So-net無料ブログ作成
検索選択

三才ブックスから「ラジオ受信バイブル」発売! [ラジオ]

スポンサードリンク




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジオ受信バイブル [ ラジオライフ編集部 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)


三才ブックスから「ラジオ受信バイブル」というA5判のムック本が、1月28日に発売された。

定価は、税込1,296円だ。

国内の遠距離受信から、radikoの便利な利用法まで、古いBCLラジオの紹介から最新ラジオの活用術まで、一歩進んだ「ラジオの聴き方」を実験レポートも交えながらじっくり解説した本で、「月刊ラジオライフ」および「ラジオマニア」の記事から選りすぐり、最新情報を付け加えた、ラジオファンにはバイブルとなる1冊だそうだ。

目次内容は次の通り。

●カラー企画
・国産ラジオベストバイ
・タイムフリーも活用! radiko使いこなしテクニック

●第1章 実験編
・真昼のAM遠距離受信に挑戦!
・AMラジオはいったい何時から遠距離受信できるのか
・富士山で沖縄局を狙え!
・ワイドFMの電波はどこまで飛ぶのか?
・隣県のFMを聴いてみよう!
・スカイツリー送信になってホントに聞こえやすくなったのか?
・寝台特急コミュニティ局受信の旅
・車・電車・船で…旅するラジオ受信
・都内からTOKYO FM八丈島局を聴く

●第2章 機材編
・松下製RF-U77/90はソニーICF-EX5に匹敵するか?
・ソニー・SRF-VIBT使用レポート
・radikoに勝てる? 通勤ラジオの実力テスト!
・ICF-SW77に見る十和田製ラジオのすごさ
・手軽に設置できる中波受信用アンテナの威力
・AM遠距離受信に適したソニー製ラジオはどれだ!
オススメFMチューナーレポート
・古いBCLラジオを入手するには

●第3章 工作編
・ICF-EX5に周波数カウンターを付ける!
・受信環境の悪い室内でもクリア! ラジオ再送信装置の製作
・アナログラジオに近くなる! radiko用「AMサウンド・アダプター」
USBチューナー改造大実験
・「デジタルラジオ」を作ってみよう!

●第4章 知識編
・ラジオの“ネットワーク”を理解しよう!
・AMラジオ受信に役立つ3つのポイント
・AM中継局の大研究
・FM放送受信の心得
・夢のナンバー1べリカードゲット術
・予備送信機の試験電波を受信してみよう!
・radikoについて知っておきたい12のこと

今回は、AMの遠距離受信のノウハウに力が入っているな。
その一方で、ワイドFMやradikoタイムフリーの記事まで網羅。

その中では、radiko用「AMサウンド・アダプター」というのが妙に気になるな。
radikoをわざわざAMっぽく聞こえるようにするアダプタなんだろうか?

買うつもりはあるのだが、正直急ぎはしないので、月末で切れる楽天スーパーポイントが確定してから、楽天ブックスで発注するつもりだ。

関連記事:
三才ブックスから「ラジオマニア2016」発売!:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジオ受信バイブル [ ラジオライフ編集部 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました