So-net無料ブログ作成

デアゴスティーニ「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」 [音楽]

スポンサードリンク




マニアックなテーマの分冊百科と呼ばれる出版形態で有名なデアゴスティーニに、久々にびっくりさせられた。

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円 - ITmedia LifeStyle

デアゴスティーニ・ジャパンが、隔週刊「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」を8月29日から全国の書店および同社サイトで発売するそうだ。

ザ・ビートルズがこれまでリリースしてきたアルバム全23作品のLPレコードが、コンプリートできる分冊百科だそうだ。

これまで、こうした分冊百科で毎号CDやDVDが付いてくるのは、非常に多いが、LPレコードが付いてくるというのは初めての試みだろう。

人気復活のアナログレコード、市場規模は1千億円到達へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

最近アナログレコードが復活しつつあるとは聞いていたが、こういう商品企画が成立する程、復活しているとは思わなかったな。

また、こうした商品企画の端緒として、まずビートルズを選択するというのは、無難なところ。
アナログレコードの良さの一つとして、ジャケットアートが挙げられるが、オリジナルジャケットを再現するようで、それだけでも嬉しい人たち(主にお年寄りだが)は多いだろう。

ts_beatles01.jpg

ただ、公式ページの写真を見ると、ジャケットに余計なプリントが追加されている気も。こういうのは誰も喜ばないので、やめて欲しかったな。やるなら、帯でやればいいのに(それもと、シールなのか?)。

隔週火曜日発売で、全23号。サイズはA3変型(LPサイズ)。

価格は2,980円~3,990円で、創刊号のみ1,990円(税込)というから、あまり安くないなぁと思うのは、廉価版のCDに慣れ過ぎているせいか。
ただ、よく読むと、ビートルズの音源を忠実に再現したレコードが毎号1~3枚付属するとあり、3枚組が3,990円なのだとしたら、レコードの生産設備が限られることを考えれば、まあ普通だろう。
また、創刊号からして1,990円とさほど激安でないところを見ると、こうした分冊百科としては、原価率がかなり高めなのかもしれないな。

1963年から1970年にかけてリリースされたアップルレコード盤のオリジナルアルバムをはじめ、「ザ・ビートルズ1962年ー1966年(赤盤)」や「ザ・ビートルズ1967年ー1970年(青盤)」、アウトテイクやライブ音源、別テイクを含む「アンソロジー1、2、3」、そしてマスターテープやデモ・テープを使用してリミックスを施した実験的アルバム「ラヴ」まで、オフィシャル・ライセンサーの監修のもと180gの重量版レコードでプレスするそうだ。

オリジナルアルバムだけでなく、ベスト盤や、解散後に発表された未発表曲を含むアルバムなども含んでおり、「アンソロジー1、2、3」や「ラヴ」に関しては、CDは出ていたが、少なくとも日本でアナログレコードが出るのは初めてかも。

隔週刊 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション | シリーズトップ

上記の公式サイトから定期購読を申し込むとザ・ビートルズのロゴ入り専用バインダーとオリジナルターンテーブルマット(スリップマット)がついてくる。
また全23号購読で、気に入ったレコードジャケットを手軽に飾ることができるディスプレイスタンドがプレゼントされるそうだ。

SL-10の設置と接続:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私は、一応、今でもレコードプレーヤーを持っているものの、レコードを置く場所がないので買わないが、興味ある方はどうぞ。

また、これがヒットすれば、他のアーティストのシリーズも発売されるかもね。

個人的には、ジャケットのアートワークにテーマを絞り、ベストアートワークコレクションみたいな形で、ミュージシャンの枠を超えてシリーズを組んでくれないかな。

それなら、私、頑張って買うと思う。

関連記事:
デアゴスティーニが「週刊 マイ3Dプリンター」を創刊:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。