So-net無料ブログ作成
検索選択

日本のお笑いはつまらないのか? [お笑い]

スポンサードリンク




日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

最近、脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして、話題になっているそうだ。

米国の笑いについて「トランプやバノンは無茶苦茶だが、Saturday Night Liveを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる」と書く一方、日本のお笑い芸人については「上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」と批判し、それが反響を呼んでいるらしい。

茂木健一郎氏は、MENSAの会員だと聞いていたので、たとえ彼の発言がネットニュースで流れても、「頭が良すぎる上の、先を読み過ぎた理解されない発言」なんだろうな、ぐらいに思っていたのだが、今回の発言内容を追っていて、理解に苦しむ部分があり過ぎて、茂木氏に対する考えが変わった。

まず、彼の言う「国際水準」というのが、どう見ても米国、あるいは、広げても、欧米での水準、というか傾向でしかないこと。

米国で毎日夜に放映されているいわゆるトークショーでは、政治や経済、国際情勢が盛り込まれて、権力をネタに毒の笑いが多いのに対し、日本では権力に対し骨抜きであることが「終わっている」と見えるらしい。

しかし、私は本質的な問題は違うところにあると思う。

日本で、「政治や経済、国際情勢が盛り込まれて、権力をネタに毒の笑い」がないかというと、そんなことはない。
「ザ・ニュースペーパー」は一貫してやっているし、「爆笑問題」だってもっとやりたがっている。
実際、「爆笑問題」は、ライブなどでは、そうしたネタをバンバンやっている。
ハードコアなところでは、居島一平なんてのもいるし、田村淳、笑い飯・哲夫、笑福亭鶴瓶だって、政治的発言はよくやる。
なにより、関西芸人は、テレビでも平気で政治ネタで笑いを取ってトークするのは、日常のことであったりもする。

だが、そういうネタをやっていることを茂木健一郎氏が知らないのは、東京のマスメディアではほとんど取り上げられない実情があるからだ。
というより、そうした権力者を批判するネタは、権力者の目に付きにくい関西のメディア、ネットメディア、ライブなどに追いやられてしまっていると言える。

NHKがお笑い番組で政治ネタを却下。爆笑問題が明かすNHKの圧力 - 麦は踏まれて強くなる

ナイツ 政治ネタの漫才が「機内チャンネル」で丸々カットされたとを告白 - ライブドアニュース

そうした笑いを拒絶し、権力者にビビって流さないのは、テレビなどのマスメディアの側であり、ことの本質は「マスメディアが終わっている」のである。
それをお笑い芸人の責任になすりつけるのは、どう考えても筋違い。
頭のいい茂木氏にしては、かなり本質を取り違えているように思うな。

なお、私自身の考えで言えば、お笑いについて「反権力の方が高等」という発想はない。
個人的には、カチっと構成されたドラマのようなコントも好きだし、シュールで非現実的なお笑いも好き。
「反権力」は、お笑いの一つの要素ぐらいにしか思っていない。

それは、映画を評価するのに、「反権力の方が高等」と評価し、それ以外のジャンルの作品を下に見たりしないと同じだ。
「映画とお笑いは別」というなら、おそらくその人は、お笑いを映画より下のサブカルチャーとしてしか見ていないのだと思う。
私は、様々なジャンルの笑いがあってお笑いも発展するのだと思っているので、私的には、そうした幅広い笑いをできるだけ維持することを望むのみだ。

それと、政治批判についてはひとまず置くとしても、日本のお笑いが国際水準に劣るというのも、違うと思う。
そもそも、「笑い」は、国民性や、言語の壁が厚く、映画でさえも、なかなかコメディが全世界では通用しなかったりする。

【海外の反応】「ダウンタウンは 日本で一番おもしろい芸人!」ガキの使いの〈早食いショー〉がクレイジーすぎて 外国人 笑い泣きwwwww : 【海外の反応】あうとばーん

海外「笑い死ぬかと思ったw」バラエティ番組『探偵ナイトスクープ』の依頼『ゾンビを待つ三兄妹』に外国人爆笑w | エンタメディア ~海外の反応~

PPAPのピコ太郎、何が世界のハートをつかんだの? 外国人記者に聞いた

そんな中でも、ネット動画で勝手に広まって評判を呼んでいる「ガキ使」「探偵!ナイトスクープ」「ピコ太郎」などがあったり、

海外「プラスサイズのカリスマ」行き過ぎたビヨンセこと、渡辺直美が海外で大人気 : かっとびジャパン - 海外の反応 -

陣内智則が絶賛されたラスベガス公演の舞台裏を語る「ちゃんと見てくれてる」 - ライブドアニュース

腹話術師のいっこく堂さんが、ベガスで米初舞台 アメリカ/ラスベガス特派員ブログ | 地球の歩き方

COWCOWのあたりまえ体操が海外で大ブレイク!

完全に戦略を練って海外進出を狙う「渡辺直美」「陣内智則」「いっこく堂」「COWCOW」などもいて、日本のお笑いでも、どういうお笑いであれば輸出できるのかが、だんだん分かってきつつある状況だと思う。

私は、むしろ日本のお笑いはこれからが楽しみだと思っているけどな。

関連記事:
「R-1ぐらんぷり2017」優勝は「アキラ100%」:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陣内智則ワールドツアーin韓国 NETAJIN [ 陣内智則 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2017/3/11時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。