So-net無料ブログ作成

「いしいひさいち」というレジェンド [本]

朝日新聞連載の「ののちゃん」や「がんばれ!!タブチくん!!」などで知られる漫画家いしいひさいちを、全く知らない人はいないだろう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

総特集いしいひさいち増補新版
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)


いしいひさいち特集ムック、描き下ろしマンガや未収録長編加え増補改訂版に | マイナビニュース

そのいしいひさいちが、デビュー40周年だそうで、それを記念して、2012年に河出書房新社から出たいしいひさいちの特集ムック本が、増補改訂され、「いしいひさいち〈増補新版〉新仁義なきお笑い」として発売された。
価格は税込み1,404円だ。

22ページにも「でっちあげインタビュー」や、「ゴキブリ新聞」「ゲームセット」などの単行本未収録作品も収録。
あずまきよひこ、いがらしみきお、吉田戦車らの寄稿マンガに、宮部みゆき、戸川安宣、村上知彦、木皿泉らの寄稿エッセイ、大友克洋のインタビューなど、内容も盛りだくさんで、しかも寄稿者が熱い!

さらに、今回の改訂版では、戦場を舞台にした描き下ろしの悲喜劇「ガラクタの世紀」や、単行本未収録の長編「元気なき戦い」が新たに収録され、「元気なき戦い」には原作者・峯正澄の解説があり、べつやくれいによるマンガと、木皿泉のエッセイも追加された。
新企画として、藤原先生の適当すぎる名言を集めた「藤原先生かく語りき」も追加されているので、ファンならば、旧版を持っていても、十分買う価値ありだろう。

いしいひさいちは、1951年9月2日生まれで、もう64歳だそうだ。

1970年に関西大学に進学し、在学中に関西ローカルのアルバイト情報誌「日刊アルバイト情報」にて4コマ漫画「oh!バイトくん」を描き始め、非常にローカルではあるが、鮮烈デビュー。
今は、発行元の編集プロダクション「チャンネルゼロ」の監査役でもあるそうだ。

続きを読む


ジェーン・スー新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」入手 [本]


重版出来がかかってホッとしているジェーン・スーの新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」だが、楽天ブックスで買ったのが、今日家に届いていた。

帰宅後、読み始めようとしたら、奥さんが挟んだしおりは既に終盤に差し掛かっており、ちょっとイラっとする(笑)


寝る前に1時間ほど読んだだけだが、相変わらず「例え」の巧みさが光り、面白い。

基本、女性が共感を持って読む本だとは思うが、男にとっても、客観的に、女性の生態を知る上役立つ本だとは思う。

これを読んでいると、私の奥さんのまとった「甲冑」は比較的少ない方かもしれないな、と感じた。
というか、結婚、出産、子育てを経て、随分「甲冑」を脱ぎ捨ててしまった、というのが本当のところかも。

それをあらかた脱ぎ捨ててしまった姿がいわゆる「オバサン」であり、でも、それは、とても身軽な生き方なのかもしれないなとも思う。

続きを読む


ジェーン・スー出版関連情報から [本]


発売前から先読み ジェーン・スー『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』5月28日刊行記念 - 本の話WEB

5月28日に発売されるジェーン・スーさんの新刊「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」だが、まだ発売前なのに、上記サイトで一部を読むことができる。
しかも、よくある電子書籍の「お試し版」の域を超えた長さで、かなり読みごたえがある。

そして、前書きから、相変わらず、例え話の切れ味が鋭いな。
この人の文章は、俯瞰的で、男の立場でも楽しめるので、興味を持った方は、書店かAmazonへ!


「状況が悪いことが、ある意味チャンス」 明日どうなるかわからない時代の生き方 - ログミー

田中俊之氏の新刊「男が働かない、いいじゃないか!」の発売を記念して、スーさんとのトークイベントが開催されたが、こちらにその内容の一部が掲載された。

もう一つ。

続きを読む


2016年春のラジオ関係出版物情報 [本]

ラジオ局やラジオ番組を特集した雑誌は、これまでもいくつかあるが、定期的に刊行されているラジオ関係の雑誌、ムック本って、結局この4つぐらいしかないみたい。


三才ブックスでは、月刊「ラジオライフ」が有名だが、この雑誌、実際にはラジオ放送に関する記事が載るのは稀で、ラジオの専門誌というと、毎年春と秋から出ている「ラジオ番組表」ということになる。
2016年春号は、4月27日に、1,080円で発売予定だ。
各ラジオ局の番組表や、番組改編情報が網羅されていて、地味だが貴重なムック本だが、いつも刊行時期が遅いのが不満。

もっとも、刊行が遅いのは、全く出版社には責任がなく、ラジオ局のせいだ。
各ラジオ局の番組改編情報の発表が余りに遅く、3月下旬にならないと全貌が明らかにならないことが一番の原因だからだ。
こうしたダラダラ感が、ますますラジオをダメにしている気がするのだけどね。


ラジオマニア2015 | 三才ブックス

三才ブックスからは、もう一つ「ラジオマニア」というムック本が、毎年7月前後に刊行される。
こちらは、国内のラジオ局やラジオ番組の記事もあるが、海外ラジオ局や、インターネットラジオ局、さらに、海外放送を聞くためのラジオなどが記事の中心で、幅広いラジオの総合誌となっている。
2016年版の刊行はまだ未定だが、また内容が発表されたら、随時ご紹介したい。

続きを読む


「このマンガがすごい!2016」&「このミステリーがすごい!2016」 [本]

宝島社の「このマンガがすごい!2016」と「このミステリーがすごい!2016」、この2冊のムック本を書店で見かけると、もう年の瀬だなと感じてしまう。

先日、本屋で見かけたので、つい手に取って、ぱらぱらと見てしまった(申し訳ないが、ポイントが余っているので、Amazonで買った)。


【海外の反応】 『このマンガがすごい!2016』が発表!海外勢も納得の結果に | おたやく!- 海外の反応

「このマンガがすごい!2016」は、520円(税抜)。

ランキングは、オトコ編とオンナ編で分けて紹介されているのが特徴。

本年度のオトコ編の第1位は、九井諒子「ダンジョン飯」。

私はまだ読んでいないが、面白いという噂はよく聞くな。
KADOKAWA「ハルタ」で連載中で、ダンジョンで色々なモンスターを倒す主人公が、モンスターを調理して食べるという、今までになかった世界観が注目されているそうだ。

オンナ編の第1位には、ふじた「ヲタクに恋は難しい」が選ばれた。

こちらは全く知らないが、「comic POOL」にて連載中で、オタクで腐女子の主人公のラブコメディーとのこと。

続きを読む