So-net無料ブログ作成

テレビ朝日「笑×演(わらえん)」が面白い [テレビ]

main.png

笑×演 | テレビ朝日

「笑×演(わらえん)」という番組が面白くて、毎週予約録画して見ている。

芸人×役者、新しいネタ番組誕生 ノンスタ石田、バイきんぐ小峠らが参加 | ORICON NEWS

この番組、テレビ朝日で、2017年1月6日と3月30日にパイロット番組として放送され、それが好評で、特番として放送され好評で、2017年4月6日からレギュラー化され、毎週木曜 0:15~1:15(水曜深夜)に放送されている。

笑×演 - Wikipedia

この番組は、「芸人が書いたネタ台本」を「役者が演じる」という、これまでになった企画の新番組だ。

司会進行は、バカリズムと、山崎弘也(アンタッチャブル)。

この番組が成功している理由は、まず役者が、中尾明慶、蟹江一平といった比較的若手から、小沢仁志、寺田農といった、全くお笑いとは無縁に見えるベテランまで、多彩な人たちが起用されていて、真剣に取り組んでいること。

そして、そうした役者さんに対し、芸人も役者に向けたネタをしっかり作り込んでいて、結果として、面白いネタがいくつも誕生している。

中でも、この番組で素晴らしい才能を発揮しているのが、岩井勇気(ハライチ)だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NHK総合の特番「新春TV放談2018」が今年も面白かった [テレビ]

S01-001_15143892829739.small.jpg

新春TV放談2018 - NHK

放送局の垣根を越え、今のテレビをぶった斬る討論番組「新春TV放談2018」が、今年も1月2日の午後10時55分~ 午前0時15分に放送されたが、先週末にようやく録画を見終えることができた。

今年のパネリストは、テリー伊藤、ヒャダイン、カンニング竹山、藤田晋、高橋真麻、品田英雄、伊藤隆行、小田玲奈という顔ぶれ。
司会は、今年も千原ジュニアと、首藤奈知子アナ。

今年の顔ぶれの最大の目玉は、ネット動画配信「AmebaTV」を運営するサイバーエージェント社長の藤田氏の参加だろう。
さらに、日テレのドラマプロデューサーの小田氏、テレビ東京プロデューサーの伊藤氏が加わり、日経エンタテインメント!の品田氏が基礎となる情報をサポートするという体制。

そして、ほぼレギュラーのヒャダインが、的確なまとめ意見で場を締めるというのが、ここ数年の相場となっている。

2017年の人気ドラマランキングを皮切りに、シリーズものばかりが人気で新しい企画が出しにくい現状について語られ、人気バラエティラインキングでは、伊藤氏がプロデュースした「池の水ぜんぶ抜く」というかつてない大胆な企画の誕生秘話が語られる。
その一方で、「めちゃイケ」などの長寿番組の終了を憂う声も。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「TOKYO MX」が好調な理由を分析する(2) [テレビ]

TOKYO-MX-NEWS.jpg

『5時に夢中!』Pの大川貴史さん「予算の7割が出演者のギャラ、セットは100均」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

コアなファンの人気を集めたアニメ番組と並行して、人気を集め始めたのが、制作経験1年のADから29歳で抜擢された大川貴史プロデューサーが生み出した「5時夢中!」だ。

マツコデラックス、岩井志麻子、中瀬ゆかり、岡本夏生など、当時、タダ同然のギャラで出てくれる面白い人材を次々と発掘し、過激な発言がネットなどで話題を呼んだ。

大川氏が書いた本「視聴率ゼロ!-弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦-」によれば、番組予算がないので、予算の7割を出演者のギャラに回し、外注すると馬鹿高いパネル類もほとんどパソコンで自作し、番組セットも100均で揃えて飾り付けたという。

東京ローカル番組なのに、今や、関西のサンテレビ、KBSなどでネットされるまでになっており、これは大したことだ。
また、濃い笑いが好きな関西でも、この番組がウケるというのは、よく分かるな。

元気な会社「TOKYO MX」、大人気『5時に夢中!』『バラいろダンディ』は収録スタジオもスゴい! - AOLニュース 

そして、こうした生の帯番組は、「バラいろダンディ」「モーニングCROSS」「ひるキュン!」へと広がり、いずれもが、低予算ながら起用する出演者の抜擢が見事で、他局にない魅力を持っている。

面白いのは、これらの生の帯番組は、現在、すべて本社1階のスタジオで行われているらしいこと。
というか、「TOKYO MX」って、自社スタジオって、これしかないみたい。
だから、毎日、朝から晩まで、これらの番組ごとにセットを変更して使いまわしているというから、スタッフは大変だな。

人気フリー美女アナが行列を作る「TOKYO MX」の秘密を総直撃!(1)名物Pは「天才的ど素人」 | アサ芸プラス

ところで、「TOKYO MX」の売上高は2011年以降ずっと右肩上がりで好調な中、2014年には、敢えて経常利益を減らして、番組制作に廻すという大胆な予算配分を行っており、それ以降は再び増収増益を維持している。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「TOKYO MX」が好調な理由を分析する(1) [テレビ]

テレビ東京「逆向き列車スペシャル」:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

テレビ東京が六本木・再開発地区に引っ越し:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

テレビ東京が、他のキー局にない番組作りで成功し、業績もどんどん良くなっていることは、以前にもこのブログで取り上げたことがある。
私自身、アイデアが斬新で好きなバラエティ番組や、日経の取材力を活かしたドキュメンタリー番組などをよく見ていて、おそらく録画してじっくり見ている時間は、一番長い局かもしれない。

TOKYO-MX-NEWS.jpg

一方、東京ローカル局「TOKYO MX」も、低予算ながらキー局ではありえない番組作りと、あり得ない発言で話題を呼んではいるが、どの程度好調なのかは、外からは見えにくい。

テレビ東京の番組は、人気番組の視聴率がランクインしていることで、その人気の度合いも実感できるが、「TOKYO MX」の番組の視聴率は、ビデオリサーチ上は「その他」扱いで見えてこないため、本当にどの程度人気なのかは数字では見えない。
そもそも、公式の放送免許エリアが東京だけなので、関東全域をサービスエリアである民放キー局とは視聴率のベースとなる人口が全く違うから、比較のしようがないのも確かだ。

MX、4期連続の過去最高益を達成 : 長谷川豊 公式コラム 『本気論 本音論』

もちろん、表には出てこないが、社内ではしっかりした視聴率のデータは持っているらしく、こちらのコラムを読むと、「5時夢中!」について言えば、東京エリアに限れば、2~3番手の視聴者数を稼いでいるらしいから、大したものだ。

MTW201512171313300018728.jpg

さらに、別の観点で見ると、「TOKYO MX」の予算規模はキー局に比べれば一ケタ小さいものの、公式サイトの資料によれば業績は2011年以降ずっと右肩上がりで、好調が続いていることが分かる。
では、その好調の理由は何だろうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビ朝日「イッテンモノ」がレギュラー化 [テレビ]

section-0001-0001.jpg

イッテンモノ|テレビ朝日

テレビ朝日で「イッテンモノ」という新番組が、2017年8月26日(土曜深夜0:30~1:00)よりスタートした。

この番組、ちまたで注目を集めているゲストを迎え、トークする中で引き出したキーワードから、ゲストのために、その場(しかも時間は10分のみ)でオーダーメイドの「イッテンモノ漫才」を作るという番組企画だ。

この番組、実はレギュラー化の前に、4回のパイロット版が放送されており、初回のレギュラー漫才師は、千鳥(大悟・ノブ)、サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)、三四郎(小宮浩信・相田周二)の三組で、どの回もとても面白かったので、これはレギュラー化される気がした。

パイロット番組は、その後、千鳥(大悟・ノブ)のみレギュラー固定で、それ以外は、NON STYLE(石田明・井上裕介)、ハライチ(岩井勇気・澤部佑)、アルコ&ピース、ミキなどが出演しており、最終的なレギュラーはどうなりかと思ったが、最終的には、千鳥とサンドウィッチマンがレギュラーで出演し、それ以外に2組のお笑いコンビが出演する形となったようだ。

イッテンモノ! - Wikipedia

パイロット版では、どうしてもゲストの希望が、サンドの二人に集中してしまうことになり、実際それが面白かったのだが、サンド以外が面白くないかというと、そうでもなかったので、この番組が続けられる気がした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感