So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェーン・スー新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」入手 [本]

スポンサードリンク





重版出来がかかってホッとしているジェーン・スーの新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」だが、楽天ブックスで買ったのが、今日家に届いていた。

帰宅後、読み始めようとしたら、奥さんが挟んだしおりは既に終盤に差し掛かっており、ちょっとイラっとする(笑)


寝る前に1時間ほど読んだだけだが、相変わらず「例え」の巧みさが光り、面白い。

基本、女性が共感を持って読む本だとは思うが、男にとっても、客観的に、女性の生態を知る上役立つ本だとは思う。

これを読んでいると、私の奥さんのまとった「甲冑」は比較的少ない方かもしれないな、と感じた。
というか、結婚、出産、子育てを経て、随分「甲冑」を脱ぎ捨ててしまった、というのが本当のところかも。

それをあらかた脱ぎ捨ててしまった姿がいわゆる「オバサン」であり、でも、それは、とても身軽な生き方なのかもしれないなとも思う。

なお、帯を外した下の絵が面白いという話だったが、期待し過ぎたのか、大したことはなかったな。

ジェーン・スー@「女の甲冑…」発売中(@janesu112)さん | Twitter

さて、新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」に絡んで、「生活は踊る」でも、スペシャルウィークに、全著作のプレゼントキャンペーンをやったり、スーさん自身も、本の感想を毎日積極的にリツイートしていたりするが、他のメディアなどへの出演やイベントも増えている。

王様のブランチ 女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。 ジェーン・スー - アンチエイジング夫婦のブログ

6月4日の「王様のブランチ」に、新刊のプロモーションで出演。「生活は踊る」のスタジオでインタビューされていた。

【告知】6月16日(木)深夜24時台▼荻上チキ×ジェーン・スー「新世代ラジオパーソナリティ対談」(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時?)|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

6月16日(木)のSession22の24時台ミッドナイトセッションにも、「新世代ラジオパーソナリティ対談」ということで、スーさんが出演。チキさん、南部さんと息の合ったトークを繰り広げていた。
こちらは、新刊の宣伝もあったが、「生活は踊る」の裏話の方が多かったな。

ジェーン・スーさんの『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』サイン会 『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』 (ジェーン・スー 著)|イベント情報|本の話WEB

6月10日(金)には、刊行を記念して、有隣堂アトレ恵比寿店で、著者サイン会があったが、盛況だったみたいだな。

ジェーン・スーさん最新作刊行記念イベントを6/29(水)に開催! |キュレーションマガジン antenna[アンテナ]

続いて、6/29(水)にも、「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」の刊行記念イベントを、南青山の「COMMUNE246」内 「antenna* <> WIRED CAFE」で行うそうだ。参加費は、税込1,500円で、2ドリンク付き。定員は40名だったが即完売したみたい。

トークゲストは、漫画家・イラストレーターのしまおまほ。出産で休んでいたのが、最近様々な出演が増えているな。
当日の受付は18:30からで、イベント自体は19:00~21:30というから、ガッツリ2時間半もある。

これまでの著作とは違って、それほど宣伝で他の番組に出ないのは、昼の帯番組をやっている関係上、スケジュール的にも他の番組に宣伝で出るのが難しいから、かもしれないな。

新刊以外の情報もついでに。

TBSラジオのフリーマガジン『TBSラジオPRESS』|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

TBSラジオのフリーマガジン「TBSラジオPRESS」2016年7-8月号に、「ジェーン・スー 生活は踊る」の特集と、「蟹江一平 One Night TOKYO」の特集が掲載されていた。私の身近なところでは、イトーヨーカードーなどに置いてある。
「蟹江一平 One Night TOKYO」は、最近聴いてないなぁ。やっぱりこの人、ツッコむ人がいないと・・・

第4回 サバランとミルフィーユ | 連載 | ジェーン・スー「生きるとか死ぬとか父親とか」 | Book Bang

雑誌「波」の連載エッセイ「生きるとか死ぬとか父親とか」の第4回「サバランとミルフィーユ」が掲載された。

『食べる私』平松洋子 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS

平松洋子の新刊「食べる私」に、ジェーンスーとの対談が収録されているようだ。

ジェーン・スー | 三才ブックス

ラジオライフの2016年7月号にも、スーさんのラジオについて、長いインタビュー記事が掲載されてる。Webの雑誌紹介にも載っていなかったので、書店で見てびっくり。ラジオライフも、こういう番組を取り上げたりするんだな。

古舘伊知郎、2ヶ月ぶり復帰で観客を圧倒「聞いて欲しかった」 | ORICON STYLE

6月1日に急きょ開催された古舘伊知郎のトークライブ「微妙な果実~トーキングフルーツ」で、スーさんのAERA連載「今夜もカネで解決だ」のファンであることを言及したことを、招待されたスーさん自身も語っていた。
よく考えたら、スーさんの例えのセンスって、古舘伊知郎好みなのは分かるなぁ。

ラジオ番組「生活は踊る」の方は、スペシャルウィークも、あまりスペシャル感はなかったな。
元々、「伊集院光とらじおと」みたいに、ゲストやプレゼント企画も山盛り、みたいなことはやりようがないだろうしね。
というか、この番組、時間割がタイトすぎて、ゲストコーナーぐらいしか特徴を出しようがない!

ただ、金曜ゲストの市川紗椰が、スーさんと過去に仕事をしていたとは意外ではあったな。

著書のサイン本プレゼントも、元々スーさんのファンなら喜ぶが、そうでない人にどこまで届くか微妙かも。
選曲で、バートバカラック特集をやったり、みたいな渋い工夫はやっていたが、それが聴取率には結びつかないだろうし。

私的には、それでも何も問題はないのだが、前後の番組の聴取率がいいだけに、足元に火がつかないか、ちょっと心配だな。

関連記事:
ジェーン・スー出版関連情報から:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



ラジオライフ 2016年 07月号 [雑誌]
価格:709円(税込、送料無料)

食べる私 [ 平松洋子 ]
価格:1890円(税込、送料無料)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。