So-net無料ブログ作成
検索選択

「いしいひさいち」というレジェンド [本]

スポンサードリンク




朝日新聞連載の「ののちゃん」や「がんばれ!!タブチくん!!」などで知られる漫画家いしいひさいちを、全く知らない人はいないだろう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

総特集いしいひさいち増補新版
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)


いしいひさいち特集ムック、描き下ろしマンガや未収録長編加え増補改訂版に | マイナビニュース

そのいしいひさいちが、デビュー40周年だそうで、それを記念して、2012年に河出書房新社から出たいしいひさいちの特集ムック本が、増補改訂され、「いしいひさいち〈増補新版〉新仁義なきお笑い」として発売された。
価格は税込み1,404円だ。

22ページにも「でっちあげインタビュー」や、「ゴキブリ新聞」「ゲームセット」などの単行本未収録作品も収録。
あずまきよひこ、いがらしみきお、吉田戦車らの寄稿マンガに、宮部みゆき、戸川安宣、村上知彦、木皿泉らの寄稿エッセイ、大友克洋のインタビューなど、内容も盛りだくさんで、しかも寄稿者が熱い!

さらに、今回の改訂版では、戦場を舞台にした描き下ろしの悲喜劇「ガラクタの世紀」や、単行本未収録の長編「元気なき戦い」が新たに収録され、「元気なき戦い」には原作者・峯正澄の解説があり、べつやくれいによるマンガと、木皿泉のエッセイも追加された。
新企画として、藤原先生の適当すぎる名言を集めた「藤原先生かく語りき」も追加されているので、ファンならば、旧版を持っていても、十分買う価値ありだろう。

いしいひさいちは、1951年9月2日生まれで、もう64歳だそうだ。

1970年に関西大学に進学し、在学中に関西ローカルのアルバイト情報誌「日刊アルバイト情報」にて4コマ漫画「oh!バイトくん」を描き始め、非常にローカルではあるが、鮮烈デビュー。
今は、発行元の編集プロダクション「チャンネルゼロ」の監査役でもあるそうだ。

どう鮮烈だったかというと、今から振り返ると、次のようなことだったと思う。

・起承転結の無視:起の後転転転で終わったり、起承結転だったり、もはや起結もないシュールな作品も多かった
・四コマ構成の破壊:4コマのスペースを均等に割らなかったり、3コマで終わったり、無理やり5コマにしたり、というのも初めてだったかも
・分かりやすさの否定:オチが分からず1か月後にハッと思いつくなんてケースもよくあった。やたら小さい文字で長いセリフも平気だった。
・タブーなし:エロや暴力は嫌いだが、4コマ漫画にはなかった題材を積極に取り入れ、ナベツネマンなど、パロディ対象も誰も恐れることがなかった。

当時、4コマ漫画というと、4コマでそれぞれ起承転結を描くべし、そして、新聞連載に代表されるように、誰が読んでもわかるものであるべきという常識があったのだが、いしいひさいちは、それをことごとく打ち破って出てきた。
そして、何より、常識を打ち破りながらも、そのマンガが無茶苦茶面白かったのだ。

それは、関西ローカルのデビューであったにもかかわらず、あまりの面白さに、インターネットもない時代に、すぐにも関東にも伝わっていたのは、ムック本の大友克弘のインタビューでも分かる。

そして、いしいひさいちをメジャーに押し上げたのが、「がんばれ!!タブチくん!!」で、映画化もされ、大ヒットしたが、そもそも、4コマ漫画を映画化しよう、なんて企画は、いしいひさいちが初めてだったのだ。

私も、「日刊アルバイト情報」を読んでいた、かなり初期からのファンで、最初の自費出版の「バイトくん」以外は、全部持っているはず。

ただ、いしいひさいちは、一切マスメディアには出ず、サイン会も一切やらない人だったので、一体どんな顔をして、どんな声でしゃべるのかさえ、全く分からないのがもどかしい面もあった(のちに、わずかながら知る機会はあったが)。

そして、1991年には、「となりのやまだ君」の題で朝日新聞の連載がスタート。古い4コマ漫画の形式を徹底的に否定してきたいしいひさいちが、新聞の4コマ漫画を連載するなんて。このときには、時代が変わったんだな、と感慨を覚えた記憶がある。

いしいひさいち氏が病気療養のため朝日新聞『ののちゃん』しばらく休載 | ORICON STYLE

その後、2009年には、病気療養で、新聞連載も含むあらゆる執筆活動を休止した。
プライベートを一切明かさない人なので、この時も病気療養という以外の情報は明かされず、ファンとしては大変心配したが、翌年には朝日新聞の連載が再開され、ホッとすると同時に、狂喜乱舞したのを覚えている。

ただ、病気療養後は、単発の仕事はあるものの、朝日新聞以外の連載はすべて終了し、マイペースで仕事を続けているようだ。年齢も年齢だしね。
そのため、あれだけ多作だったのに、最近は、本の出版も、基本は、連載の「ののちゃん」が毎年1冊出るだけになりつつある。
ワクワクしたアバンギャルドな実験作品も、もうあまり生まれないのかもしれない。

でも、こんなことを言うと、怒る人ももいるかもしれないが、私にとっては、いしいひさいちは、手塚治虫以上のレジェンドであり、どんなことがあっても、最後まで、作品を見届けるつもりだ。

関連記事:
「週刊少年サンデー」がコンビニで買えなくなったそうで:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

総特集いしいひさいち増補新版
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 5

本が好き!運営担当

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューを投稿していただきたいと思いコメントいたしました。
(無料会員制サイトです)

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

弊サイトにはその名の通り、本好きが多く投稿しており、交流することで今までにない本と出会えます。
ご自身のサイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。

ご不明点などございましたら以下メールアドレスまでご連絡ください。
waki_masayuki@flyingline.co.jp

どうぞよろしくお願いいたします。
by 本が好き!運営担当 (2017-01-18 22:22) 

naniwa48

本が好き!運営担当者様、ご連絡ありがとうございます。
お教えいただいたサイト、早速拝見しました。
自分のブログとどう書き分けたらいいのか、難しい面もありますが、まずは会員登録して、他の方の書き込みを拝見してみたいと思います。
それでは。

by naniwa48 (2017-01-19 00:43) 

本が好き!運営担当

naniwa48 様

ご返信いただき、また、ご登録いただける旨、誠にありがとうございます。
naniwa48様でしたら、本来でしたら審査の上、可能になる献本応募できる3級にすぐ昇級させていただきたく考えておりますので、アカウント名をお教えいただいても良いでしょうか?
(もし、ご登録がまだのようでしたら、以下URLからご登録くださいませ)

http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html

どうぞよろしくお願いいたします。

by 本が好き!運営担当 (2017-01-24 22:44) 

naniwa48

本が好き!運営担当者様、こんにちは。
アカウントはnaniwa48です。

by naniwa48 (2017-01-25 12:56) 

本が好き!運営担当

naniwa48様

ありがとうございます。
先ほど、本が好き!3級に昇級させていただきました。

ご利用方法は以下をご参照ください。
http://www.honzuki.jp/help/help/

今後とも本が好き!をどうぞよろしくお願いいたします。
by 本が好き!運営担当 (2017-01-25 21:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。