So-net無料ブログ作成
検索選択

サービス ブログトップ

Amazon Prime会員特典の日米の差 [サービス]

日本のAmazonプライム会員に入って2か月以上経つ。
よく使っている特典から、まだ一度も使っていない特典まで様々だが、月額料金の価値は十分感じているので、今後も継続するつもり。

日米のAmazonのPrime会員特典を比較した : ブルース小林とiMacのブログ

ところで、日米のAmazonのPrime会員特典を比較した記事を見て、あまりに違いがあるので、ちょっと調べてみた。

1.ショッピング
・送料が無料になるのは、日米でそれほど変わらないのだが、その対象となる家族会員の制限が、日本だと最大2人なのが、米国だと最大4人と多い。

商品が届く速さは、日本の方が優秀みたいだが、それはAmazonというよりはヤマト運輸が優秀なだけだろう。

2.プライムビデオ
・日本より米国の方が、無料で見られるコンテンツの数が明らかに多い。
・プライム会員限定で、月額5ドルのアニメ専門チャンネル「Anime Strike」が用意されている。
・高性能で低価格な新型動画端末「Fire TV Stick」は、日本では未だに未発売で、日本では旧型が値下げもせず売られている状態が続く。

「Fire TV Stick」に関しては、日本は在庫処分の場かよ!と言いたくなるな。

3.電子書籍
・日本だと、Kindleオーナー ライブラリーで、Kindleで毎月1冊無料で本が読める特典があるが、米国だと、「Prime Reading」という約1,000作品以上の電子書籍・雑誌などが読み放題になる特典がある。
・さらに、「Kindle First」という、毎月の新刊4冊から1冊を無料でダウンロードできる特典もある。

この特典の差は大き過ぎるだろ!

4.クレジットカード
還元率5%のクレジットカード「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」をAmazonがプライム会員向けにリリース - GIGAZINE

primecard.jpg

さらには、最近、プライム会員向けに提供し始めた「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」というクレジットカードの特典が、凄いのだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「図書カード」に代わって「図書カードNEXT」を発行開始! [サービス]

「図書カードNEXT」6月1日より発行、QRコードでサーバー残高を照会 -INTERNET Watch

日本図書普及株式会社は、6月1日より「図書カードNEXT」を発行する。従来の「図書カード」の発行は6月で終了となる。

20150716061437.jpg

「図書カードNEXT」は、複製防止用に特殊加工されたカード裏面のQRコードを専用端末で読み取り、サーバーにインターネット経由で接続して、管理されているカード残高を照会する仕組みとのこと。

従来の「図書カード」が、カードに磁気記録で残高を管理し、穴の位置でおおよその残高が分かる仕組みだったのに対し、「図書カードNEXT」は、サーバで残高や、使用金額、利用店舗など管理し、利用者は、Webサイトでそれらの情報を確認することができるようになるそうだ。

カード自体の材質も、磁気ベルト付きのPET素材から、コーティングされた単なる紙素材になり、リサイクル性も向上していると思われる。

なお、Webサイトで利用情報を見るためには、カード裏面に記載されたID番号とPIN番号を入力する必要があるそうだ。

発行されるカードは、ピーターラビットシリーズと東山魁夷シリーズの500円、1000円、3000円、5000円の各4種類と、富士山シリーズの1000円、2000円の計10種類で、従来の「図書カード」同様、オリジナルカードの製作も可能だそうだ。

なお、発行を終了する従来の「図書カード」は、今後もそのまま利用は可能で、有効期限も無期限とのこと。その一方で、「図書カードNEXT」の有効期限は、約10年となる。
サーバでの管理上仕方ないとはいえ、お金を前払いしたプリペイドカードが、10年で突如無効になるというのは、違和感を感じる部分だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
サービス ブログトップ