So-net無料ブログ作成
検索選択

J-WAVEでAIを使った新番組「INNOVATION WORLD」 [ラジオ]

cl_20170519142153_3444777.jpg

J-WAVEに、IBMのAI Watsonで開発されたAIアシスタント・Tommyがレギュラー出演 - AV Watch

J-WAVEで、8月25日にスタートした新番組「INNOVATION WORLD」が面白そう。
【注記】申し訳ありません。新番組ではなく、8月25日から、新企画としてAIが登場することになったということです。

「INNOVATION WORLD」は、川田十夢が番組ナビゲーターを務め、AI、IoT、AR、VR、フィンテック、ブロックチェーン、ロボティクスといったイノベーションをテーマとし、各界を代表するイノベーターがゲストとして登場。毎回様々なテクノロジーやユニークなアイディアを持ったベンチャー企業家や学生も紹介し、イノベーションを推進していくという内容だそうだ。

この番組の最大の特徴は、番組趣旨よりはむしろ、パートナーとしてIBMのAI「Watson」を使って開発されたAIアシスタントのTommyが登場し、合成音声で出演するということだ。

しかも、番組の合間に流れる英語のジングルなど、予め決まった原稿を読み上げるのはもちろんだが、それだけではなく、AIならではの新しい企画を続々実施するという。

例えば、毎回登場するゲストのSNSや、過去の取材記事、作品などのデータを収集して、ゲストの性格をAIが診断したり、今後は、様々な音楽データをAIに学習させ、その日の天候、ニュース、SNSなどに応じて最適な選曲を行なったり、SNSやネット上で盛り上がっているニュース、ワードをピックアップして今後のヒットや流行を予測するといった企画も予定されている。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤江珠緒・出産後初の「たまむすび」電話出演 [ラジオ]

067e16bf91775a46abcb065b110d235e.jpg

赤江珠緒アナ 出産後初の生声披露 赤ちゃんはひふみん似 難産2日がかり― スポニチ Sponichi Annex 芸能

2017年8月21日(月)から27日(日)までのスペシャルウィーク(聴取率調査週間)ということもあり、どこのラジオ番組も企画が盛りだくさんだが、8月22日(火)のTBSラジオ「たまむすび」には、7月26日に長女を出産した赤江珠緒さんが、電話出演した。

出産後では、メディア初登場だったみたい。

たまむすび | TBSラジオ | 2017/08/22/火 13:00-15:30

出産した翌日の7月27日(金)にも、「たまむすび」に、無事出産したことをメールを寄せていて、その後、「たまむすび」の月曜日では、お子さんの体重が3,334gだったことも明らかにしているが、この体重を聞いて、「えっ!」と思った人も多いはず。

赤江珠緒、羽鳥慎一とのプライベートメールの内容を『モーニングショー』で暴露されたと告白「赤江さん今、痔と戦ってる」 | 世界は数字で出来ている

さらには、「モーニングショー」で出産のニュースが流れた際、羽鳥慎一に、痔になったという私的メールの内容をバラされていたな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続報・2017年6月度ラジオ聴取率調査結果 [ラジオ]

2017年6月度首都圏ラジオ聴取率調査結果から:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

2017年4月度までは毎回TBSラジオからのニュースリリースが発表されており、番組の聴取率ランキングなどが公開されていたのだが、2017年6月度の聴取率調査に関しては、未だTBSラジオから何も発表がないことは、既にブログに書いた。

みんなが聴いてるラジオ番組は? - 聴取率16年トップのTBSラジオに聞いてみた | マイナビニュース

もやもやした気分だったところに、マイナビニュースがTBSラジオ取締役編成局長・古川博志氏に取材をした記事が掲載され、読んでみたら、普段のTBSラジオのニュースリリースより、さらに詳しい情報が掲載されていたので、改めてご紹介したい。

まず、記事の最後に、2017年6月度の個人聴取率局別ランキングと、ワイド番組週平均個人聴取率ランキングが掲載されていた。

個人聴取率局別ランキング
順位放送局聴取率
1位 TBSラジオ 0.9%
2位 J-WAVE 0.8%
3位 ニッポン放送 0.7%
4位 TOKYO FM 0.6%
4位 NACK5 0.6%
6位 文化放送 0.5%
6位 NHK第一 0.5%
8位 bayfm 0.4%
9位 FMヨコハマ 0.3%
10位 InterFM897 0.2%
11位 NHK-FM 0.1%
11位 ラジオ日本 0.1%
全局合計 5.6%

個人聴取率局別ランキングに関しては、今回もTBSラジオがトップを守り、16年間トップを守る結果となった。
ただ、聴取率の絶対値は、昨年度まで1%以上をキープしていたのが、4月に続いて1%を切り、じり貧から回復の兆しが見えない。
また、2位のJ-WAVE(0.8%)との差も縮まり、昨年度までのように圧倒的な差をつけての一位ではなくなった点が一番の注目点だ。
さらに、今回、2位がニッポン放送からJ-WAVEに入れ替わったのも注目。J-WAVEの春の番組改編は、大成功だったみたいだな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明石家さんま・オールナイトニッポン 特番第2弾! [ラジオ]

9a670d5080cd4c24cd5e5c964fb01be2.jpg

明石家さんまがニッポン放送に帰ってきた!29年間出演しなかった真相を語る。 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

今年4月に、明石家さんまが、29年ぶりにニッポン放送でワイド番組特番に復帰したことが話題を呼んだ。

その際、29年出なかった理由についても説明していたが、ニッポン放送から、野球中継のゲストを依頼されたが、スケジュールの都合で録音になってしまい、やむを得ず事前に収録した。しかし、実際の番組では、本人の了解のないまま、生放送に出演しているような無理矢理な編集で流されたことで、さんまがニッポン放送に対して不信感を抱き、出演を断るようになったという。
伊集院や、とんねるずなんかのケースとは、若干違うようだ。

その放送が好評だったのか、このたび、第2弾の生特番が放送されることが発表された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月度首都圏ラジオ聴取率調査結果から [ラジオ]

ビデオリサーチ 2017年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる(株式会社ビデオリサーチ プレスリリース)

2017年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

ビデオリサーチによる2017年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表された。
ビデオリサーチでは、一般にはラジオ全体の数値しか発表していないが、ラジオ全体の聴取率、接触率については、相変わらずじり貧が続いていて、回復の糸口は見えない状況みたいだ。

ラジオ聴取率過去最低水準も聴き方変化で「自由に聴く時代」

タイムフリーが、どの程度聴取率に影響しているのかはよくわからないが、もし調査に含まれないのなら、そろそろタイムフリー込みの調査をしないと、調査が実態を表さなくなっているかもよ。

ビデオリサーチの発表を受けて、各局が、聴取率に関する発表を行うのが通例だが、TBSラジオの発表がいまだにない。

聴取率16年連続No.1・TBSラジオのネット戦略 「スマホでradiko」革命と書き起こしの是非 | ORICON NEWS

ただ、こちらの記事を読むと、「96期(16年)連続No.1(6月版も含む)」とあり、最新調査でも、聴取率ナンバーワンの地位は確保した模様だ。
ちなみに、この記事、タマフルで公式に書き起こしを掲載している意図を説明していたりして、面白い。

バナナマン、冠ラジオ番組の好聴取率に沸くオードリーに挑発の寿司写真! | アサ芸プラス

また、オードリーがこれまでにない最高聴取率を叩きだしたことを、ニッポン放送の社長が発表したのに対し、裏番組のTBSのバナナマンがさらにそれを上回る聴取率だったそうで、個別には聴取率の情報が漏れ聞こえてきている。

一方、他局の発表内容を読むと、前回に比べてTBSラジオとの差はさらに縮まった印象を受ける。

J-WAVE(81.3FM)6月度聴取率調査で「M1+F1(男女20~34歳)」「M2+F2(男女35~49歳)」ほか首位を獲得!:時事ドットコム

実は、今回、聴取率に関するニュースリリースを真っ先に出したのが、J-WAVEだった。
内容的には、多くの年齢性別や属性ごとのセグメントにおいて聴取率トップだったことを根拠に、「主要ターゲット層において引き続きトップレーティングを獲得」と報じている。
今回、平均聴取率も、ニッポン放送を逆転して2位となったようで、全体的に好調であったことを伺わせる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感