So-net無料ブログ作成

2018年2月度首都圏ラジオ聴取率調査は衝撃の結果に [ラジオ]

スポンサードリンク




vr.png

2018年2月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

ビデオリサーチが、スペシャルウィークと題して2か月ごとに行っている首都圏ラジオ聴取率調査の2018年2月度の結果が発表された。
全局の個人聴取率は、2017年12月の前回が、5.1%だったのに対し、今回、5.2%とわずかに回復。
ただ、依然として低いレベルのままであることは間違いない。

TBSラジオ 聴取率100期連続トップ - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w

これを受けて、TBSラジオが、久々にニュースリリースを発表したが、そのタイトルは「聴取率100期連続トップ」。
そうか、今回節目の100回だから、宣伝上も、発表しない訳にはいかなかったんだな。

週平均に加え、平日、土曜、日曜の各平均も、TBSラジオが首位を獲得したとのこと。

個別の番組の最高聴取率ランキング(15分単位)でも、「伊集院光とらじおと」「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」「安住紳一郎の日曜天国」「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」「森本毅郎スタンバイ!」の5番組がトップ10入りしたことのみが発表された。

さて、威勢のいい言葉と裏腹に、TBSラジオの危機的状況が見えるのが、今回、聴取率トップと言っても単独首位ではなく、J-WAVEと並ぶ同率トップであること。しかも、平均聴取率自体が0.8%と、前回に比べ、さらに0.1%下げていることだ(3位はニッポン放送で0.7%)。

最高聴取率ランキングも、1年前であれば、トップ10をほぼ独占していたことを考えれば、明らかに凋落していると言える。

J-WAVE(81.3FM)2018年2月度「首都圏ラジオ個人聴取率調査」12~69歳男女において開局以来初の首位を獲得!(※同率首位)|株式会社J-WAVEのプレスリリース

逆に、ついに、開局以来初となる同率トップに立ったJ-WAVEは、ニュースリリースも威勢がいい。

平均聴取率だけでなく、主要ターゲット層と呼ばれる「M1(男性20~34歳)」(※同率首位)、「M2(男性35~49歳)」、「F2(女性35~49歳)」、「M1+F1(男女20~34歳)」(※同率首位)、「M2+F2(男女35~49歳)」、「20代男性」、「30代女性」(※同率首位)においてトップレーティングを獲得。その他「10代男女」(※同率首位)、「10代女性」、「40代男性」、「40代女性」、「40代男女」、「男性給料(職業)」、「女性給料(職業)」、「学生(職業)」(※同率首位)、「中学生」(※同率首位)、「大学生」(※同率首位)、「ドライバー」など、多くのジャンルで一位を獲得していることを発表しており、番組スポンサーから見れば、購買力の高い客層をJ-WAVEがガッチリ掴んでいることをアピールしているのが目に付く。

2017年12月度の首都圏ラジオ聴取率の調査結果から:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

前回のスペシャルウィークの時にも、「そろそろTBSラジオとJ-WAVEの順位逆転もありそう」と書いたが、早くもそれが現実になりつつある。
TBSラジオの聴取率は下落傾向が続いているのに対し、J-WAVEは僅かながら増えており、このまま行けば、次回調査でJ-WAVEが単独首位に立つのは確実そうだ。

はたして、TBSラジオは、赤江珠緒の復帰や、「アフター6ジャンクション」なの新番組投入で、この劣勢を挽回し、単独首位に戻ることができるだろうか。

次回スペシャルウィークは、4月の第2週になるようだが、例年4月のスペシャルウィークは、改編直後ということもあり、様子見の感じもある。
しかし、TBSラジオの人たちは、プロ野球中継を辞めることが、聴取率にどういう影響が出るのか見通せないこともあり、悠長なことは言っていられないはず。

だとすると、TBSラジオは、次回は全社を挙げて、スペシャルウィークの企画とプレゼントに力を入れざるを得ないだろう。
もちろん、J-WAVEも、何としても単独首位を取りたいから、スペシャルウィークの企画とプレゼントに力を入れるはずで、次回、両局がバチバチの争いになる気がするな。
リスナーにとっては嬉しいところかも。

【追記】
【祝】おかげさまで、100期連続16年8ヶ月間個人聴取率NO.1!
最高聴取率ランキング(15分単位)が、TBSラジオのニュースリリースで公開されていた。
一位に4番組が並ぶのは、以前だと「らじおと」がダントツで一位だっただけにビックリ。「らじおと」の聴取率が他並みに落ちているということなのかな。
逆に、J-WAVEが3番組もランクインしたのは初めてではないか。聴取率同率一位なのも分かるな。
また、「STEO ONE」は、「らじおと」と「生活は踊る」に跨る番組であり、この結果を見れば、それらから相当リスナーを奪ったということになるのだろうか。サッシャ、すげー。
a50232dcdd5a809c7eae3ed090de1824.jpg


関連記事:
2017年12月度の首都圏ラジオ聴取率の調査結果から:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。