So-net無料ブログ作成

Jリーグ難民のスカパー!→DAZN移動現象 [ネット配信]

スポンサードリンク




最近、中国製のテレビに繋ぐAndroid端末に関する掲示板などを覗いていて、やたらDAZNアプリが動作する、しないが話題になっているのを目にするようになった。

dazn-for-docomo.jpg

Jリーグ“観戦難民”発生か? ネット企業に放映権移行でどうなる スカパー!に余波も…… (1/6) - ITmedia NEWS

何故かと思っていたら、これが原因か。

これまで10年に渡り衛星放送のスカパー!が、サッカー・Jリーグの全試合を独占放送してきたのだが、今年は、英国の国際スポーツメディア企業、パフォーム・グループがJリーグと巨額の放映権契約を結び、今季はネット動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」のみが配信できることになったのだ。

DAZNとNTTドコモが新サービスを発表…ドコモ利用者は月額980円で国内外のスポーツ映像が見放題に - Goal.com

しかも、その料金はというと、ドコモ利用者であれば月額980円(税抜)で、動画・映像配信サービス「dTV」とセットで契約すると、さらに月額料金が200円割引となり、月額1,280円(税抜)で両サービスを利用することができるという。
ドコモ利用者以外でも、月額1,750円(税抜)。

しかも、この料金で、Jリーグだけでなく、サッカーならブンデスリーガ、セリエAなども見られ、MLB、NFLも見られて、さらに、バレーボール、モータースポーツなど国内外130以上、年間6,000種類以上のスポーツの試合映像が見られ、スマートフォンやタブレット、パソコン、テレビなど、さまざまなデバイスで視聴可能なことができるという。
また、ライブ視聴だけでなく、見逃した試合の視聴も可能なのだから、日本しかビジネスの対象としていないスカパー!には勝ち目はない価格設定だな。

“Why J-League?” 外国人Jリーグファンに聞いてみた/イギリス出身・スチュアートさん(横浜F・マリノス) | DEAR Magazine

「DAZN」がスカパーより何倍もの高い金額で契約しながら、日本向けにはスカパーより安い金額で配信できるのは、YouTubeなどで動画を見てJリーグのファンになった外国人も増えていて、そうした全世界での需要も取り込めばペイすると判断したのだと思う。

これって、非常に重要なことで、もし「DAZN」内で、全世界でのJリーグの試合のビュー数が伸びれば、次年度の契約料にも影響を与え、Jリーグはさらに潤うはず。
全世界で見られていると思えば、ますます選手も張り切るだろうし、今よりもっと頻繁にいい選手が目を付けられ、海外に移籍することも増え、やりがいも増えるはず。

一方、スカパー!の契約数は、この影響を受けて、昨年末時点で334万件と、同9月末からの3カ月間で約3%も減少したという。
そりゃ、そうだろうなと思う。もはやこうしたコンテンツ配信は、全世界レベルでビジネスをする配信会社には勝てないのは明白だろうな。

DAZNをテレビで視聴する方法!サッカーを観るにはどのデバイスが必要?

ただ、「DAZN」を見るには、そのアプリが動作する端末が必要で、現時点で、次の端末がサポートされている。

・iPhone/iPad
・Androidスマートフォン/タブレット
・iPadやLenovo(レノボ)などのタブレット端末
・パナソニックやソニーなどのスマートテレビ
・Amazon Fire TV/Fire TV Stick
・「Google Chrome」「Firefox」「Internet Explorer」搭載のパソコン
・PlayStation 3・4やXboxなどのゲーム機(予定)
・Apple TV(予定)
・Chromecast(予定)

スマホにアプリをインストールしてみるのが一番手軽だが、スポーツだから、やはり大画面テレビで見たい。
ということで、パナソニックやソニーなどのスマートテレビを持っていない人は、外付けのネット端末を買い足して、それで見るのが次善の策となる。

そこで、最初の話題に戻り、「DAZN」アプリが動作する安いネット端末を求めて、右往左往している人がいるようだ。

ただ、正直なところ、Nexus PlayerなどのAndroid TV端末は、1万円前後するものが多く、「DAZN」だけを見るだけのために買うにはちょっと割高。ゲーム機や、Apple TVは、現時点で未対応。

そこで、5,000円以下で買える中華Androidボックスが使えないかと、試す人も多いようだ。
ただ、結果的に言うと、動作しない端末が多く、買うのは非常にリスキー。

なので、特にこだわりがなければ、「DAZN」が見たいだけなら、現時点ではAmazonの新型「Fire TV Stick」で決まりだと思う。
「DAZN」アプリを公式サポートする端末では一番安く、5,000円を切る価格で買えるからだ。

さらに、もし、Amazonプライム会員に加入していれば、プライムビデオも見放題だし、無料で見放題のAbemaTVもフル画面で見られるので、これ一択と言っていい。

ただ、Apple TVや、ゲーム機としてPlayStation 3・4やXboxを既に持っている人間は、対応アプリが発表されれば、何も買い足さず「DAZN」が見られるようになるはずなので、それが待てる人は、それでもいいかもしれない。

ただ、Jリーグはもう開幕しちゃったし、待てない人がほとんどだろうな。

DAZN、Jリーグ視聴不具合の原因と対策を発表…2週間の無料期間を設定 - Goal.com

ちなみに、「DAZN」でも、最初、配信が失敗する現状が頻発していたようだが、最近は落ち着いてきたみたい。
ただ、画質的には、スカパー!HDには及ばないという意見が多い。家のネット環境にもよるとは思うが。
1か月の無料期間も設けられているようだし、利用できる端末を持っていて、興味があるなら、試しに利用してみればいいと思う。

関連記事:
Amazonプライムビデオの感想:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属
価格:6333円(税込、送料別) (2017/3/16時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

関東のラジオ聴き

なんだかんだ混乱していますよね。2次放送権を使ってスカパーの放送を維持できないかと話し合いがもたれたようですが、折り合いつかずDAZNメインのJリーグになるわけです。
NHKはBS1と総合テレビの全国放送枠を現状維持にとどめることができたようですが、TBSはBSとCSの放送枠をほぼ失ったようで、地上波の放送枠がどうなるかはわかりません。ラジオで補填できないものかななんて考えているのは私だけでしょうか? AMラジオはずっとニッポン放送系の独壇場のように見られていますが、TBS系にもかなり前に放送権が開放されています。そのチャンスを今こそいかすべきと思いますが。
by 関東のラジオ聴き (2017-03-25 00:33) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
DAZNは、スカパーの3倍以上の契約金を払ったそうですから、スカパーと折り合う訳ないですね。
私は、阪神戦は、radikoプレミアムを活用させていらっていますが、サッカーは、やっぱり映像がないと・・・と思ってしまいます。
by naniwa48 (2017-03-25 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました