So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ
前の5件 | -

元TBSアナウンサーの小林悠さんは元気なのかな? [人物]


ふと思い出して、元気にしているだろうかと気になったので、昨年3月にTBSを退社した小林悠さんについて、何か情報がないかと思いググってみた。

元TBSアナ小林悠ブログ>

小林悠さんのファンブログを立ち上げている人を発見。
小林悠さんに対する思いを、色々つづられているが、当然ながら、ご本人の近況について新しい情報をご存知な訳ではないようだ。

元TBSアナ小林悠に対し、女性セブンが捏造記事があったことを認め謝罪 - 謝罪文まとめブログ

唯一、新しい情報というと、2016年2月の、彼女に関しての「女性セブン」の不倫報道記事について、2016年8月に入ってから、「女性セブン」が誤報であったことを認め、謝罪する告知が出されたようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AbemaTVのコンテンツ調達センス [ネット配信]

AbemaTV.jpg

Abema TVが2,000万ダウンロード突破。オリジナル番組強化 - AV Watch

「200億円赤字」AbemaTVがメディアと広告の未来を変える? | 田中道昭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

サイバーエージェントとテレビ朝日が組んだ「AbemaTV」が好調だ。
開局から約1年4カ月で、Abema TVのアプリが、2,000万ダウンロードを突破したそうだ。

とはいえ、藤田社長によれば、まだ「200億円の赤字」とのこと。
WAU(1週間当たりの利用者数)が1,000万人を超えれば、広告収入主体で黒字化は可能という試算をしているらしい(本当だろうか?)。
そのために、今は赤字を出しても「良質な番組作り」を最優先事項として、運営しているそうだ。

実際、オリジナルのバラエティ番組では、「ニコ生」などに比べて、明らかにギャラが高いタレントがたくさん出ており、番組制作費が相当掛かっていることを伺わせるので、赤字というのは頷けるものがある。

さて、「AbemaTV」が無料配信中心で、広告収入主体で収益が成り立つことをもくろんでいるとしたら、どれだけたくさんの人に見てもらえる番組を流すかが重要になってくる。

その点では、ここまでの「AbemaTV」のチャンネル編成、番組編成を見ていて、あまりお金を掛けずに、なかなかいいコンテンツを集めてきているな、という印象はある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インプレスが「POD個人出版アワード」開催 [出版]

01.jpg

Amazon.co.jpでプリントオンデマンド出版する個人を対象に賞金総額100万円、インプレスが「POD個人出版アワード」開催 -INTERNET Watch

インプレスR&Dが、Amazon.co.jpでプリントオンデマンド(POD)書籍を出版する個人を対象として、賞金総額100万円の「POD個人出版アワード」を開催するそうだ。

紙の本を1冊から、在庫リスク・費用負担なしでアマゾン出版 - NextPublishing

上のリンクのインプレスR&Dが運営する「著者向けPOD出版サービス」でユーザー登録を行い、同サービスの規定に従ってAmazon.co.jpでPOD書籍を出版することで自動エントリーされるそうだ。

応募条件は、プロ/アマ問わず、実施期間中は何タイトルでもエントリー可能だが、2018年1月31日時点でAmazon.co.jpにて出版中であることが必須。
電子書籍で出版済みのものをPOD化した書籍も参加可能だそうだ。

賞金は最優秀賞(1作品)が50万円、優秀賞(2作品)が10万円、審査員特別賞(6作品)が5万円。
選考基準は「PODという新しい出版方式を活かしたオリジナリティ豊かな書籍企画であること」だそうで、審査員はアマゾンジャパン合同会社、株式会社天夢人、株式会社インプレス、インプレスR&Dの各社責任者・編集長が担当。
「出版内容、企画アイデア、革新性、デザインクオリティなど、さまざまな観点で審査を行う」らしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマホアプリ「バーチャル高校野球」 [ネット配信]

images.jpg

甲子園を100倍楽しむスマホアプリ「バーチャル高校野球」の使い方 | できるネット

雨天順延で、2017年8月8日から、「夏の甲子園」こと、第99回全国野球選手権大会が始まりましたが、昨年から、とても便利なアプリがリリースされていて、今年はさらに内容も充実しているようなので、高校野球ファンは是非とも活用しましょう。

それは、iOS/Androidで利用できるアプリ「バーチャル高校野球」。
次のような豊富な機能が利用でき、かも、全部無料という太っ腹なアプリだ。

・トップページから、試合のライブ中継をリアルタイムに見られる
・ライブ中継中に、マルチアングル映像や両チームの様々なデータを一緒に見ることができる
動画タブでは、過去の大会や地方大会のダイジェスト動画や、高校野球関連の動画コンテンツが見られる
・ニュースタブで、すべての高校野球関連ニュースをまとめてチェックできる
・試合情報タブでは、試合結果の速報や、動画も含めた詳細な情報が見られる
・エリア情報タブでは、初期設定で選択した応援エリアごとのニュースや動画をチェックできる
・メニューから、大会日程の表示、学校検索、高校野球にまつわるランキング情報、甲子園戦績などの情報も見られる

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デアゴスティーニ「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」 [音楽]

マニアックなテーマの分冊百科と呼ばれる出版形態で有名なデアゴスティーニに、久々にびっくりさせられた。

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円 - ITmedia LifeStyle

デアゴスティーニ・ジャパンが、隔週刊「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」を8月29日から全国の書店および同社サイトで発売するそうだ。

ザ・ビートルズがこれまでリリースしてきたアルバム全23作品のLPレコードが、コンプリートできる分冊百科だそうだ。

これまで、こうした分冊百科で毎号CDやDVDが付いてくるのは、非常に多いが、LPレコードが付いてくるというのは初めての試みだろう。

人気復活のアナログレコード、市場規模は1千億円到達へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

最近アナログレコードが復活しつつあるとは聞いていたが、こういう商品企画が成立する程、復活しているとは思わなかったな。

また、こうした商品企画の端緒として、まずビートルズを選択するというのは、無難なところ。
アナログレコードの良さの一つとして、ジャケットアートが挙げられるが、オリジナルジャケットを再現するようで、それだけでも嬉しい人たち(主にお年寄りだが)は多いだろう。

ts_beatles01.jpg

ただ、公式ページの写真を見ると、ジャケットに余計なプリントが追加されている気も。こういうのは誰も喜ばないので、やめて欲しかったな。やるなら、帯でやればいいのに(それもと、シールなのか?)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ