So-net無料ブログ作成

トム・ペティの突然の訃報・66歳かよ・・・ [音楽]

トム・ペティさん死去、66歳 米ロック歌手、心肺停止から戻らず

ロックミュージシャンのトム・ペティが、自宅で心臓発作を起こし、10月2日未明、カリフォルニア州サンタモニカの病院で亡くなったそうだ。
66歳だったそうで、ドラッグに溺れるような人ではなかったし、直前まで音楽活動をしていただけに、まだ信じられない気持ちだ。
救いは、家族やバンドメンバーに見守られながら、安らかに息を引き取ったことだろうか。

トムペティは、1950年、フロリダ州生まれだっそうで、1976年に「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を結成し、1979年のアルバム「破壊(Damn the Torpedoes)」が、全米2位の大ヒットを記録し、一躍スターダムに。

私が、彼らの曲を聞いたのも、この頃が最初だった。


シングルカットされた「危険な噂(Don't Do Me Like That)」がスマッシュヒットし、日本でもよく掛かっていたが、シンプルでストレートなアメリカンロックという印象だった。


1981年には、フリートウッドマックのスティーヴィー・ニックスのために、盟友マイク・キャンベルと共作し、ギターやコーラスも担当している「嘆きの天使(Stop Draggin' My Heart Around)」が、全米3位を記録。
トムペティの作った曲としては、最大のヒットとなった。

そして、私が一番よく聴いたアルバムが、1982年発売の「ロング・アフター・ダーク(Long After Dark)」で、こちらも全米9位の大ヒット。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォルター・ベッカーの訃報にショック! [音楽]

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンの影響を受けたアーティストって?

2017年9月8日(金)の「ジェーン・スー生活は踊る」内の「高橋芳朗のミュージックプレゼント」を聴いて、ウォルター・ベッカーが、亡くなったことを知った。
最近、あまり大物ミュージシャンの訃報を聞かなかったもので、個人的には久々の大ショックだったな。

ただ、その日の高橋氏のミュージックプレゼントは、ウォルター・ベッカー本人というよりは、彼がメンバーだったスティーリー・ダンの特集になっていて、そこに亡くなったウォルター・ベッカーがどう絡んでいたのかが全く語られず、個人的には少々不満が残る放送回だった。

そこで、遅まきながら、このブログでは、ウォルター・ベッカー自身についてもう少し深掘りしてみたい。

【訃報】世界的ミュージシャンのウォルター・ベッカーさんが死去 / 享年67歳 | ロケットニュース24

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり (rockinon.com) - Yahoo!ニュース

ウォルター・ベッカーが亡くなったのは、2017年9月3日で、67歳だったという。死因・死亡場所など詳しい状況は不明。
2017年7月に行われたスティーリー・ダンとしてのフェスティバル出演に、ウォルターは体調不良で参加できず、ドナルド・フェイゲンはその後、Bilboard誌で「ウォルターは手術から回復しているところで、近いうちには元気になるはずだよ」と語っていたらしいので、その頃から病状は思わしくなかったのだろう。

ウォルター・ベッカーというと、ドナルド・フェイゲンとのユニット「スティーリー・ダン」のギタリスト(初期はベースも)だった。


「スティーリー・ダン」は1972年の「キャント・バイ・ア・スリル」でアルバム・デビューを飾り、最初はバンド形態であったが、「プレッツェル・ロジック」の頃からメンバー以外のセッション・ミュージシャンを積極的に利用するようになり、1975年の「うそつきケイティ」製作の頃には、ウォルターとドナルドの二人のユニットという形に落ち着いた。


そして、「幻想の摩天楼」「彩(エイジャ)」「ガウチョ」と高い評価を得たアルバムをリリースし続ける一方、80年代に入るとウォルターは薬物に依存し始め、訴訟問題も抱えて、「ガウチョ」リリース後に「スティーリー・ダン」を解散せざるを得なくなった。


そして、解散後に、ドナルド・フェイゲンが発表した初のソロ・アルバム「ナイトフライ」(1982年)は、グラミーでも「アルバム・オブ・ジ・イヤー」を含む4部門を受賞するなど、高い評価を得ることとなった。

このアルバムの衝撃は大きく、当時、「ナイトフライ」を聞いた人間は、そのあまりに高いクオリティに、スティーリー・ダン=ドナルド・フェイゲンとしか思えず、表舞台から消えたウォルター・ベッカーは、スティーリー・ダンにおいて何もしていないかのような目で見られていた時期があった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デアゴスティーニ「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」 [音楽]

マニアックなテーマの分冊百科と呼ばれる出版形態で有名なデアゴスティーニに、久々にびっくりさせられた。

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円 - ITmedia LifeStyle

デアゴスティーニ・ジャパンが、隔週刊「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」を8月29日から全国の書店および同社サイトで発売するそうだ。

ザ・ビートルズがこれまでリリースしてきたアルバム全23作品のLPレコードが、コンプリートできる分冊百科だそうだ。

これまで、こうした分冊百科で毎号CDやDVDが付いてくるのは、非常に多いが、LPレコードが付いてくるというのは初めての試みだろう。

人気復活のアナログレコード、市場規模は1千億円到達へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

最近アナログレコードが復活しつつあるとは聞いていたが、こういう商品企画が成立する程、復活しているとは思わなかったな。

また、こうした商品企画の端緒として、まずビートルズを選択するというのは、無難なところ。
アナログレコードの良さの一つとして、ジャケットアートが挙げられるが、オリジナルジャケットを再現するようで、それだけでも嬉しい人たち(主にお年寄りだが)は多いだろう。

ts_beatles01.jpg

ただ、公式ページの写真を見ると、ジャケットに余計なプリントが追加されている気も。こういうのは誰も喜ばないので、やめて欲しかったな。やるなら、帯でやればいいのに(それもと、シールなのか?)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD音源のリッピングし直し [音楽]

私は、昔から、結構好きな音楽はCD/レコードを買う人間で、それは最近でもあまり変わらない。

ひとつには、特に、洋楽に関しては、Amazon.comなどで輸入盤CDを直輸入してまとめて買うと、デジタル音源を買うより安いことも多いからだ。

買ったCDはかなりの数は処分したものの、それでも手元にまだ数千枚のオーダーで持っている。

それらのCDは、すでに一度MP3にリッピッグして、iPod Classicやウォークマンで聴けるようにした。
ただ、昔のデータは、当時のHDD容量もまだ大きくなかったため、128kbpsのMP3でエンコードしていたが、今やそんな程度の容量節約は意味がない。

そこで、手元にあるCDを、徐々に256Kbsp・VBRのMP3形式と、無劣化圧縮のFLAC形式でエンコードし直し始めている。
1960年代のポピュラー音源だと、128kbpsでも十分に思えるが、それ以降だと、256kbsにすると明らかに変化が分かる音源も多いので、すべてエンコードし直そうと思って始めている。

また、当然ながら、新たに手に入れたCDは、最初から、この2つの形式でリッピングしてNASに保管している。

ハイレゾ音源を作る(1) ハイレゾ化する音源:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

アナログレコードも100枚以上持っているのだが、いずれも高音質盤ということで、ハイレゾでキャプチャーし、FLAC形式に変換する環境を整えたことは、既に書いたが、2枚ほど作業を行ったっきり、あまり進んでいない。
アナログのデジタル化は、それ自体は環境さえ整えられれば難しいところはないのだが、後から、曲を分割したり、それぞれにタグを付けたりという作業が物凄く面倒なのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

洋楽はAmazon.comでCDのまとめ買いがお得 [音楽]

CDの売り上げが落ち、音楽配信での楽曲購入や、聴き放題サービスが伸びている現状で、私自身は、いまだにCDを買うことが多い。
もちろん、音楽配信でしかリリースされていない楽曲は、配信で購入するしかないし、CDが発売されていても、邦楽は配信の方が安いケースが多いので、やっぱり配信で購入してしまう。

ところが、私は邦楽より洋楽の方が聴く割合が多いのだが、洋楽に関しては、必ずしも邦楽と状況は同じではない。

音源配信の場合は、例えば、日本から米国のAmazon.comでは購入ができない。Amazonとしては、日本のAmazon.co.jpから購入して欲しいから、これは当然ではある。
国内の音源配信は、どこも価格は横並びなので、どこで買っても基本的に値段はほとんど変わらない。消費税の扱いや、ポイント制度で多少違ってくる程度だ。

ところが、CDに関しては、まったく事情が違う。

まず、洋楽の場合、日本では発売されないCDも多いが、米国では手に入るCDが非常に多いのだ。

それに、日本では、CDは再販制度に守られ、基本、どこで買っても同じ値段だが、米国では再販制度がないため、お店が自由に価格を付けられる。
そして、CDであれば、日本までの送料は掛かるが、自由にAmazon.comなどの外国のショッピングサイトで、日本からも購入ができるのだ。

Amazon.com: CDs & Vinyl

実際、Amazon.comで買いたい洋楽CDを検索すると、まず、Amazon.com自体が販売する洋楽CDの価格は、確実に、日本版より安い。特に、新版の売れ筋は、Amazon.comが一番安いことが多く、日本の輸入盤ショップではほとんど太刀打ちできない。

さらには、マーケットプレイスで、たくさんの新品・中古CDショップがあり、そうしたお店が、Amazon.comより格段に安い価格で、同じCDを販売しているケースが多い。
特に、少し前で売れなくなったCDや、元々売れていないCDなんかは、激安になっていて、5ドル程度で買えることも多い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感