So-net無料ブログ作成
検索選択

「かまやつひろし」さんの訃報 [音楽]

スポンサードリンク




ムッシュかまやつさん死去、78歳 スパイダース元メンバー 「我が良き友よ」(1/2ページ) - 産経ニュース

記事を書くのが遅くなってしまったが、元々、ザ・スパイダースのメンバーで、ギタリストとしてデビューした「ムッシュかまやつ」こと、かまやつひろしさんが、3月1日に亡くなったそうだ。

享年78歳だったという。

歌手の森山良子さんとは、いとこ同士なのは有名だが、結構知らない人も多いみたい。


ザ・スパイダース時代では、かまやつさんの曲というと「バン・バン・バン」が有名。
ナンセンスな歌詞を、ノリのいいロックンロールのリズムに乗せた傑作だが、伊集院の言う「アレコード」的な雰囲気もある。
今改めて聞くと、甲本ヒロトなんかも、この曲の自由さに、随分影響受けているんじゃないだろうか。

・・・と思ってググったら、実際、交流もあり、 ヒロトは、THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつの「なればいい」という曲にもブルースハープで参加したこともあるみたい。

【対談】THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ「やりたいことはいつでもできる。好きなんだから。一番大事なのは、やり続けるってこと」 | THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ | BARKS音楽ニュース

しかも、上のTHE BOHEMIANSとの対談では、かまやつさんが、何十歳も年下の甲本ヒロトのことを「ヒロトさん」と敬称で呼んでいて、尊敬の念を語っている。
なんて人だ!」目頭が熱くなるな。


ソロになってからも、「我が良き友よ」が大ヒット。ただ、このフォーク調の曲は、永遠のロック少年であるかまやつさんのやりたいことではなく、かなり不満はあったみたい。

個人的に衝撃だったのだが、アニメ「はじめ人間ギャートルズ」で流れいた「やつらの足音のバラード」って曲、大好きだったのだが、これ、かまやつひろしさんの曲だったらしい。
伊集院光がラジオでしゃべっていて初めて知った。


とってもいい曲なので、ぜひ聴いてほしい。

ただ、この曲も、作曲は本人だが、作詞は園山俊二さん。
「我が良き友よ」も、作詞作曲は吉田拓郎だ。
作詞したとしても、「バン・バン・バン」みたいなナンセンスなものが多い。

自分の想いを歌詞に乗せて歌うタイプのミュージシャンではなく、ご本人は、ひたすらブルースとロックンロールが好きなギターキッズだったのだと思う。

テレビ番組に出ると、いつもにこにこで、何が起きても面白がって受け入れる雰囲気があり、誰からも好かれる存在であった。

そして、これも全然知らなかったが、昨年5月に肝臓がんが見つかり、8月には緊急入院。その後は療養を続けていたそうだ。
原因は、やっぱり酒の飲み過ぎかなぁ。

12月には、盟友、堺正章さんの70歳記念コンサートにゲスト出演し、歌を披露したのが、ファンが姿を見た最後だったらしい。

思い出とともに、ご冥福をお祈りしたい。

関連記事:
永六輔さんの追悼番組:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。