So-net無料ブログ作成

「広辞苑」が10年ぶりの新版 [本]

スポンサードリンク




miya_171025kojiennana02.jpg

『広辞苑』10年ぶり新版 「ツイート」「ビットコイン」など1万語追加 「炎上」には「ネット炎上」の意味も - ITmedia NEWS

「広辞苑」が10年ぶりの改訂版発売 新たに1万語収録で「ブラック企業」など追加 「オタク」などの解説変化も - ねとらぼ

岩波書店が、国語辞典「広辞苑」の10年ぶりの改訂新版「第7版」を、2018年1月12日に発売するそうで、「広辞苑」というと最も権威ある国語辞典であるだけに、新たに追加された言葉に関して、あちこちで話題を呼んでいる。

IT関連後も多く取り入れられ、「ツイート」「ビットコイン」「クラウド」「アプリ」「スマホ」「ブロガー」「メアド」「自撮り」「ディープラーニング」「(スティーヴ・)ジョブズ」「フリック」「仮想通貨」「ブルーレイ」といった言葉が新たに加わった。

さらには、IT関連で新たな意味や、意味が変わった用語についても、説明が追加されており、「炎上」の項目には、「火が燃え上がること」に加え、「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という説明が追加されたり、「リセット」の項目にも「再び始動の状態に戻すこと」に加え、「新たに始めるために、もとの状態に戻すこと」という説明が加えられたりしているそうだ。

もちろん、IT関連だけでなく、新たな科学関連の用語も増えており、「はやぶさ」「ニホニウム」「ネオジム磁石」「iPS細胞」なども加わったが、

社会を反映した「ブラック企業」「安全神話」「東日本大震災」「モラルハラスメント」や、会話言葉が定着した「ごち」「のりのり」「惚れ直す」や、文化を反映した「コスプレ」なども加わったという。

『広辞苑 第七版』 - 岩波書店

詳しくは、公式サイトも立ち上がっているので、そちらでどうぞ。

結果、約1万項目が追加されたそうで、第6版より140ページ増えたが、より薄くて裏写りせず、“ぬめり感”のある専用の用紙を開発することで、従来と同じ厚さに抑えたそうだ。

ちなみに、候補となったものの収録を見送られた言葉には「ディスる」「つんでれ」「告る」「きしょい」 などがあったらしい。確かに、そのあたりは、定着したと見て辞書に乗せるかどうかを迷うボーダーラインの言葉に見えるな。

価格は、普通版が9,000円(税別、発売から6月30日までは特別価格8,500円)、2分冊の机上版が14,000円(同13,000円)。

発売から6月30日までは、少し安い特別価格で購入でき、さらに、予約購入すると、特典として、小説「舟を編む」の作者・三浦しをんが「広辞苑 第七版」製作の現場を訪ね歩いたルポエッセイ「広辞苑をつくるひと」(文庫判)が貰えるそうだ。

残念なのは、現時点で電子書籍版の発売や価格が未定であること。
「広辞苑」というコンテンツ自体は、これまでも電子辞書の定番となっているぐらいなので、岩波書店が電子化に消極的だということではないとは思う。

こうした辞書こそ、電子書籍で読む意味が大きいと思うので、早急にリリースして欲しいな。

関連記事:
Androidベースの電子辞書がSIIから登場:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。