So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラジオクラウド」アプリが公開された [電子書籍]

「TBSラジオクラウド」アプリが間もなく登場!:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

先日、「TBSラジオクラウド」アプリが、まもなくリリースされるというニュースを取り上げたが、いよいよアプリがリリースされた。ただ、少し思ったものとは違ったので、その辺の違いも含めて取り上げたい。

RADIO-CLOUD-LOGO_B.jpg

ダウンロード可能なラジオ配信アプリ「ラジオクラウド」登場、TBSやTOKYO FMなど11局参加 - AV Watch

まず、従来の名称「TBSラジオクラウド」から、TBSの名が抜けて「ラジオクラウド」となり、サービスの主体もTBSではなく、博報堂DYメディアパートナーズとなり、アプリも博報堂DYが提供する形に変わった。

「ラジオクラウド」には、TBSラジオだけでなく、文化放送、ニッポン放送、毎日放送、ラジオ大阪、ラジオ関西、京都放送、ラジオ沖縄、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVEの11局が参加し、TBSラジオは、「ラジオクラウド」のコンテンツプロバイダの一つという形に変わった。

ラジオクラウド - Google Play の Android アプリ

ラジオクラウドを App Store で

アプリは、Android版とiOS版が用意され、推奨環境はAndroid 4.4以上、iOS 9以上。iOS 9はともかく、Android 4.4以上の条件は結構厳しいな。
ただ、我が家では、ポータブル音楽プレーヤー代わりに使っているスマホ「Micro X S240」でも問題なく動作するので、有難い。Radikoアプリは、タイムフリー対応の6.0が動かなかっただけに、ちょっと嬉しいかも。

アプリは無料だが、利用には会員登録が必要で、ただし、既に「TBSラジオクラウド」に会員登録している人は、そのアカウントで「ラジオクラウド」にもそのままログインできる。

アプリは、まず上部のタブで放送局を選び、その下に表示されるコンテンツをタップすると、番組一覧が表示される。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京近辺ラジオ局のお祭りイベント [ラジオ]

これまで、テレビ局のお祭りイベントについては、何度かご紹介しましたが、ラジオ局も年に一度お祭りイベントを開催ている局がありますので、それをまとめてご紹介したいと思います。

過去最多7万人超が赤坂に!『ラジフェス2016』|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

これまでにも、自分が参加もし、ブログにも記事を掲載してきたTBSラジオの「ラジフェス」は、毎年、11月頃に、赤坂サカス広場で開催されます。
食べ物のお店や、ラジオ番組関係の物販ブースも多数あり、ステージでは、ラジオ番組の公開生放送や、番組イベントも開催され、ラジオ局としては、一番楽しめるイベントだと思います。

ステージイベントへの参加は、面白そうなものは大抵事前の抽選制ですが、今まで、申し込んで何も当たらなかったことはありませんので、割と当たりやすいのだと思います。
ただ、複数応募しても、二つ以上のイベントに当たったこともないので、抽選する際、なるべくたくさんの人が当たるように、一人1件だけが当選するよう何か調整があるのかもしれません。
また、当選しなくても、イベントは、当選者スペース外からも十分見られます。

ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷 - Wikipedia

ニッポン放送は、ゴールデンウィーク付近に、日比谷公園を中心に、「THEラジオパーク in 日比谷」というイベントを盛大に行っています。2016年は、4月28日~5月1日の4日間にわたり行われました。

公開生放送や番組イベントが連日行われ、スペシャルライブなども行われており、今、日程表などを見たら、TBSのラジフェスより規模は大きいかもしれません。ゴールデンウィークで足を運びやすいし、これは、一度は行ってみないといけないな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「君の名は。」は新海誠の手を離れて・・・ [映画]

20160826154856.jpg

映画「君の名は。」は、完全に監督・新海誠の手を離れて、一つのムーブメントとして勝手に動き出してしまったようだ。
監督としては、置いてきぼり感もあるのではないだろうか。

232億円!君の名は。はどれくらいすごい?歴代興行収入ランキング - NAVER まとめ

まず日本での興行収入が、232億円に達し、現時点で歴代第4位。歴代興収第3位の「アナと雪の女王」の254億8000万円にも迫る。

「君の名は。」のIMAX上映が'17年1月13日開始。“通常版と格段に違う映像体験” - AV Watch

しかも、上映館数を縮小するどころか、1月13日からは、高画質、高音質のIMAX上映がスタートしており、「千と千尋の神隠し」の時と同様、まだまだリピーター需要があると睨んでいるようで、「アナと雪の女王」を抜く可能性は十分ありそうだ。

映画「君の名は。」:中国での大ヒット、早期公開も効果 - 毎日新聞

中国での興行収入も、1月20日時点で約96億円に達し、日本映画でこれまで最高だった「STAND BY ME ドラえもん」をはるかに超え、1月初めまでの予定だった公開期間も1カ月延長されているため、100億円に達するのは確実と見られる。

「君の名は。」歴代の日本映画興行1位に…観客動員数は300万人を突破! - MOVIE - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

タイやフィリピンなど東南アジアでも大ヒット中であるのに加え、政治では大揉め中の韓国でさえ、公開19日間で観客動員数が300万人(興収約23.9億円)を突破し、歴代の日本映画1位の動員だという。

ネットで出回る海賊版動画に対し、何の良心の呵責もない中国や韓国でこれだけの興行収入をもたらしたというのは、かつてないことで驚きという他ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年12月度個人聴取率調査の結果 [ラジオ]

2016年12月度個人聴取率調査の結果が発表されたが、今回もあまり波乱のない面白くない結果だが、一応取り上げておきたい。

8f026925f093da0f4044bb912f254ca3.jpg

おかげさまで、TBSラジオは連続トップを15年6ヶ月間継続!!|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

TBSラジオは、2016年12月度個人聴取率調査でも首位を継続、連続トップを15年6カ月間に伸ばした。

ラジオ個人聴取率調査データのご紹介(首都圏) | ビデオリサーチ

2016年12月12日(月)~12月18日(日)に実施された個人聴取率調査(ビデオリサーチ首都圏ラジオ聴取率調査)の一部が、こちらの紹介されている。

聴いてる人でも1日平均約2時間…ラジオ視聴者の平均視聴時間などをグラフ化してみる(2016年12月度版)(最新) - ガベージニュース

また、こちらのサイトでは、その詳細な分析を行っていて、参考になる。
これによれば、ワイドFMやradikoで、ラジオを聞ける機会は増えているものの、直近の数字では、実際に聴く人の数や聴いている時間は、必ずしも増えているとは言えないようだ。

個人聴取率調査では、TBSラジオは1.0%でトップ、2位はニッポン放送で0.8%、3位はJ-WAVEで0.7%、4位はTOKYO FMで0.6%、5位は文化放送・NHK第一で0.5%の順位。

不思議なのは、トップとはいえTBSラジオだけが、聴取率を大きく落としていること。radikoタイムフリーの開始が、何か関係しているのだろうか?
また、J-WAVE、OKYO FMが復調傾向だけに、文化放送の不振も目につくな。

最高聴取率ランキング(15分単位)のトップ10では、TBSラジオが9番組がランクイン。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第156回芥川賞・直木賞発表! [文学・小説]


『直木賞』に6度目ノミネートの恩田陸、『芥川賞』は山下澄人 - 書籍ニュース : CINRA.NET

第156回芥川賞・直木賞の候補作が、昨年12月20日に発表さていたが、1月19日、第156回芥川賞・直木賞の選考会が行われ、芥川賞が山下澄人「しんせかい」、直木賞は恩田陸の「蜜蜂と遠雷」に決定した。

第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる 恩田陸氏・冲方丁氏ら直木賞ノミネート (オリコン) - Yahoo!ニュース

今回、芥川賞候補作となっていたのは、加藤秀行「キャピタル」(文學界12月号)、岸政彦「ビニール傘」(新潮9月号)、古川真人「縫わんばならん」(新潮11月号)、宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)、山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)の5作。

一方、直木賞候補作となっていたのは、冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋)、恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)、垣根涼介「室町無頼」(新潮社)、須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社)、森見登美彦「夜行」(小学館)の5作だった。

芥川賞候補については、正直、ほとんど誰も知らないが、直木賞候補は、冲方丁、恩田陸、森見登美彦など、すでに売れっ子の作家で今さら感もある人も散見される。

なので、特に直木賞が、一体誰が賞を取るのか、かなり注目していたが、結果として、芥川賞は、4度目のノミネートだった山下澄人さんの「しんせかい」が受賞。
直木賞は、6度目のノミネートだった恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」に決定!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感