So-net無料ブログ作成

TBSドラマ「アンナチュラル」の最終回に向けて [テレビ]

スポンサードリンク




mig.jpg

TBSドラマ「アンナチュラル」は、途中何度か、平昌オリンピックの中継という強力裏番組にもさらされ、視聴率が悪かった回もあったらしいのだが、内容的にはずっと高いクオリティを保ったまま、最終回まであと2回を残すだけとなった。

TBSのドラマ「アンナチュラル」がやけに面白い:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

第6話「友達じゃない」:東海林が朝起きると、横に寝ていた男が死んでいたというベタな設定から始まり、殺人の疑いが掛けられ、それを晴らす展開となってからは、想像を超える展開に。ヤリサー事件と、自白強要、仮想通貨ビジネスが絡む盛りだくさんの展開だったが、実は、女の友情ももう一つのテーマだった。

第7話「殺人遊戯」:「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信しており、ヒントを元にミコトが死因を謎解きをする展開。コナンみたいな本格推理っぽい話と思わせて、真のテーマは「イジメにどう向き合うのか?」だった。その意味で、最後に自殺を止めた中堂のセリフが秀逸。エンディングでは、中堂からミコトへの協力要請があり、いよいよ話が末に向けて動き出す。

第8話「遥かなる我が家」:雑居ビル火災での亡くなった町田さんとその親との物語と、奥さんを失ったゴミ屋敷のヤシキさんの逸話を並行して描くことで、家を出てUDIラボで働く六郎と、六郎の父の物語を、浮かび上がらせる手法は見事。町田さんにとってあのビルこそが帰る場所だったように、六郎にとってUDIラボは自分の居場所と気付くラストは泣けた。
個人的には、第5話と並ぶ神回だった。

アンナチュラルな野木亜紀子(@nog_ak)さん | Twitter

ところで、脚本家の野木亜紀子さんは、ツイッターの公式アカウントで、ずっと「アンナチュラル」に関してコメントを書いているのだが、これが非常に興味深い内容が多くて、番組ファンなら読んでいて楽しい。

そこから見えてくる不思議なのだが、「アンナチュラル」の野木亜紀子の脚本は、ほとんどが半年以前に書かれたものらしいのだが、その後起きた事件と妙に符合するという奇跡を、いくつも起こしているらしいのだ。

第2話では、自殺サイトで知り合い集団自殺する若者と、それを利用した殺人鬼の話だったが、

座間の死体遺棄事件に記者が指摘「あまりにも手際が良すぎる」 - ライブドアニュース

昨年10月に発覚した神奈川・座間のアパートで9人の男女の遺体が発見された事件とよく似ている。
てっきり脚本はこの事件を参考に書かれたのかと思いきや、脚本は事件以前の昨年7月に書かれたものだという。

第6話では、合コンパーティーで一緒に飲んだ男に薬を飲まされ、朝起きたらその男が隣で死んでおり、殺人容疑をかけられる。
その裏には、仮想通貨に関する嘘の情報を流して詐欺が絡んでいたという話だったが、

伊藤詩織さんに海外ジャーナリストが聞いたこと「日本でレイプがあまり報じられないのはなぜ?」

昨年10月に、伊藤詩織さんが、元TBS記者・山口敬之氏に起こしたレイプ訴訟事件に似ている状況がストーリーに出てくるし、

(迫真)コインチェック騒動(1)「みなしでも営業できる」 :日本経済新聞

仮想通貨ビットコイン取引所の大手「コインチェック」が外部からの不正アクセスを受け、約580億円相当の仮想通貨が流出した事件が発覚し、仮想通貨取引の怪しさが一気に表面化したのは、ごく最近の今年の2月に入ってからで、いずれも昨年9月に書かれた脚本の方が先らしいのだ。

もちろん、こういった奇跡の符合というのも、脚本家の野木さん自身の目の付け所と取材力が、最先端のテーマを捉えているからこそ、起きるのだと言えるだろう。

ただ、極めつけの第8話に関しては、それを超えて本当に奇跡が起きたとしか言いようがない。

所長が、奥さんを亡くしたヤシキさんに言った「死ぬのに良い人も悪い人もない、たまたま命を落とすんです。 そして、私たちは、たまたま生きている。たまたま生きている私たちは、死を忌まわしいものにしてはいけないんです」というセリフ。
タイミング的に見れば、明らかに大杉漣さんが亡くなる前に収録されたシーンの筈なのに、まるで、所長を演じる松重さん個人が、放送直前に亡くなり、その場にも居合わせた大杉漣さんに向けたメッセージとしか思えないという、とんでもない奇跡。

大杉漣さんの2月23日のテロップについて。 - 2月23日のドラマ、アンナチ... - Yahoo!知恵袋

そして、実はこの日、「アンナチュラル」の前に放送された「ぴったんこカン・カン」では、最後の1分間、漣さんの追悼VTRが流れ、「ご冥福を祈ります」というテロップが流れて、そのまま「アンナチュラル」が始まったのだが、こうなると、それさえも奇跡の連鎖とも思えてしまう。

『TBSラジオ特番 米津玄師×野木亜紀子 アンナチュラル対談』3/4放送! | 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」

さて、TBSラジオで、特別番組「米津玄師×野木亜紀子 アンナチュラル対談」が、3月4日(日)19:00~20:00に放送された(3月11日まではradiko.jpのタイムフリーで聴ける)。

出水麻衣アナが進行を務めたこともあり、「アンナチュラル」を核に会話はよどみなく続き、いくつもの興味深いエピソードが語られ、さらには、出演した石原さとみ、市川実日子によるスペシャルメッセージも流れるという、「アンナチュラル」ファンには聞き逃せない対談番組となっている。

個人的に一番興味深かったのは、野木さんがストレートに米津さんに対し、主題歌「Lemon」に入る「クエッ」という声?の意図について尋ねた部分と、野木さんが、残る第9回、第10回(最終回)について語り、出水アナが、最後まで脚本を読んだという米津さんに、その感想をストレートに尋ねた部分。

ちなみに、第9回、第10回は、これまで伏線を張ってきた中堂の恋人殺害事件についての前後編のような扱いになり、さらに、第10回は放送時間が延長された拡大版になるそうだ。

最終回に向けて、楽しみに放送を待ちたい。

関連記事:
TBSのドラマ「アンナチュラル」がやけに面白い:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lemon (通常盤) [ 米津玄師 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/2/13時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。