So-net無料ブログ作成
検索選択

「週刊Dモーニング」で、鉄仮面つき無料の試し読み [電子書籍]

スポンサードリンク




D_morning.jpg

『週刊Dモーニング』で無料の試し読み期間限定公開中!ただし鉄仮面つき | ガジェット通信

講談社の「週刊モーニング」の電子版「週刊Dモーニング」のサイトで、ちょっと変わったプロモーションが行われている。
現在無料で「会長 島耕作」と「クッキングパパ」の神回が試し読みできるのだが、その無料版が、なぜかキャラが鉄仮面をかぶっているバージョンなのだそうだ。

登場するキャラ全員が「鉄仮面」をかぶって、絵から全く表情が読み取れない特別バージョンとなっており、なんでこんなへんてこなことを考え付いたのか、全く分からない。

作者の方々の手間も大変だったろうに。

でも、それなりに話題になっているのだから、宣伝としては確実に効果があったのだろう。

韓国の反応:「日本のマンガ雑誌が始めた試みが画期的で凄すぎるwww」→「日本人の発想は天才的ですよ・・・ww」

実際、この突飛なプロモーション手法は、海外でも、「日本らしいへんてこりんさ」と、話題を呼んでいるようで、あちこちで取り上げられているようだ。

海外からは買えないと思うから、宣伝上は、あまり意味はないけど。

本棚 - 週刊Dモーニング

さらには、「Dモーニング鉄仮面増刊」のサイト、または、「週刊Dモーニング」アプリでは、さらに「インベスターZ」と「カバチ!!!」の鉄仮面版が無償で公開されており、さらに、会員登録すればさらに「鬼灯の冷徹」「宇宙兄弟」「グラゼニ~東京ドーム編~」「バトルスタディーズ」の鉄仮面版も読めるらしい。

ただし、いずれも期間限定で1月9日までとのことで、読むならお早めに。

ちなみに、1月9日までに有料会員登録(最初の1ヶ月無料)をすれば、鉄仮面がとれた普通の「神回」を読むことができるそうだ。

講談社、全漫画雑誌を紙と同時に電子化へ 「ヤングマガジン」など3誌からスタート - ITmedia ニュース

ところで、こうした電子版のマンガ誌って、採算取れているのかな?
ググってはみたが、独立した事業として採算について、報告しているニュースリリースはないようだ。
紙のマンガ誌が存在して、その上での電子版誌なので、電子版のみのマンガ誌よりは、採算は取れやすいはずだけどな。

関連記事:
「こち亀 無料連載公式アプリ」がリリースされた:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会長 島耕作 1-6巻セット [ 弘兼憲史 ]
価格:3576円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました