So-net無料ブログ作成

宮崎駿と宮崎吾朗の最近の動向 [人物]

スポンサードリンク




宮崎駿が、三鷹の森ジブリ美術館上映用の短編アニメ「毛虫のボロ」をCGで制作中であることは、すでにこのブログでも取り上げたが、その後の状況をググってみた。

poro.jpg

鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ | nippon.com

昨年の制作開始の発表で、鈴木プロデューサーは、3年はかかりそうと言っていたが、こちらの記事によれば、三鷹の森ジブリ美術館で公開されるのは、あと1、2年先になりそうだとあり、制作開始時点から1年ぐらい経っていることを考えれば、まずは順調みたい。

鈴木敏夫によれば、宮崎駿は、手で書けるところは書いているとのことで、手書きとCGを合成した映像表現になるようだ。
また、CGと言っても、3D CGとは一言も言っていないため、おそらく宮崎吾朗が「山賊の娘ローニャ」で使用したような3Dでモデリングしたキャラクターを、2DとしてレンダリングしたようなCGなのだろう。

スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - 「野中くん発 ジブリだより」 6月号

こちらの記事でも、5月9日(月)に「毛虫のボロ」の最初ラッシュ上映があり、クオリティも上々とのことで、制作は順調であることをうかがわせる。

宮崎駿の新作短編に櫻木優平が参加、アニメーション制作にスティーブンスティーブン | アニメ!アニメ!

「毛虫のボロ」のCG制作については、新鋭CGアーティスト櫻木優平がパートナーとして参加しており、櫻木優平が所属するCG制作会社「スティーブンスティーブン」が、アニメーション制作を手掛けているらしい。

しっかりとドラマを描いていきたい ~櫻木優平(スティーブンスティーブン)~|今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(4) | インタビュー | CGWORLD.jp

櫻木優平氏については、あまりよく知らないが、岩井俊二監督の「花とアリス殺人事件」でCGディレクターを務め、「日本アニメ見本市」で公開した短編「新世紀いんぱくつ。」で監督デビューを果たし、「CGWORLD大賞 2015」にノミネートされるなど、目覚ましい活躍をしている新鋭とのこと。

完成したら是非見たいし、もっと言うなら、「紅の豚」みたいに、短編を作るつもりで結局長編になっちゃった、みたいなとんでもない結末を期待しないでもない。

一方、「山賊の娘ローニャ」が国際エミー賞受賞した宮崎吾朗監督は、早速次回作の制作に入っているらしい。

宮崎吾朗監督、新作完成は「来年ぐらい」 | ORICON STYLE

こちらのトークショーで洩らした情報によれば、「毎日、仕事しています。今、ある企画が進行中なんですが、まだ言えません。言うと怒られてしまいます」と近況を報告し、「(完成は)来年ぐらい」とも発言したらしい。

一方で、ラジオ番組「ジブリ汗まみれ」の「人工知能と仮想現実Vol.3」という回で、鈴木敏夫が、ポロっと「宮崎吾朗は、シリーズものを東南アジアで作っている」と漏らしており、どうやら新作は、「山賊の娘ローニャ」同様のテレビアニメシリーズになるようで、しかも、海外に飛び出して現地スタッフと映像制作をしているらしい。

鈴木敏夫の前後の会話から想像すると、ピクサーで修行して退社したアジア系のアニメーターが国に戻り立ち上げた会社と組んでやっているようだな。

こちらも、来年には完成するようなので、楽しみに待ちたい。

関連記事:
宮崎駿がCGで短編映画の製作を開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
宮崎吾朗監督「山賊の娘ローニャ」が国際エミー賞受賞:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

山賊の娘ローニャ ブルーレイBOX 全9枚セット
価格:53460円(税込、送料無料) (2016/7/28時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました