So-net無料ブログ作成

洋楽はAmazon.comでCDのまとめ買いがお得 [音楽]

スポンサードリンク




CDの売り上げが落ち、音楽配信での楽曲購入や、聴き放題サービスが伸びている現状で、私自身は、いまだにCDを買うことが多い。
もちろん、音楽配信でしかリリースされていない楽曲は、配信で購入するしかないし、CDが発売されていても、邦楽は配信の方が安いケースが多いので、やっぱり配信で購入してしまう。

ところが、私は邦楽より洋楽の方が聴く割合が多いのだが、洋楽に関しては、必ずしも邦楽と状況は同じではない。

音源配信の場合は、例えば、日本から米国のAmazon.comでは購入ができない。Amazonとしては、日本のAmazon.co.jpから購入して欲しいから、これは当然ではある。
国内の音源配信は、どこも価格は横並びなので、どこで買っても基本的に値段はほとんど変わらない。消費税の扱いや、ポイント制度で多少違ってくる程度だ。

ところが、CDに関しては、まったく事情が違う。

まず、洋楽の場合、日本では発売されないCDも多いが、米国では手に入るCDが非常に多いのだ。

それに、日本では、CDは再販制度に守られ、基本、どこで買っても同じ値段だが、米国では再販制度がないため、お店が自由に価格を付けられる。
そして、CDであれば、日本までの送料は掛かるが、自由にAmazon.comなどの外国のショッピングサイトで、日本からも購入ができるのだ。

Amazon.com: CDs & Vinyl

実際、Amazon.comで買いたい洋楽CDを検索すると、まず、Amazon.com自体が販売する洋楽CDの価格は、確実に、日本版より安い。特に、新版の売れ筋は、Amazon.comが一番安いことが多く、日本の輸入盤ショップではほとんど太刀打ちできない。

さらには、マーケットプレイスで、たくさんの新品・中古CDショップがあり、そうしたお店が、Amazon.comより格段に安い価格で、同じCDを販売しているケースが多い。
特に、少し前で売れなくなったCDや、元々売れていないCDなんかは、激安になっていて、5ドル程度で買えることも多い。

もちろん、Amazon.co.jpでCDを買えば、基本送料無料だが、Amazon.comから買う場合、日本への送料は無料ではないので、1枚だけ買ったのでは却って損をすることもあるので、まとめ買いをすることになる。
この際、バラバラのお店でCDを買うと、お店毎に送料がかかってしまうので、商品の値段と、それに掛かる送料を睨みながら、なるべく一つのお店でたくさんのCDをまとめ買いする方がお得だ。

ちょっとこの辺が面倒ではあるのだが、日本で買うと2,000円以上するCDが、500円で買えるなら、1枚だけ買っても送料込みでAmazon.comの方が安いので、そういうCDが1枚見つけられれば、それに追加してCDを買うなら、間違いなく日本で買うよりお得になる。
慣れないうちはそういう形でまとめ買いするのがいいと思う。

もう一つのAmazon.comでCDをよく買う理由は、日本で発売されていないCDの入手だ。

特に、昔日本でも人気があったが、最近は全く取り上げられないミュージシャンなどを、Amazon.comで検索すると、今でも活動していて、最近のCDも買えることが多い。こうしたCDもよく買う。

このため、1年に一度以上は、Amazon.comでまとめ買いすることにしている。
大抵は、年末年始の休みの時期が時間に余裕があるので、この時期にまとめ買いをすることが多い。

ということで、洋楽CDを買うなら、音源配信より、Amazon.comでまとめ買いがお得!というお話でした。

なお、洋楽DVDも似たような状況にはあるのだが、DVDの場合は、リージョンコードというものがあり、米国で買ったDVDは、通常の日本で買えるDVDプレーヤーでは再生できないため、誰にでもお勧めすることはできない。
そこを、ご自分で解決できるのであれば、DVDもAmazon.comでまとめて買った方が格段に安いことが多く、お得だ。

関連記事:



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました