So-net無料ブログ作成
検索選択

東京国立近代美術館が「日本アニメーション映画クラシックス」を公開 [ネット配信]

スポンサードリンク




l_yx_anime_01.jpg

100年前のアニメ無料公開 東京国立近代美術館、所蔵フィルムをデジタル化 - ITmedia NEWS

東京国立近代美術館フィルムセンターは、2月22日、国立情報学研究所(NII)と共同で、フィルムセンターが所蔵する古いアニメ作品を無料公開するWebサイト「日本アニメーション映画クラシックス」を構築して公開した。

今年は、日本初のアニメーション映画が誕生した1917年から100周年だそうで、それを記念して、日本アニメーション映画の誕生~草創期に光をあてる「日本アニメーション映画クラシックス」のサイトが公開されたとのこと。

こちらのサイトで、フィルムセンターが所蔵する、戦前に製作・上映されたクラシックアニメ64本がデジタル化され、無償公開されている。

その中には、現存する最も初期のアニメーション映画「なまくら刀」(1917年公開)を始め、1933年公開の「のらくろ二等兵 教練の巻」など「のらくろ」シリーズや、国家「君が代」を背景に日本神話を描く「君が代」なども含まれる。

また、アニメ作家の大藤信郎さん(1961-61没)に関する資料を集めた「大藤信郎記念館」も公開されており、作品など約140点の資料が閲覧できる。

なお、公開されている動画には、英語字幕も用意されており、日本国内のみならず、海外のアニメ研究者にとっても貴重な資料となりそうだ。

日本アニメーション映画クラシックス

動画を見たい方はこちらかどうぞ。

私もいくつか見てみたが、100年前には、すでに今のアニメーションの基礎はあったからこそ、今の日本のアニメの隆盛があることが分かるな。感心してしまった。

ちなみに、サイト内で、アンケートへの協力を求めているので、時間があれば協力してあげると、よりいいサイトになっていくと思います。

関連記事:
AbemaTVの年末年始特番も結構凄い!:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アニメーションの事典 [ 横田正夫 ]
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界アニメーション歴史事典 [ スティーヴン・キャヴァリア ]
価格:9180円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました