So-net無料ブログ作成

高橋洋子がこんなに面白い人だったとは [人物]


高橋洋子
高橋洋子 (歌手) - Wikipedia

高橋洋子というと、「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」が有名だが、それほどアニメ業界に詳しくない私には、それ以外にもたくさんアニメの主題歌などを歌っている歌がうまい歌手というぐらいの認識しかなかった。

絶品の「塩」の登場にスタジオパニック!明日は松葉ガニだ!|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

TOKYO JUKEBOX (1) | TBSラジオ | 2017/02/21/火 17:50-20:00 : 高橋洋子出演部分

2月21日(火)の「TOKYO JUKEBOX」に、彼女がゲスト出演しているのを聞いて、久々の衝撃を受けた。

「ええt! こんな人だったの!?」という。

昔、「さんまのまんま」で、初めて天海祐希のトークを聞いた時と同じぐらいの驚きだった。

歌が上手いのは聞いていれば分かるが、こんなにも面白い人だとは思いもしなかったな。
「イメージが崩れた!」とも言えるが、またラジオで聞きたい気分だ。

radikoタイムフリーで聴ける間に、是非聞いてほしくて、取り上げてしまった。

今回の出演が、ニューアルバムの宣伝でもあるので、他の番組にも出ていないかと探したら、あった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感