So-net無料ブログ作成
検索選択

海外に通用するお笑い芸人は [お笑い]

日本のお笑い芸人で、海外に挑戦した人は、過去にもいろいろいる。


ジパング 世界の反応 あぁ面白いわ。落語を英語で披露してみたらこうなった。 海外の反応

まず、一番最初の挑戦だったのは、多分今は亡き桂枝雀の英語落語だったと思う。
彼の試みは、今も受け継がれていて、


海外公演のご紹介

桂かい枝が落語を英語化して、海外公演を続けていたり、桂三輝というカナダ人の落語家まで現れ、落語を世界に広めようとしている。


いっこく堂の海外の反応とくも膜下出血その後は?「見る価値がある!」「偉大なエンターテイナー」 | NORMAL CHINA

もう一方で、腹話術の鬼才・いっこく堂も、英語や中国語などでも腹話術を披露し、2000年以降、世界で公演を続けていた。
ただ、昨年くも膜下出血で倒れ、ようやくリハビリから復帰した段階。
命に別状はないものの、再度の海外進出は、体調に気を付けながら、行うことになりそうだ。

最近では、ネット動画経由で海外でもウケている芸人が、出始めていて、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感