So-net無料ブログ作成

2018年度「i-dio」はどうなる? [放送メディア]

529532.jpg

2018年度が始まるということもあり、このタイミングで、デジタルマルチメディア放送「i-dio」の今後について、ググってみた。

V-Lowマルチメディア放送?i-dio(アイディオ)”2018年度、サービスエリアが全国に拡大!|TOKYO FMのプレスリリース

3月1日付で、北海道親局(札幌局)の予備免許が下り、ようやくサービスエリアが全国に広がるようだ。

さらに、2018年5月よりi-dio受信機能を備えた車載端末プロトタイプを実装した車を使った走行実証事業を開始し、ハイレゾ級の音源を試験的に配信するとのことで、これでi-dio受信機能搭載のカーラジオが増えることになるのだろうか。

ただ、一般家庭内で聞くよりノイズが多い車向けに、なぜハイレゾ級音源配信なのか?その理屈はよく理解できない。
しかも記事内には、車載市場でのi-dio放送波の本格的普及の加速を図るために、4月1日付でジャパンマルチメディア放送社内に車載専門のマーケティング部門「車載推進本部」を設立するという。

それって、車向けのアマネクチャンネルを放送するアマネク・テレマティクスデザインとの関係はどうなるの?と思い、アマネク・テレマティクスデザインの公式サイトを見ようとしたら、なぜかもはやサイトが存在せず、Amanekチャンネルのサイトに飛ばされてしまう。

となると、実質的にアマネク・テレマティクスデザインは、i-dio本体に吸収合併されることになるのだろうか? ちゃんとしたニュースリリースが出ていないのでよくわからない。

新放送サービス「i-dio(アイディオ)」 福岡地区の受信環境を大幅向上|TOKYO FMのプレスリリース

基地局に関しては、広島、仙台に基地局ができ、福島に中継局ができることが決まったが、その後、福岡局の送信出力を500Wから3kWに増力する申請を総務省に提出し、既に出力アップを行っているそうだ。
これで、福岡エリアの受信状態は改善されるはずだが、依然として貧弱な受信機については、次の情報ぐらいしかない。

アプリケーション | i-dio 新放送サービス

i-dioアプリが、Ver3.0に更新され、UIの改良や、機能アップがあったみたいだが、あんまり興味ある改良項目はないな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感