So-net無料ブログ作成

玖保キリコの電子書籍・最新刊 [電子書籍]

スポンサードリンク




「シニカルヒステリーアワー」や「バケツでごはん」などで有名なマンガ家・玖保キリコは、英国人と結婚後、英国に移り住み、めったに日本には帰らないようだ。

移住後も、玖保キリコがイラストを担当した「動物占い」が大ヒットしたこともあり、絵を見たら、見覚えがある人は多いと思う。

ただ、最近は書店に新刊が並ぶこともなくなったため、あまり話題にも上らなくなったのも事実。

地味にではあるが、子育てをしながら作家活動はされているのだが、新刊が電子書籍のみの発売になっているので、出たことに気づきにくいのだと思う。

ということで、最近気づいた玖保キリコの新しい電子書籍をご紹介。


まずは、2017年4月に発売された「英語道 1」という電子書籍で、白泉社から出ていて、Kindle版が540円。
それ以外のほとんどの電子書籍ストアでも販売されている。

内容としては、ロンドン在住18年の玖保キリコが、未だ馴染めぬ英会話への悪戦苦闘を分かりやすく、そして面白くエッセイコミックの形で綴ったもの、ということだ。


もう一つが、2017年4月に発売された「ロンドにゃあ【完全版】 (デジタルコミックコレクション) 」という電子書籍で、 小学館から出ており、Kindle版はこちらも540円(他の電子書籍サイトも同様)。

日本から引っ越したロンドンを舞台に、少女・郁美が、「猫になりたーい」とつぶやいたら、本当にネコになってしまうというドタバタのファンタジーマンガ。

キリコの新ざくざく雑記

キリコのざくざく雑記(旧サイト)

「英語道」方は、現在も連載中だそうで、新しい回が掲載されると、上記の公式ブログで紹介されるので、興味ある方はチェックしましょう。

私自身は、今回は、期限付きポイントを消化するためもあり楽天Koboで、2冊とも購入。

私には、エッセイマンガの「英語道 1」の方が面白い。タイトルだけ見て、英語の勉強の仕方を指南する本なのかなと思ったが、実際は、英語が話せない作者が、離せないなりにロンドンでどうやって乗り切ってきたか?を描く、ドタバタ体験記みたいな感じだ。

関連記事:
玖保キリコの新作を久々に読む:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。