So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイドFMの普及状況 [ラジオ]

AM放送のサイマル配信である、FM補完放送、こと、「ワイドFM」は、我が家では、受信も安定していて、音質もクリアなので、東京のAM民放3局に関しては、完全に「ワイドFM」でしか、ラジオを聞いていない。

予約録音も、radikoよりワイドFMの方が音質がいいため、基本、TBSラジオでいつも聴く番組は、ワイドFMで予約録音を行い、ワイドFMで録音しきれない番組、電波で受信できない番組を、Radkoolの番組表から予約録音するというスタンスを取っている。

ワイドFM 全国へ拡大中!| ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

そのワイドFMが、全国的にはどのぐらい普及しているのかと思い、確認してみたが、上記サイトが一番わかりやすいみたい。

ざっと見ただけでも、計画中のものも含め、既にほぼ全国に広がっていることが分かる。

FM補完中継局 - Wikipedia

その一方で、詳細を見ていくと、面白いことが分かる。

まず、ワイドFMというと、民放だけの制度だと思っていたのだが、上の記事を見ると、難聴地域に対して、NHKのAM放送も、ワイドFMでの放送が始まっていることが分かる。

そんな中、未だ具体的な計画がなさそうな局として、山形放送、ラジオ日本、信越放送、山梨放送、京都放送、西日本放送、 四国放送、 高知放送、ラジオ沖縄、琉球放送などがあるようだ。

理由は色々あるのだろう。

京都放送なんかは、一度倒産しているぐらいなので、ワイドFMを始める財政的余裕がないのだろう。
貧乏な地方AM局、特に、一局だけでFM中継局を建てざるをえないケースでは、ワイドFMを建てたからといって、収入が増える目算が立たない今の状況では、なかなかGOサインを出せないんだろうと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気になったTBSラジオ以外の新番組について感想を [ラジオ]

気になったTBSラジオの新番組について感想を:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

TBSラジオの新番組については、以前、このブログに感想を書いたが、TBSラジオ以外の新番組についても、いくつか気になった番組について感想を書いておきたい。

ニッポン放送から、

・火曜深夜に移動した「星野源のオールナイトニッポン」
星野源自身は大きく変わった感じはしないが、番組企画などは聴取率トップを取りたいスタッフの意気込みが多少空回りしていなくもない。スペシャルウィークのゲストがコサキンというのも、乗っ取られた感があって、星野源自身の面白さが引き出されたとは思わなかった。

・月曜 星野源の後任「菅田将暉のオールナイトニッポン」
菅田将暉は、ANNGを一度やったが、ラジオのレギュラー番組は初めてということで、緊張していたな。後半ほぐれてきて、声やしゃべり方は悪くない。私自身は、あまり興味がない人だが、若手人気俳優だから、伊集院とは別の層を掴もうという狙いなんだろうな。

・月曜深夜「ランパンプスのオールナイトニッポン0」
お笑い芸人「ランパンプス」については、ほとんど何も知らない状態で聴き始めたが、喋りに安定感はあるな。
ツッコミの小林良行の声としゃべりは、オードリーの若林っぽくて、悪くない。
ただ、ボケの寺内ゆうきの声が、よく裏返って聞きづらいのがラジオ的には難点。

・「吉田拓郎 ラジオでナイト」
ガン闘病が続く吉田拓郎だが、声で聴く限りは思ったより元気そう。ただ、やっぱりアシスタントはいた方がよかったかも。

文化放送から、

・「The News Masters TOKYO」 毎週月~金曜 7:00~9:00
初回を少し聞いただけだが、冒頭にニュースをタケ小山が読むのだが、これがグダグダで、全く頭に入ってこなかった。
それ以降は、まずは無難なスタートを切った感じだ。

・「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」 毎週月~金曜 15:30~17:50
これも、月曜の初回の頭を聞いただけだが、水谷アナは相変わらず、番組の主みたい。コメンテーターの姜尚中との声の張りの差が凄い(笑)
ニュース解説は、コメンテーター任せの感じで、まだ斉藤アナや水谷アナが生きている感じがしないのは要修正かも。

・新番組「純次と直樹」 毎週日曜17:00~17:20に放送
高田純次と浦沢直樹の短いトーク番組だが、ダラダラとしているが息の合った二人のトークが、思いの外、面白い。
しばらくは毎週聴くつもり。

・「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」が、毎週土曜13:00~15:00に移動し拡大
田村淳は、TOKYO FMでも「田村淳のFLY HIGH !~挑戦が未来を熱くする~」という番組を持っているし、最近随分ラジオ番組に熱心だな。しかも、バラエティではなく、ニュース番組のメインパーソナリティとして。
自分でも意見をしっかり言うし、本当に次に選挙に出ても驚かない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初の黒人侍「弥助」がハリウッドで映画化に [映画]

日本史上、初の黒人の侍「弥助」の物語が、ハリウッドで映画化されるそうだ。

弥助 - Wikipedia

「弥助」は、戦国時代、イエズス会と共に黒人奴隷として日本に渡来し、当時の戦国大名・織田信長に献上され、日本に残ったのだが、信長に気に入られ、その家臣に召し抱えられ、初めて武士となった黒人だ。

海外「ハリウッド化してくれ」黒人の侍”弥助”と信長の物語に映画化の要望が海外から殺到 : かっとびジャパン - 海外の反応 -

この物語は、海外の方にとっても大変興味を引くことらしく、以前から、映画化の要望が多かったのだが、ついに、ハリウッドで映画化されるそうだ。

タイトルは、「Black Samurai (ブラック・サムライ)」だそうだ。


どんぐりこ - 海外の反応 海外「白人なんでしょ!」日本の黒人侍「弥助」がハリウッド映画化!黒人たちが歓喜

こちらは、そのトレーラー。

「ブレイド」「ゴーストライダー」で有名なマイケル・デ・ルカがプロデューサーを担当するそうだが、監督や配役についての詳しい情報はまだよく分からない。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本でもアナログラジオ放送は終了に向かうのか? [放送メディア]

CNN.co.jp : ノルウェー、今年末までにFMラジオ放送を廃止 世界初 - (1/2)

ノルウェーが、2017年1月から段階的に、2017年末までにFMラジオ放送を完全に廃止することを発表した(AMラジオ放送は元々ない)。FMラジオ局の完全廃止は、世界で初めてだという。

ドイツとフランスで中波AMラジオ放送が終了 - ITmedia ニュース

とはいえ、2015年末には、すでにドイツとフランスでAMラジオ放送が終了している。AMは、FMに比べてもさらに送信設備のコストが高い上に、ノイズ耐性が低く、音質も悪いため、FMよりさらに早く廃止が進むのは間違いなさそう。

DAB - Wikipedia

欧州で、アナログラジオ局が廃止できる理由として、欧州では、デジタルラジオ規格「DAB」「DAB+」によるラジオ放送が既に普及していて、ノルウェーの場合でも、すでに7割の家庭でDABラジオを持っているという背景がある。

「DAB」の規格策定には韓国が絡んでいたため、韓国メーカーが安価でたくさんの「DABラジオ」を発売していることも、普及に貢献している。

FMラジオからDAB+への切り替えは英国などの他国も検討しているそうだが、ただ、家庭だけでなく車などへの普及も考慮すると、なかなか具体的日程を決められる状態には至っていないようだ。

振り返って、日本の状況はどうだろう。

デジタルラジオに関しては、衛星デジタルラジオHiHO、地上波マルチメディア放送NOTTVが、事業撤退に追い込まれ、V-LOWマルチメディア放送i-dioもなかなかリスナーを増やせずにいる。

日本のデジタルラジオ放送は、ISDB-Tmmという日本独自規格となっているが、技術的にはデジタル変調がOFDMで、圧縮方式はMPEG Audio Layer 2がAACに変わり、マルチキャリアかシングルキャリアか、といったぐらいの違いしかなく、技術的にはDAB+と大きな差はない。

方式的にはワンセグテレビに非常に近いため、既にワンセグの音声だけが聞けるラジを開発できているメーカーなら、製品開発が難しい訳ではないのだが、対応ラジオが大手家電メーカーから一向に発売されない。

みの、久米、大沢らベテラン司会者もア然 AMラジオ局がFM局になる日が来る! - エキサイトニュース(1/2)

既存のAMラジオ局も、ワイドFM放送をスタート後、まずは、AM放送を廃止し、FM放送に完全移行することまでしか考えておらず、その先のデジタル化までは具体的に考えているようには見えない。

業界紙の日刊合同通信 第61巻 第14886号のタイトルを見ると、

話題続々のラジオ・経営リスクは増大?
収益生まぬ投資・FM補完サイマル負担大
「AM停波・撤退・廃止」要請噴出の帰着注目
Vロー含めスマホ全盛時代の事業モデル疑問
どうなる?五輪までとその後の放送在り様

とあり、確かにワイドFMもradikoも、ラジオ局にとっては、配信コスト負担が増える割に、それにより収入が増える要素がほとんどない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海外でウケるバラエティ番組 [テレビ]


海外反応! I LOVE JAPAN  : 世界に影響を与えた日本のTV番組「風雲たけし城」! 海外の反応。

海外で人気だったテレビ番組というと、「風雲たけし城」が一番有名だ。
ある時期まで、北野武の知名度というと、欧州を中心に映画監督の地位だったのだが、今では、「風雲たけし城」に出てくる殿様のイメージが一番強く、あっという間にイメージが逆転してしまった。

「風雲たけし城」は、実際に海外のテレビで放送され、人気が出たのだが、


【海外の反応】なぜか海外で人気急上昇中「ガキの使い」への反応まとめ - NAVER まとめ

ネット動画に流れた動画が、じわじわと人気を呼び、熱烈な海外のファンが字幕を付けて、それをさらに幅広い層が見始め、人気に拍車がかかったのが「ガキつか」こと「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」だ。

hulu(フールー)で配信されているガキの使いやあらへんで(ガキ使)で特集一覧 | 今月の動画配信の情報サイト

今や、大晦日年越しスペシャル!「絶対に笑ってはいけない○○」シリーズは、Huluなどで、海外にも同時配信されるまでの人気コンテンツになっている。

外国の方の感想を読んでいても、ダウンタウンの二人の面白さを分かっているのは当然にしても、それ以外のジミーちゃんや、ココリコ遠藤、月亭方正などの面白さも、しっかり伝わっており、こうした笑いに国境があまりないこと自体に、感動さえ覚える。

そして、最近、英語字幕を付けた動画が続々勝手に公開され、それが急激に人気を集め始めているのが「探偵ナイトスクープ」だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感