So-net無料ブログ作成

NakamuraEmiの衝撃 [音楽]

音楽を長年聞いていると、ずっと好きなミュージシャンを中心に聴いてしまい、なかなか新しいミュージシャンに目を向けなくなってしまう。

そんな私が、最近、久々に衝撃を受けて、一発でファンになってしまったミュージシャンがいる。


NakamuraEmiの熱いスタジオ生歌唱【宇多丸も宇垣アナも感涙】

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の2018年5月8日(火)「ライブ&ダイレクト」で、生歌を披露してくれた「NakamuraEmi」さんだ。

彼女のヴォーカルに、伴奏はアコースティックギター1本のみのシンプルなライブだったが、ヒップホップの影響を強く受けた独特の譜割と、その上で語られる硬派で密度の高い歌詞世界は、衝撃的だった。

NakamuraEmi - Wikipedia

さっそくプロフィールなどを調べてみたが、1982年生まれで現在36歳。神奈川県厚木市出身のシンガーソングライターで、オフィスオーガスタ所属とのこと。
一緒に生ギターを弾いていたのは、彼女の音楽プロデューサーでありギタリストのカワムラヒロシ。この人のギターも凄かった。

2007年、25歳で本名の中村絵美としてアーティスト活動を開始したが、当時は、J-POP主流の音楽を目指したが、なかなか芽が出なかったらしい。

その後、ヒップホップやジャズやレゲエに強いインパクトを受け、特に、ライムスターの音楽には強い影響を受けたそう。
竹原ピストルのマネージャーに誘われ、、2011年に、アーティスト名を「NakamuraEmi」と変え、新たに活動を開始したそうだ。

2012年10月に、alosotimuをサポートにむかえて1stEP「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.1」をリリース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「たすくこま」の替え歌動画にやられた! [音楽]

「たすくこま」という人のYouTube動画に、現在ハマっている。

最初に見たのは、ドラマ「アンナチュラル」関係の動画を検索していてい見つけた主題歌「レモン」の替え歌で、「...えもん」。こちらだ。


替え歌として物凄くうまくできている上に、歌も素人とは思えないウマさ。
シンプルだが味のある動画も、手が掛かっているようでいい。
哀愁まで感じさせる完成度の高さに、一気にファンになってしまった。

替え歌デブ「たすくこま」公式プロフィール

芸人さんかと思いググってみたら、「たすくこま」さんというのは、YouTuberとして活動されている方みたい。
その意味では、私が、ファンとなった初めてのYouTuberかもしれない。

知らなかったのだが、公式サイトを見ると、チャンネル登録者数は24万人を超え、総再生回数は6700万回を超える人気のYouTuberさんらしい。
トップYouTuberに比べれば、物凄い人気ではないのかもしれないが、このぐらいアクセスがあれば、十分生計を立てていけるんだろうな。実際、それに値する才能があると思う。
たとえ、何十倍ものアクセスはあっても、過激なことしかできない人たちとは大違いだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

STU48のデビュー曲「暗闇」 [音楽]

STU48-Kurayami.jpg

アイドル自体にほとんど興味がないので、「STU48」というグループが存在すること自体を知らなかったし、「STU48」という名前を見ても、AKB一派なんだろうなとは思うが、どこの地域のアイドルなのかも知らなかった。



STU48「暗闇」Full MV感想まとめ。良い曲貰えて良かった : STU48まとめシップ

そんな状態で、今更ながらですが、ラジオでたまたま流れていて、聴いたのが、STU48のデビュー曲「暗闇」という曲。

一聴して、若いアイドルグループが歌っているのは分かるが、その歌詞の古風とも言える言葉遣いや、早口に言葉を詰め込む譜割りが、まるで「吉田拓郎」みたいだなと思った。
実際、聴いている最中は、「アイドルなのに吉田拓郎に曲を書いてもらえたのかな、凄いな」と信じかけてしまったぐらい。

そして、曲を聞き終えて、その後知らされた曲名が、STU48の「暗闇」というものだった。

STU48 - Wikipedia

早速検索すると、まず、STU48は、瀬戸内7県を拠点とする日本の女性アイドルグループだそうだが、私自身アイドルにあまり興味がないし、2017年にグループが誕生して間もないこともあってか、私は、正直、メンバーの誰の名前も知らない。
多分、テレビでも誰も見たことはないと思う。

そして、アイドルのデビュー曲らしくないタイトルの「暗闇」という曲の作詞は、吉田拓郎ではなく秋元康であり、作曲はaokadoというAKBグループではお馴染みのコンビであることを知った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トム・ペティの突然の訃報・66歳かよ・・・ [音楽]

トム・ペティさん死去、66歳 米ロック歌手、心肺停止から戻らず

ロックミュージシャンのトム・ペティが、自宅で心臓発作を起こし、10月2日未明、カリフォルニア州サンタモニカの病院で亡くなったそうだ。
66歳だったそうで、ドラッグに溺れるような人ではなかったし、直前まで音楽活動をしていただけに、まだ信じられない気持ちだ。
救いは、家族やバンドメンバーに見守られながら、安らかに息を引き取ったことだろうか。

トムペティは、1950年、フロリダ州生まれだっそうで、1976年に「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を結成し、1979年のアルバム「破壊(Damn the Torpedoes)」が、全米2位の大ヒットを記録し、一躍スターダムに。

私が、彼らの曲を聞いたのも、この頃が最初だった。


シングルカットされた「危険な噂(Don't Do Me Like That)」がスマッシュヒットし、日本でもよく掛かっていたが、シンプルでストレートなアメリカンロックという印象だった。


1981年には、フリートウッドマックのスティーヴィー・ニックスのために、盟友マイク・キャンベルと共作し、ギターやコーラスも担当している「嘆きの天使(Stop Draggin' My Heart Around)」が、全米3位を記録。
トムペティの作った曲としては、最大のヒットとなった。

そして、私が一番よく聴いたアルバムが、1982年発売の「ロング・アフター・ダーク(Long After Dark)」で、こちらも全米9位の大ヒット。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォルター・ベッカーの訃報にショック! [音楽]

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンの影響を受けたアーティストって?

2017年9月8日(金)の「ジェーン・スー生活は踊る」内の「高橋芳朗のミュージックプレゼント」を聴いて、ウォルター・ベッカーが、亡くなったことを知った。
最近、あまり大物ミュージシャンの訃報を聞かなかったもので、個人的には久々の大ショックだったな。

ただ、その日の高橋氏のミュージックプレゼントは、ウォルター・ベッカー本人というよりは、彼がメンバーだったスティーリー・ダンの特集になっていて、そこに亡くなったウォルター・ベッカーがどう絡んでいたのかが全く語られず、個人的には少々不満が残る放送回だった。

そこで、遅まきながら、このブログでは、ウォルター・ベッカー自身についてもう少し深掘りしてみたい。

【訃報】世界的ミュージシャンのウォルター・ベッカーさんが死去 / 享年67歳 | ロケットニュース24

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり (rockinon.com) - Yahoo!ニュース

ウォルター・ベッカーが亡くなったのは、2017年9月3日で、67歳だったという。死因・死亡場所など詳しい状況は不明。
2017年7月に行われたスティーリー・ダンとしてのフェスティバル出演に、ウォルターは体調不良で参加できず、ドナルド・フェイゲンはその後、Bilboard誌で「ウォルターは手術から回復しているところで、近いうちには元気になるはずだよ」と語っていたらしいので、その頃から病状は思わしくなかったのだろう。

ウォルター・ベッカーというと、ドナルド・フェイゲンとのユニット「スティーリー・ダン」のギタリスト(初期はベースも)だった。


「スティーリー・ダン」は1972年の「キャント・バイ・ア・スリル」でアルバム・デビューを飾り、最初はバンド形態であったが、「プレッツェル・ロジック」の頃からメンバー以外のセッション・ミュージシャンを積極的に利用するようになり、1975年の「うそつきケイティ」製作の頃には、ウォルターとドナルドの二人のユニットという形に落ち着いた。


そして、「幻想の摩天楼」「彩(エイジャ)」「ガウチョ」と高い評価を得たアルバムをリリースし続ける一方、80年代に入るとウォルターは薬物に依存し始め、訴訟問題も抱えて、「ガウチョ」リリース後に「スティーリー・ダン」を解散せざるを得なくなった。


そして、解散後に、ドナルド・フェイゲンが発表した初のソロ・アルバム「ナイトフライ」(1982年)は、グラミーでも「アルバム・オブ・ジ・イヤー」を含む4部門を受賞するなど、高い評価を得ることとなった。

このアルバムの衝撃は大きく、当時、「ナイトフライ」を聞いた人間は、そのあまりに高いクオリティに、スティーリー・ダン=ドナルド・フェイゲンとしか思えず、表舞台から消えたウォルター・ベッカーは、スティーリー・ダンにおいて何もしていないかのような目で見られていた時期があった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感