So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年04月 | 2017年05月 |- ブログトップ
前の5件 | -

赤江珠緒をキーワード予約録画 [人物]

赤江珠緒さん妊娠発表「たまむすび」は3月30日をもって降板

出産を控え、3月いっぱいでラジオとテレビのレギュラー番組をすべて降板した、フリーアナウンサーの赤江珠緒さんだが、てっきり「出産まではもうメディアには出ないのだろう」と思い込んでいたのだが、体調が良くて、オファーがあれば、ゲスト出演では出る気があるらしい。

赤江珠緒アナ、産休中の番組にサプライズ登場「わりと、暇で」 リスナーは歓喜の声 | ORICON NEWS

まずは、4月17日(月)の「たまむすび」の「竹ガム」コーナーで、スペシャルウィークの「赤坂5丁目ミニマラソン」の「心臓破りの坂」は本当に心臓破りなのかを検証する企画で、赤江さんが「コーナーポストの着ぐるみ」で登場し、その後、急遽スタジオ出演も果たした。

これは、レギュラーだった「たまむすび」だからと、軽く考えていたら、


4月25日(火)の「5時に夢中!」のゲストコメンテーターとして赤江さんが出演したらしい。
TOKYO MX出演はこれが初めてで、完全に油断していたので見逃したが、水を得た魚のように伸び伸びとトークしていたみたいだな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎駿監督が公式に引退撤回 [映画]

宮崎駿監督が新作長編アニメ製作開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

長編アニメ制作から撤退を表明した宮崎駿監督が、再び長編アニメの構想を練り始めていることが、「NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』スペシャル」というドキュメンタリー番組で分かっていたが、構想が高まり、とうとう本格的な制作段階に入るらしい。

宮崎駿監督が“引退撤回”、新作長編アニメのスタッフ募集。「本当に最後の監督作品になるでしょう」 - AV Watch

ジブリの公式サイトにおいて、新作長編アニメ映画制作のためのスタッフ(新人)募集を開始したそうだ。

宮崎駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

動画と背景美術スタッフを募集しており、それぞれ若干名。
年齢は18歳以上で、性別・国籍不問だが、制作に必要な日本語力があること、とのこと。
契約社員の扱いとなり、入社予定日は10月1日で、期間は3年間。勤務地はスタジオジブリ

面白いのが、即戦力を募集しているのかと思いきや、

応募時にアニメーション業界で働いている方でも可。(業務経験は問いませんが、研修期間〔6ヶ月〕を経て、一定のレベルに達した後に制作に加わっていただく、新人育成を前提としております)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TBSラジオの聴取率に何が起こったのか? [ラジオ]

2017年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

ビデオリサーチから、2017年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表された。これ自体は、毎回定例の発表内容で、こちらの発表内容では、全体の数値しか公開されていないのだが、

聴いてる人でも1日平均約2時間…ラジオ視聴者の平均視聴時間などをグラフ化してみる(2017年4月度版)(最新) - ガベージニュース

全体平均で5.6%、しかし男性60代は2倍以上の11.5%…世代別・ラジオを聴く人の割合をグラフ化してみる(2017年4月度版)(最新) - ガベージニュース

長期的な傾向としてみると、接触率の凋落傾向は変わっておらず、特に、10歳台が、radiko効果か盛り返しているのに対し、高齢層リスナーが減っている傾向にあるようだ。

短期的には、2017年2月度との変化は、さほどない中、これまでにない気になることが起きている、というか、「起きていない」ことが気になる

それは、このところ、ビデオリサーチが聴取率調査に関するニュースリリースを出すのと並行して、TBSラジオが発表する聴取率に関するニュースリリースが、未だ発表されていないのだ。

おかげさまで2017年2月度個人聴取率調査で首位!TBSラジオは連続トップを15年8ヶ月間継続

たとえば、2017年2月度であれば、こんなニュースリリースが出ていて、TBSラジオの聴取率が15年Xヶ月間連続トップであるという、ある意味、テンプレート化された記事が毎回発表されていたのが、今回、一向に発表されないのだ。

2017年2月度首都圏ラジオ聴取率調査で予想外の結果:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

2017年2月度の調査でも、実は、異変らしきものは見えていた。
平均聴取率は、トップを守ったものの、0.9%と1%を切り、1.3%だった2016年10月から4か月で、0.4%も聴取率を下げているのだ。
他局も低下傾向にあるが、その中でもTBSラジオの低下率は際立っていた。
また、番組開始以降、圧倒的な聴取率でトップだった「伊集院光とらじおと」が2位にランクダウンするという予想外の結果だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」 [ネット配信]

そろそろできてもいいのにな、ずっと思っていたサービスが、ようやくできたみたい。

eiga.jpg

ネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」。16サービスを比較、映画.com連携 - AV Watch

ネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」だ。

映画.com - 映画のことなら映画.com

「映画.com」という、映画の上映情報を網羅的に取り上げ、それぞれの映画に対する会員のレビューも膨大な、映画情報サイトがあるのだが、そこが、新たにネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」を開発した。

5月11日時点で、iTunes、Amazonビデオ、Amazonプライム・ビデオ、GYAO!ストア、Google Play、GEOチャンネル(6月30日に終了予定)、TSUTAYA、DMM.com、dTV、ニコニコ動画、Netflix、バンダイチャンネル、ビデオマーケット、Hulu、bonobo(6月30日に終了予定)、U-NEXTの、16もの動画配信サービスに対応し、配信作品の横断検索や価格比較が可能で、作品ページではレンタル/購入/定額の種類別に各サイトの価格を一覧で確認できるらしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」 [電子書籍]

電子書籍をさがすなら「hon.jp」

電子書籍検索サイト「hon.jp」は、様々な日本国内の電子書籍ストアに対し、横断的に電子書籍の検索が行えるサービスだ。
今のところ、サポートしている電子書籍ストアの数が一番多いということもあり、私も、時々利用させてもらっている。

2017-05-20 02.01.53.png

【お知らせ】個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」(有償)を正式稼働しました ? hon.jp DayWatch

電子書籍の献本サービス「KENPON」 Powered by hon.jp

その「hon.jp」が、「KENPON」という新しいサービスをスタートした(おおっ!早速だが「いらすとや」を使っているな)。

「KENPON」は、個人作家向け電子書籍PRサービスだそうで、元々は、プログラマーの藤井正尚氏が2013年に個人で立ち上げたサービスで、藤井氏が「hon.jp」にパートナー参加するのに伴い、このたび「hon.jp」にサービスを移管し、「hon.jp」ドメイン下で運営されることになったそうだ。

「KENPON」は、紙の本の世界でもよく行われている「献本(けんぽん)」からとったネーミングだそうで、それを電子書籍で実現するものらしい。
「KENPON」サービスでは、本の著者が980円(税抜)の料金を払うことで、その電子書籍を、「hon.jp」登録会員たちに、一定数だけDRMフリーで送ることができるサービスだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
2017年04月 |2017年05月 |- ブログトップ