So-net無料ブログ作成
検索選択

「かまやつひろし」さんの訃報 [音楽]

ムッシュかまやつさん死去、78歳 スパイダース元メンバー 「我が良き友よ」(1/2ページ) - 産経ニュース

記事を書くのが遅くなってしまったが、元々、ザ・スパイダースのメンバーで、ギタリストとしてデビューした「ムッシュかまやつ」こと、かまやつひろしさんが、3月1日に亡くなったそうだ。

享年78歳だったという。

歌手の森山良子さんとは、いとこ同士なのは有名だが、結構知らない人も多いみたい。


ザ・スパイダース時代では、かまやつさんの曲というと「バン・バン・バン」が有名。
ナンセンスな歌詞を、ノリのいいロックンロールのリズムに乗せた傑作だが、伊集院の言う「アレコード」的な雰囲気もある。
今改めて聞くと、甲本ヒロトなんかも、この曲の自由さに、随分影響受けているんじゃないだろうか。

・・・と思ってググったら、実際、交流もあり、 ヒロトは、THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつの「なればいい」という曲にもブルースハープで参加したこともあるみたい。

【対談】THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ「やりたいことはいつでもできる。好きなんだから。一番大事なのは、やり続けるってこと」 | THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ | BARKS音楽ニュース

しかも、上のTHE BOHEMIANSとの対談では、かまやつさんが、何十歳も年下の甲本ヒロトのことを「ヒロトさん」と敬称で呼んでいて、尊敬の念を語っている。
なんて人だ!」目頭が熱くなるな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ」の訃報 [音楽]

米ジャズ歌手 アル・ジャロウ氏が死去 | NHKニュース

全然ニュースに気づいていなかったが、2017年2月12日(日)、ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ(Al Jarreau)」が亡くなっていたことが分かった。

享年76歳。2010年に呼吸器系の病気で入院し危篤と伝えられたが、順調に回復し、その年の9月には来日し公演も行った。
この5日前には、疲労を理由にツアーからの引退することを発表たばかりだったというから、本人はまさか亡くなるとは思っていなかっただろうに。
突然のことだったのだろう。

アル・ジャロウ - Wikipedia

「アル・ジャロウ」というえば、1975年にレコードデビューし、1978年に名アルバム「Look to the Rainbow」が、1979年には「All Fly Home」がグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞し、ジャズ界以外でも広く知られるようになった。

私が、FM雑誌などで、彼のことを知ったのも、この頃だと思うが、リアルタイムで曲は聴いていない。

その後、グラミー賞を7度受賞したが、ジャズ以外にも、ポップス、リズム&ブルースの、異なる3つのジャンルでグラミー賞を受賞した最初の歌手なのだそうだ。



軽やかで透明感のある声と、「スキャット」でのソロパートのうまさには定評があり、「We're In This Love Together(邦題:奏でる愛)」や「Moonlighting」「Mornin'」などのスマッシュヒットもあった。

声質は、今人気のミュージシャンでいえば、ファレル・ウィリアムスが近いかな。最初にファレル・ウィリアムスの曲を聞いたときに、軽快な曲調といい、てっきりアル・ジャロウの新曲かと勘違いしたほど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宇多田ヒカルが米国音楽チャートで2位にランクインした背景 [音楽]

宇多田楽曲 全米iTunes2位の快挙 日本人最高位 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

宇多田ヒカルの楽曲「光-Ray Of Hope MIX-」(REMIXED BY PUNPEE)が、全米iTunesチャートで2位にランクインしたことが、ニュースになっている。
これは、日本人アーティストでは最高位であり快挙だそうだ。
ちなみに、この曲は、1月11日に全世界で配信スタートされて以降、日本を含む9カ国で1位を獲得しており、そのことも凄い。

この曲は、2002年発売のングル曲「光」のリミックスバージョンで、世界的にヒット中のゲーム「キングダムハーツHD2.8」のテーマソングだというのが、世界でも火が付いた要因のようだ。

ただ、私自身は、それほど驚きはしなかった。

宇多田ヒカルの「Fantome」全米6位が、どれくらいすごいのかわかりやすく説明する - BASEMENT-TIMES

というのも、宇多田ヒカルのアルバム「Fantome」が、昨年6月頃に、全米のiTunesアルバムチャートで最高3位まで上がり、その時の方が驚いたからだ。

アメリカでは通用せず…大失敗に終わった宇多田ヒカルの全米デビュー - ライブドアニュース

宇多田ヒカルといえば、2004年にユニバーサルミュージックで、Utada名義のアルバム「EXODUS」をリリースして全米デビューし、この時、かなりのお金のかかったプロモーションを行ったのだが、結果、160位と大コケしてしまった。
英語がネイティブの宇多田でも、全米チャートの壁は厚いのか、とガッカリした覚えがある。

ところが、今回の「Fantome」は、米国ではほとんどまともなプロモーションは行なっておらず、宇多田本人が2位にランクインしたことを知って、ツイッターで驚いたほどだった。

そんな下地があったから、今回、シングル曲でも、チャートインしたことは、それ程驚きではないのだ。

彼女に限らず、昨今は日本人アーティストが、全米チャートでランクインする現象は、最近珍しくなくなってきた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「題名のない音楽会」で「ドラゴンクエスト」を特集 [音楽]

kuro_170108daimei01.jpg

題名のない音楽会|テレビ朝日

過去にも「ゲーム音楽史」、「ファイナルファンタジー」をテーマにゲーム音楽を特集してきまして音楽番組「題名のない音楽会」だが、1月29日(日)に、ゲーム「ドラゴンクエスト」をテーマにした吹奏楽演奏が放送される。

特集名は「吹奏楽によるドラゴンクエストの音楽会」で、テレビ朝日系列で、9:00~9:30に放送される。

指揮は大井剛史さん、演奏は東京佼成ウインドオーケストラとのこと。

忘備録を兼ねて書き込みしてみたが、忘れないうちに予約録画を入れようと思う。

ところで、最近、ゲーム音楽を、ちゃんとした音楽として観賞しようという動きが、盛り上がりつつあるな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスにジョージ・マイケルの訃報が [音楽]

ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」:朝日新聞デジタル

クリスマスの12月25日、ジョージ・マイケルが亡くなったというニュースが飛び込んできた。
死因自体は不明だが、事件性はないとのことで、ただ、53歳という年齢は若過ぎるだろ!
彼にとって、この日は、ダブルミーニングで「ラスト・クリスマス」となってしまったことになる。


ワム! - Wikipedia

ジョージ・マイケルといえば、1981年、学友のアンドリュー・リッジリーと組んだ「Wham!」が、アイドル的な人気を博し、ヒットを連発したことで世に出た。


「Wham!」は1986年に解散したが、1987年に、1stソロアルバム「フェイス」を発売したところ、これも大ヒット。

イケメンだし、音楽的才能もあったので、90年代までは、日本でも非常にアイドル的な人気が高かったな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感