So-net無料ブログ作成
検索選択

CD音源のリッピングし直し [音楽]

私は、昔から、結構好きな音楽はCD/レコードを買う人間で、それは最近でもあまり変わらない。

ひとつには、特に、洋楽に関しては、Amazon.comなどで輸入盤CDを直輸入してまとめて買うと、デジタル音源を買うより安いことも多いからだ。

買ったCDはかなりの数は処分したものの、それでも手元にまだ数千枚のオーダーで持っている。

それらのCDは、すでに一度MP3にリッピッグして、iPod Classicウォークマンで聴けるようにした。
ただ、昔のデータは、当時のHDD容量もまだ大きくなかったため、128kbpsのMP3でエンコードしていたが、今やそんな程度の容量節約は意味がない。

そこで、手元にあるCDを、徐々に256Kbsp・VBRのMP3形式と、無劣化圧縮のFLAC形式でエンコードし直し始めている。
1960年代のポピュラー音源だと、128kbpsでも十分に思えるが、それ以降だと、256kbsにすると明らかに変化が分かる音源も多いので、すべてエンコードし直そうと思って始めている。

また、当然ながら、新たに手に入れたCDは、最初から、この2つの形式でリッピングしてNASに保管している。

ハイレゾ音源を作る(1) ハイレゾ化する音源:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

アナログレコードも100枚以上持っているのだが、いずれも高音質盤ということで、ハイレゾでキャプチャーし、FLAC形式に変換する環境を整えたことは、既に書いたが、2枚ほど作業を行ったっきり、あまり進んでいない。
アナログのデジタル化は、それ自体は環境さえ整えられれば難しいところはないのだが、後から、曲を分割したり、それぞれにタグを付けたりという作業が物凄く面倒なのだ。

続きを読む


洋楽はAmazon.comでCDのまとめ買いがお得 [音楽]

CDの売り上げが落ち、音楽配信での楽曲購入や、聴き放題サービスが伸びている現状で、私自身は、いまだにCDを買うことが多い。
もちろん、音楽配信でしかリリースされていない楽曲は、配信で購入するしかないし、CDが発売されていても、邦楽は配信の方が安いケースが多いので、やっぱり配信で購入してしまう。

ところが、私は邦楽より洋楽の方が聴く割合が多いのだが、洋楽に関しては、必ずしも邦楽と状況は同じではない。

音源配信の場合は、例えば、日本から米国のAmazon.comでは購入ができない。Amazonとしては、日本のAmazon.co.jpから購入して欲しいから、これは当然ではある。
国内の音源配信は、どこも価格は横並びなので、どこで買っても基本的に値段はほとんど変わらない。消費税の扱いや、ポイント制度で多少違ってくる程度だ。

ところが、CDに関しては、まったく事情が違う。

まず、洋楽の場合、日本では発売されないCDも多いが、米国では手に入るCDが非常に多いのだ。

それに、日本では、CDは再販制度に守られ、基本、どこで買っても同じ値段だが、米国では再販制度がないため、お店が自由に価格を付けられる。
そして、CDであれば、日本までの送料は掛かるが、自由にAmazon.comなどの外国ショッピングサイトで、日本からも購入ができるのだ。

Amazon.com: CDs & Vinyl

実際、Amazon.comで買いたい洋楽CDを検索すると、まず、Amazon.com自体が販売する洋楽CDの価格は、確実に、日本版より安い。特に、新版の売れ筋は、Amazon.comが一番安いことが多く、日本の輸入ショップではほとんど太刀打ちできない。

さらには、マーケットプレイスで、たくさんの新品・中古CDショップがあり、そうしたお店が、Amazon.comより格段に安い価格で、同じCDを販売しているケースが多い。
特に、少し前で売れなくなったCDや、元々売れていないCDなんかは、激安になっていて、5ドル程度で買えることも多い。

続きを読む


喜多嶋修のアルバム「竜王」が今何故か話題に [音楽]

和楽器を使った洋楽の原点:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、このブログで、和楽器フュージョンの重要な元祖として、喜多嶋修のアルバム「竜王(Dragon King)」について、取り上げたことがあった。
でも、私の周りでも誰も知らないし、ブログ記事にも反響がなく寂しかったのだが、最近ちょっと嬉しい発見が。


海外「和風フュージョン最高!」 日本の音楽プロデューサー喜多嶋修氏のアルバム「竜王」が外国人の間で絶賛 海外の反応|海外まとめネット | 海外の反応まとめブログ

私もご紹介したアルバム「竜王(Dragon King)」についての、日本語翻訳まとめを発見したのだ。

Osamu Kitajima - Dragon King [Japanese folk-jazz fusion] (1981) : listentothis

こちらが元の掲示板だが、最近、外国人の間でちょっとした話題になっているらしいのだ。

続きを読む


「かまやつひろし」さんの訃報 [音楽]

ムッシュかまやつさん死去、78歳 スパイダース元メンバー 「我が良き友よ」(1/2ページ) - 産経ニュース

記事を書くのが遅くなってしまったが、元々、ザ・スパイダースのメンバーで、ギタリストとしてデビューした「ムッシュかまやつ」こと、かまやつひろしさんが、3月1日に亡くなったそうだ。

享年78歳だったという。

歌手の森山良子さんとは、いとこ同士なのは有名だが、結構知らない人も多いみたい。


ザ・スパイダース時代では、かまやつさんの曲というと「バン・バン・バン」が有名。
ナンセンスな歌詞を、ノリのいいロックンロールのリズムに乗せた傑作だが、伊集院の言う「アレコード」的な雰囲気もある。
今改めて聞くと、甲本ヒロトなんかも、この曲の自由さに、随分影響受けているんじゃないだろうか。

・・・と思ってググったら、実際、交流もあり、 ヒロトは、THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつの「なればいい」という曲にもブルースハープで参加したこともあるみたい。

【対談】THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ「やりたいことはいつでもできる。好きなんだから。一番大事なのは、やり続けるってこと」 | THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ | BARKS音楽ニュース

しかも、上のTHE BOHEMIANSとの対談では、かまやつさんが、何十歳も年下の甲本ヒロトのことを「ヒロトさん」と敬称で呼んでいて、尊敬の念を語っている。
なんて人だ!」目頭が熱くなるな。

続きを読む


ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ」の訃報 [音楽]

米ジャズ歌手 アル・ジャロウ氏が死去 | NHKニュース

全然ニュースに気づいていなかったが、2017年2月12日(日)、ジャズシンガーの巨星「アル・ジャロウ(Al Jarreau)」が亡くなっていたことが分かった。

享年76歳。2010年に呼吸器系の病気で入院し危篤と伝えられたが、順調に回復し、その年の9月には来日し公演も行った。
この5日前には、疲労を理由にツアーからの引退することを発表たばかりだったというから、本人はまさか亡くなるとは思っていなかっただろうに。
突然のことだったのだろう。

アル・ジャロウ - Wikipedia

「アル・ジャロウ」というえば、1975年にレコードデビューし、1978年に名アルバム「Look to the Rainbow」が、1979年には「All Fly Home」がグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞し、ジャズ界以外でも広く知られるようになった。

私が、FM雑誌などで、彼のことを知ったのも、この頃だと思うが、リアルタイムで曲は聴いていない。

その後、グラミー賞を7度受賞したが、ジャズ以外にも、ポップス、リズム&ブルースの、異なる3つのジャンルでグラミー賞を受賞した最初の歌手なのだそうだ。



軽やかで透明感のある声と、「スキャット」でのソロパートのうまさには定評があり、「We're In This Love Together(邦題:奏でる愛)」や「Moonlighting」「Mornin'」などのスマッシュヒットもあった。

声質は、今人気のミュージシャンでいえば、ファレル・ウィリアムスが近いかな。最初にファレル・ウィリアムスの曲を聞いたときに、軽快な曲調といい、てっきりアル・ジャロウの新曲かと勘違いしたほど。

続きを読む