So-net無料ブログ作成

ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ」の訃報 [音楽]

米ジャズ歌手 アル・ジャロウ氏が死去 | NHKニュース

全然ニュースに気づいていなかったが、2017年2月12日(日)、ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ(Al Jarreau)」が亡くなっていたことが分かった。

享年76歳。2010年に呼吸器系の病気で入院し危篤と伝えられたが、順調に回復し、その年の9月には来日し公演も行った。
この5日前には、疲労を理由にツアーからの引退することを発表たばかりだったというから、本人はまさか亡くなるとは思っていなかっただろうに。
突然のことだったのだろう。

アル・ジャロウ - Wikipedia

「アル・ジャロウ」というえば、1975年にレコードデビューし、1978年に名アルバム「Look to the Rainbow」が、1979年には「All Fly Home」がグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞し、ジャズ界以外でも広く知られるようになった。

私が、FM雑誌などで、彼のことを知ったのも、この頃だと思うが、リアルタイムで曲は聴いていない。

その後、グラミー賞を7度受賞したが、ジャズ以外にも、ポップス、リズム&ブルースの、異なる3つのジャンルでグラミー賞を受賞した最初の歌手なのだそうだ。



軽やかで透明感のある声と、「スキャット」でのソロパートのうまさには定評があり、「We're In This Love Together(邦題:奏でる愛)」や「Moonlighting」「Mornin'」などのスマッシュヒットもあった。

声質は、今人気のミュージシャンでいえば、ファレル・ウィリアムスが近いかな。最初にファレル・ウィリアムスの曲を聞いたときに、軽快な曲調といい、てっきりアル・ジャロウの新曲かと勘違いしたほど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感