こちらのアカウントで随時紹介されるので、興味がある方は、こちらをご覧ください。

まだお笑いラジオの時間
価格:1242円(税込、送料無料)


春に2冊の本を出します : 『ラジオの時間』ですよ

綜合図書からは、お笑い芸人のラジオ番組にフォーカスしたムック本「お笑いラジオの時間」シリーズが出ている。
このシリーズは、どうやら年に1度の刊行となるらしく、第4弾となる新刊「まだ お笑いラジオの時間 (綜合ムック) 」が、4月22日に発売された。

巻頭企画は、吉田豪による爆笑問題インタビューで、「爆笑問題カーボーイ」の裏側やこれまでのラジオ仕事を振り返る。

自分自身がラジオ好きである「リスナー芸人」特集では、春日俊彰(オードリー)、森脇健児、向井慧(パンサー)に聞く。

「山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」の特に人気コーナー「ラストメッセージ」について、山田ルイ53世と、放送作家ウノTにインタビューした記事も面白そう。

三四郎、トレンディエンジェル、ニューヨークのインタビュー記事や、塚本直毅(ラブレターズ)、松井咲子、RAM RIDERのラジオコラムなども収録。

今回もなかなか充実した記事内容になっているようだ。

こちらのムック本、昨年は3月に発売されたが、その後発表された番組改編で、本の内容に齟齬が生じた番組があり、今年は4月下旬に遅らせたそうだ。
出版する側とすれば、新番組が始まる前の3月中には発売したいが、3月中に発売しようとしたら、番組改編がまだ分からない状態で本を作らなければいけないというジレンマを抱えているようだ。

それは、ラジオを宣伝してくれようとしているメディアに対して、あまりに不親切だと思うな。
こうしたギリギリまで何も決められない姿勢、ホント何とかしないと、誰もラジオに手助けしてくれなくなるよ。

声優ラジオの時間(NEXT SEASON)
価格:1234円(税込、送料無料)


そして、最後のもう1冊が、同じく綜合図書から刊行されている「声優ラジオの時間」。
こちらは、個人的には全く興味ないので読んだことがなく、何も書けない。申し訳ありません。

関連記事:
ラジオを特集したムック本4冊:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





まだお笑いラジオの時間
価格:1242円(税込、送料無料)

声優ラジオの時間(NEXT SEASON)
価格:1234円(税込、送料無料)



【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました