So-net無料ブログ作成
検索選択

お笑い ブログトップ
前の5件 | -

日本のお笑いはつまらないのか? [お笑い]

日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

最近、脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして、話題になっているそうだ。

米国の笑いについて「トランプやバノンは無茶苦茶だが、Saturday Night Liveを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる」と書く一方、日本のお笑い芸人については「上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」と批判し、それが反響を呼んでいるらしい。

茂木健一郎氏は、MENSAの会員だと聞いていたので、たとえ彼の発言がネットニュースで流れても、「頭が良すぎる上の、先を読み過ぎた理解されない発言」なんだろうな、ぐらいに思っていたのだが、今回の発言内容を追っていて、理解に苦しむ部分があり過ぎて、茂木氏に対する考えが変わった。

まず、彼の言う「国際水準」というのが、どう見ても米国、あるいは、広げても、欧米での水準、というか傾向でしかないこと。

米国で毎日夜に放映されているいわゆるトークショーでは、政治や経済、国際情勢が盛り込まれて、権力をネタに毒の笑いが多いのに対し、日本では権力に対し骨抜きであることが「終わっている」と見えるらしい。

しかし、私は本質的な問題は違うところにあると思う。

日本で、「政治や経済、国際情勢が盛り込まれて、権力をネタに毒の笑い」がないかというと、そんなことはない。
「ザ・ニュースペーパー」は一貫してやっているし、「爆笑問題」だってもっとやりたがっている。
実際、「爆笑問題」は、ライブなどでは、そうしたネタをバンバンやっている。
ハードコアなところでは、居島一平なんてのもいるし、田村淳、笑い飯・哲夫、笑福亭鶴瓶だって、政治的発言はよくやる。
なにより、関西芸人は、テレビでも平気で政治ネタで笑いを取ってトークするのは、日常のことであったりもする。

だが、そういうネタをやっていることを茂木健一郎氏が知らないのは、東京のマスメディアではほとんど取り上げられない実情があるからだ。
というより、そうした権力者を批判するネタは、権力者の目に付きにくい関西のメディア、ネットメディア、ライブなどに追いやられてしまっていると言える。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「R-1ぐらんぷり2017」優勝は「アキラ100%」 [お笑い]

見えたらゴメン・アキラ100%優勝「R-1ぐらんぷり2017」をじっくり振り返る - エキレビ!(1/3)

「R-1ぐらんぷり2017」の決勝を、録画でようやく見られた。

伊集院光が、ラジオで決勝の前日に、「アキラ100%」を取り上げ、「大失敗して二度とテレビに出られなくなるか、受けるかのどっちか」と言っていたので、気になってはいたのだが、テレビを見られない状況で、ネットで「アキラ100%」の優勝を知り、翌日のラジオでも「何がすごいのか?」を的確に解説してくれていたので、録画を見るのを楽しみにしていた。


「アキラ100%」の得意芸は、全裸で、いろんなパターンでお盆を股間に当てたまま踊って叫ぶというものだ。R-1ぐらんぷりは、昨年の「ハリウッドザコシショウ」をはじめ、結構、優勝者に裸芸が多い。

だからてっきり、そのパターンかと思いきや、伊集院の言うように、思ったより「芸」があり、「ハリウッドザコシショウ」なんかより、ずっと面白いと思った。

当たり前だが、生放送で、失敗して股間が映ってしまえば、二度とテレビに出られなくなるのは確実。
観客は緊張しながら見ている中、ファンで風を当ててお盆から手を離したり、見えないように円盤投げをしたりと、観客はスリルを味わいながら「見えない」という芸を見事に成功し、予選を通過。
決勝も、その勢いを活かし、今度はいろいろな小道具を使って少しパターンを変えて、股間を隠しきり、客観的に見れば完全な「お下劣ネタ」なのに、ちょっと感心してしまったほど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ラフレクラン」「こゝろ」「アナクロニスティック」は要チェック! [お笑い]

カミナリ (お笑いコンビ) - Wikipedia

M-1グランプリ決勝で、強烈な個性のどつき漫才を披露し、優勝した「銀シャリ」以上い、色々な番組に引っ張りだこのお笑いコンビ「カミナリ」だが、その後も、たくみが、太田光や明石家さんままで、ひっぱたきまくっている様子を見て、「こりゃもう、流れに乗ったな」と思えた。
彼らの場合、ネタも面白い上に、キャラもしっかりあるので、U字工事が担っていたような番組に、今後代わりに起用されるのは確実だな。


ベタなお笑いコント決定戦 ベタコン|ネクストブレイク|日本テレビ

さて、その「カミナリ」が出ていたので録画した「ベタなお笑いコント決定戦」という番組だが、見てみたら「カミナリ」以上に、面白い発見があった。

この番組、司会が千原ジュニアと松永有紗の深夜番組。レギュラー番組ではなく、単発で、おそらくレギュラー化を睨んだパイロット番組みたいなものだろう。
で、コントでよくある場所と人物のベタな設定に加え、さらによくあるセリフを必ず言うという、3つの縛りのもと、若手芸人が、新ネタを披露するという番組で、設定がベタすぎるほどベタなため、芸人の地力が如実に見えてしまうという企画。

最初の3組は、場所が「コンビニ」、人物は「店員と客」、必須のツッコミセリフが「逆だよ! 逆!」だったが、「カミナリ」以上に面白かったのが、最初に演じた「ラフレクラン」。

客が強盗で、それに店員がどう対応するか、というシチュエーションだったのだが、話は思わぬ方向に展開してゆき、最後はちょっとホロリとさせられてしまうという秀逸な着地。
「逆だよ! 逆!」の使い方も、予想外で洒落ていて、ネタ作りの実力は半端ではない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「サンドウィッチマンライブツアー2016」DVDの発売日確定 [お笑い]

81VY7DFJVuL._SL1500_.jpg

「サンドウィッチマン ライブツアー2016」DVDは来年3月発売:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、ご紹介した「サンドウィッチマンライブツアー2016」DVDの詳細が分かってきた。

サンドウィッチマン ライブツアー2016 DVDサイト

本編は、約60分の予定で、収録されるのは、「写真館」「漫才(服屋)」「蜂の巣駆除」「保育園」「漫才(犬の散歩)」の5つの新作。
毎年、ライブで披露される新作の数が減っている気がするのが残念。

ただ、「犬の散歩」は年末年始番組でやっていて、テレビでも見た記憶があるが、結構面白かったので、ネタの面白さは今年も健在なようだ。

特典映像が、本編と同じぐらいの約60分の予定で、「スター対抗! 日本全国ご当地クイズスペシャル! !」「本当に必要?男シリーズ徹底討論!」「ラジオ (ラジオDJ)」「ラジオ (老舗和菓子店)」「サンドウィッチマンライブツアー2016うちわコレクション」「振り返りトークライブ」「メイキング」と、こちらは年々盛りだくさんになっている気がする。

それがいいのか、悪いのか・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナルシスト漫才「祇園」は今年注目かも [お笑い]

さんまのまんま新春SP2017の今田耕司おススメ芸人は誰?

毎年恒例、「さんまのまんま新春SP2017」の「今田耕司おススメ芸人は誰?」コーナーで紹介される若手芸人からは、過去にも、色々な売れっこ芸人を発掘してきた実績があり、今年はどうだろうと、見てみた。

紹介された芸人は、ナルシスト漫才「祇園」、ドラマチックコント「蛙亭」、テレビ初出演「ディフェンスの要潤」、コンビ結成1年半の新星「大自然」の4組。

今年は、例年に比べて、4組共完成度が高かったな。

「大自然」は、既に「内村テラス」で見ていたので、今回初見で一番新鮮だったのは「祇園」だった。


祇園 (お笑いコンビ) - Wikipedia

木崎太郎と櫻井健一朗によるお笑いコンビで、漫才を得意とする。
ともに大阪NSC28期生で、2008年に結成し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の8年目。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - お笑い ブログトップ