So-net無料ブログ作成
検索選択

「インターネット白書」2016年版無料公開 [電子書籍]

スポンサードリンク





ネット年鑑「インターネット白書」2016年版無料公開 トータル20年分、全文検索もOK - ITmedia NEWS

少し前の話だが、インプレスR&Dなどが参加するインターネット白書編集委員会が、毎年発行している日本のインターネットの動向を記録した年鑑「インターネット白書」の2017年版が発行されると同時に、2016年版のPDFデータが「インターネット白書ARCHIVES」で、新たに無料公開された。

インターネット白書ARCHIVES

ダウンロードはこちらからどうぞ。

「インターネット白書」バックナンバーを無料公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

「インターネット白書」は、ネットの技術や市場動向、社会との関係などをまとめた年鑑で、最新版を除いて、過去の版をWebで無料公開する取り組みを2014年から始めていて、現在、1996年の創刊号から全20年分をすべて閲覧できる。

2016年版では、定額コンテンツ配信や国内のシェアリングエコノミー事業者の動き、個人情報保護法改正の論点などをまとめたほか、20年記念特別版ということで、20年分のネットの動きを一覧する「インターネット20年年表」などの付録や、20年を俯瞰で見る特集記事も充実しており、読み物としてもダウンロードする価値は高い。

無償公開されている2016年以前の白書は、文書形式はPDFなので、パソコンだけでなく、PDFリーダーが使える端末なら普通に読めるだろう。
ただ、PDFは章ごとに分割してアップロードされているので、全体を把握しながら読むのは、ちょっと面倒くさいかも。

インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場 | 電子書籍とプリントオンデマンド(POD) | NextPublishing(ネクストパブリッシング)

ちなみに、新しい2017年版の白書も同時に発売され、電子版は税別1,800円、オンデマンド出版による印刷版が税別2,800円で買える。
定点観測的なデータが掲載されるほか、特集記事として、「IoTが生み出す新たなリアル市場」と題し、2017年を読み解く10大キーワードは「IoT」「LPWA」「ブロックチェーン」「ゼロレーティング」「VR」「AI」「官民データ活用」「災害とインターネット」「サイバーセキュリティ」「インターネットガバナンス」といった最近話題のテーマについて読み解く。

多分、一年後には、PDFで公開されるんだろうけど、ウチの会社の図書室でも毎年買っているな。

それなりに参考になるから。

関連記事:
「インターネット白書」バックナンバーを無料公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インターネット白書(2017) [ インターネット白書編集委員会 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました