So-net無料ブログ作成

「R-1ぐらんぷり2017」優勝は「アキラ100%」 [お笑い]

スポンサードリンク




見えたらゴメン・アキラ100%優勝「R-1ぐらんぷり2017」をじっくり振り返る - エキレビ!(1/3)

「R-1ぐらんぷり2017」の決勝を、録画でようやく見られた。

伊集院光が、ラジオで決勝の前日に、「アキラ100%」を取り上げ、「大失敗して二度とテレビに出られなくなるか、受けるかのどっちか」と言っていたので、気になってはいたのだが、テレビを見られない状況で、ネットで「アキラ100%」の優勝を知り、翌日のラジオでも「何がすごいのか?」を的確に解説してくれていたので、録画を見るのを楽しみにしていた。


「アキラ100%」の得意芸は、全裸で、いろんなパターンでお盆を股間に当てたまま踊って叫ぶというものだ。R-1ぐらんぷりは、昨年の「ハリウッドザコシショウ」をはじめ、結構、優勝者に裸芸が多い。

だからてっきり、そのパターンかと思いきや、伊集院の言うように、思ったより「芸」があり、「ハリウッドザコシショウ」なんかより、ずっと面白いと思った。

当たり前だが、生放送で、失敗して股間が映ってしまえば、二度とテレビに出られなくなるのは確実。
観客は緊張しながら見ている中、ファンで風を当ててお盆から手を離したり、見えないように円盤投げをしたりと、観客はスリルを味わいながら「見えない」という芸を見事に成功し、予選を通過。
決勝も、その勢いを活かし、今度はいろいろな小道具を使って少しパターンを変えて、股間を隠しきり、客観的に見れば完全な「お下劣ネタ」なのに、ちょっと感心してしまったほど。

大差での優勝だったが、最後は、「優勝賞金500万円」のパネルで股間を隠すというネタで、エンディングまで落ち着いたもの。

ふと思ったのは、この笑いは言葉の説明が要らないし、誰もができるわけではない芸として成立しているから、「YouTubeで流れれば、海外でもウケるよな」ということ。

そういう意味で、「アキラ100%」は、直ちに世界にも通用する、実に今らしい芸風なのかもしれない。

ただ、こうした番組で優勝すると、確実にいろんな番組に呼ばれて、生で芸をやらされるのだが、そこでポロリをやらないか非常に心配(前張はしているのかもしれないが)。
そこで失敗して、優勝したのにテレビに出られなくならないことを、祈りたい。

さて、それ以外では、今年のR-1の特徴として、女性芸人が多かったことと、準決勝敗退者から3人も決勝に敗者復活で出場する制度に変わったこと。

決勝を戦った12人中、敗者復活も含め5人が女性というのは、かつてない多さ。

ただ、横澤夏子もブルゾンちえみも、実力を出せずに終わった感が強いし、敗者復活の紺野ぶるまに至っては、ゴールデンタイムに配慮したのか「チ〇コなぞかけ」などの下ネタを封印。
結果的に、下ネタバリバリの「アキラ100%」が優勝したのだから、皮肉なものだ。

個人的には、「マツモトクラブ」が作りこんだネタをしていたのが印象的で、彼のネタをまじめに見たことがなかったので、ちょっと感心してしまった。

例年、優勝者以外に、優勝者以上に売れる芸人が出ることも多いが、今年は優勝した「アキラ100%」が素直に売れそうだな。

この芸は、ライブの方が受けるだろうから、テレビでの人気が陰っても、営業で地道にやれるんじゃないだろうか。
伊集院が、ねずっちや、いっこく堂と対比して、「アキラ100%」の芸を語っていたのが、ピンと来ていなかったのだが、実際の芸を見てみれば、よくわかった気がする。

関連記事:
「R-1ぐらんぷり2016」王者「ザコシショウ」って誰!?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012 [ ほっしゃん。 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/3/4時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました