So-net無料ブログ作成

定額音楽配信の「Spotify」が日本進出 [ネット配信]

スポンサードリンク




open-graph-default.png

「Spotify」日本上陸 「無料聴き放題」で攻勢へ 「日本の音楽市場でリーダーシップを発揮したい」 - ITmedia ニュース

世界で4000万人の有料会員を抱える世界最大の定額制の音楽配信サービス「Spotify」が、11月から日本でもサービスを始めるそうだ。

約4000万曲を提供し、広告が表示される無料版の「Spotify Free」と、広告なしで月額980円(税込)の「Spotify Premium」という2種類のプランを用意する。「Spotify Premium」は、30日間は無料で試聴できる。

利用には、アプリ/Webサイトでメールアドレスを登録するか、Facebookアカウントとひも付ける必要があるそうだが、現時点では、招待コードをリクエストすることはできるが、登録はまだできないみたい。

Spotify Freeは、無料である代わりに、曲間に広告が表示されるプラン。
このプランでは、アーティスト別、アルバム別、プレイリスト別に楽曲を「シャッフルプレイ」のみでで再生できる。
さらに、タブレットとPCのみ、30日ごとに15時間オンデマンド再生も可能になるという。

日本では、定額音楽配信としては後発であり、どの程度有料サービスが人気を集めるかは疑問だが、無料の「Spotify Free」は他にあまり類似したサービスがないため、挟まれるCMがウザくないなら、人気が出そう。

車でSpotify - Spotify

提供される音楽は、スマートフォン、タブレット、PC、PlayStation3/4などでストリーミング再生でき、対応デバイスが幅広いのも「Spotify」の特徴だろう。
さらに、海外では「Spotify」対応のカーオーディオを搭載した車も出てきており、無料サービスもあるなら、日本の自動車メーカーやカーナビメーカーでも流行りそう。無料サービスならビットレートも低いので、通信速度も200kbpsで十分だから、激安SIMでも使い物になるだろう。

私が、もし使うとしたら、無料サービスをマイカー内で聴くことをメインに考える。
もし、「Spotify」に時折挿入されるCMが、ラジオ放送に頻繁に挿入されるCM、天気予報、交通情報、ショッピング番組などよりウザくないなら、ラジオを聞くより、「Spotify」を聴く方が運転していて快適かもしれないからだ。

その意味では、「Spotify」の日本進出って、長期的には、ラジオ業界(特にFM局)にも大打撃になるかもよ。

一方、「Spotify Premium」については、全然加入する気が起きないな。
Amazonプライムに加入すれば、月額325円で、Amazonプライムビデオと併せてAmazon Prime Musicも無料で利用できるので、そちらの方がコストパフォーマンスが高いなぁ、と思えるからだ。

関連記事:
radiko.jpがいよいよ「タイムフリー聴取機能」をスタート:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新時代ミュージックビジネス最終講義 リットーミュージック
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました