So-net無料ブログ作成

ラジオ ブログトップ
前の5件 | -

久々に西川さとりアナの声を聴く [ラジオ]

images.jpg

4月1日から、FM福岡のアナウンサーに復帰した西川さとりさんだが、さすがにまだレギュラー番組はないのかな、と思いつつ調べたら、

dj_222.jpg

DJ・パーソナリティ紹介|FM FUKUOKA

既に、「TREASURE TIMES」「パワープレイ」の2番組を担当していることが判明。
早速、radikoのタイムフリー&エリアフリーという文明の利器を活用し、聴いてみた。

パワープレイ |FM FUKUOKA

「POWER PLAY」の方は、毎日28:55~29:00、20:55~21:00に放送されており、FM FUKUOKA今月のパワープレイ曲をご紹介する番組。
単に曲を紹介するだけなので、わざわざ聴くほどのものではない。

TREASURE TIMES | 株式会社エフエム福岡 | radioinfo.radiko.jp ラジオウェブ

一方、「TREASURE TIMES」は、アーティストのお宝話を聞き、語ってもらうという番組。
時間も25分あるため、最初と最後にフリートークもある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラジオ日本開局60周年を記念し、ロゴを刷新 [ラジオ]

index.gif

AM1422kHz ラジオ日本 - トピックス

1958年(昭和33年)12月24日に、横浜に開局したラジオ日本(当時:ラジオ関東)が、今年で開局60周年を迎えるそうで、それを記念し、ロゴを刷新したそうだ。

なんだか、何かに似ているなぁ、と思ったら、新しいロゴは日本テレビのグループ会社として、日テレと同じ字体で構成され、視認性が高くシンプルながら力強いカタカナと漢字をベースとしたデザインなんだという。

ラジオ日本が、日本テレビのグループ会社だなんて全く知らなかったな。

アール・エフ・ラジオ日本 - Wikipedia

調べてみたら、長期にわたる聴取率低迷と経営の混乱から、日本テレビの資本参加を受け事実上傘下に入ったのは、2011年だというから、結構最近のことだな。

rogo.jpg

そこの頃から、日本テレビのキャラクターである「ダベア」を、ラジオ風にデザインしたものを使っているそうだ。

その割に、ラジオ日本に、日本テレビアナウンサーが出演したりした記憶はないし、日本テレビの経営資源を利用して、ラジオ日本の番組が変わった!という印象もあまりないので、結びつきとしては割と弱いのかもしれない。
【追記】コメントによれば、日テレのアナウンサーが出ていたりもするそうです。失礼しました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表に [ラジオ]

vr.png

ビデオリサーチ社が、2018年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果を発表し、それに伴い、各ラジオ局からもそれに関する発表が相次いだ。

2018年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

まずは、首都圏全体のデータを、ビデオリサーチの発表から拾ってみると、全局個人聴取率(SIU) (6時~24時)は、前回2月と同じ5.2%で、変わらず。

ただ、年齢別のデータを細かく見てゆくと、35歳以上の聴取率は変わっていないのに、12-19才が、1.2%から0.9%に激減し、20-34才も、2.5%から2.4%に減少していることが目につく。

若年層の絶対的数が小さいのと、聴取率の有効桁数が二けたと粗いので、全体の個人聴取率にまでは影響を与えていないのかもしれないが、同じ5.2%でも、聴取者数は微減していると捉えた方がいいようだ。

さて、各局の発表はどうだろうか。

101V-389x400.jpg

おかげさまで、101期連続16年10ヶ月間個人聴取率No.1に!

まず、TBSラジオが、101期連続16年10ヶ月間、個人聴取率No.1であることをいち早く発表。
個人聴取率は、週平均に加え、平日、土曜の各平均も1位とのことで、0.9%と、2月よりも0.1%アップ。2位はJ-WAVEで0.8%、3位はニッポン放送で0.6%だそうで、J-WAVE、ニッポン放送共に、前回と聴取率は変わらず、TBSラジオだけが聴取率を改善し、J-WAVEとの同一首位から再び単独首位に返り咲いた。

最高聴取率ランキング(15分単位)トップ10も発表され、TBSラジオは8番組がランクインした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

困った、聴きたいラジオを全部聞けないぞ [ラジオ]

4月の番組改編後、最初は頑張って新番組を聞いていたのだが、とてもではないが全部を聞く時間がないので、何をどのぐらい聞くのか、優先順位も含めて、再検討せざるを得ない状況となっている。

原因としては、新番組「アフター6ジャンクション」が毎日3時間増え、「生活は踊る」も蝮さんのコーナーがなくなり、実質的なトーク時間が増え、「たまむすび」もせっかく赤江さんが復帰したのだからと、全部聞いてしまっていたことが大きい。
結局、その他のこれまでも聴いていた番組も併せ、週末までに全部が消化できない状況となっている。

残念だが、この状況を解消するために、どの番組をどのぐらい聞くか、考え直さざるを得ないので、次のようにスケジュールを見直すことにした。

平日帯
・TBSラジオ「伊集院光とらじおと」:オープニングトークと好きなコーナー(俺の5つ星、アレコード、プレゼンと)と興味あるゲストのみを聞く
・TBSラジオ「生活は踊る」:ラジオクラウドで配信された部分のみを聞く
・TBSラジオ「たまむすび」:オープニングトークと好きなコーナー(竹ガム、おばあちゃんのつぶやき、アメリカ流れ者)のみを聞く
・TBSラジオ「アフター6ジャンクション」:オープニングトークと好きなコーナー(映画時評、新概念提示など)、好きなゲスト&ライブのみを聞く
・TBSラジオ「We Love Rugby」:ラジオクラウドで一週間分まとめて聞く
・YBSラジオ「キックス」:火曜と木曜のトーク部分のみ飛ばし聴き
・FM福岡「ラジ★ゴン」:水曜のみオープニングトークを聞く
・NHK第一「すっぴん!」:らじる☆らじるの聞き逃しサービスで、日本一早い大喜利コーナーのみを聞く
・TBSラジオ「Session-22」:時間に余裕があるときに、ラジオクラウドで、興味あるテーマ&ゲストのみ聴く
・文化放送「ゴールデンラジオ」:時間に余裕があるとき、ポッドキャストで、興味あるゲストのみまとめて聴く

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「たまむすび」「アフター6ジャンクション」の感想 [ラジオ]

TBSラジオの、2017年春の改編の目玉だった2つの帯番組「たまむすび」「アフター6ジャンクション」について、第一週を通して聴いての感想を少し。

tama_ultra_1280x720.jpg

赤江珠緒復帰の『たまむすび』、radikoストリーム数で圧倒的シェア | マイナビニュース

赤江珠緒が復帰した「たまむすび」は、初日、radikoストリーム数で圧倒的なシェアを獲得し、同時間帯1位(radiko.jp 関東1都6県ストリーム数)となったそうだ。

番組平均(13:00~15:30)は21.6%を記録し、赤江が出産時の「陣痛の痛み」について語ったオープニングトークでは瞬間最高(13:11)となる23.1%を記録したということで、みんなが待ちに待っていた様子が、数字の上でも伺える。
タイムフリーや、ラジオクラウドなども含めたアクセス数はどうなったのかも気になるな。

私は、タイムフリーで聞いたが、なんだろうこの赤江珠緒の安心感。全くブランクを感じさせないしゃべり。
1年間、話したくても話せなかったうっぷんを晴らすような怒涛の喋りで、止まらなかったな。
1年間の代役の方々も頑張ってはいたが、やっぱりこの枠は「赤江珠緒たまむすび」なんだということを、改めて思い知らされた感じ。
こりゃ、聴取率逆転、あるかもね。

「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が金曜たまむすびに移ったのも正解。蝮さんにあんな態度を取れて、笑いで済ませられるのは外山惠理だけだろう。外山惠理と玉袋筋太郎のコンビも、玉袋筋太郎がどちらかというと遠慮気味だが、まずまずのスタートだ。
蝮さんの移籍は、「生活は踊る」にも好影響を与えていて、随分トークの時間が増えて、聴きどころが増えたのはいいと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ラジオ ブログトップ