So-net無料ブログ作成

「君の名は。」がお正月に地上波初放送 [映画]

20160826154856.jpg

「君の名は。」'18年1月3日に地上波初放送。新海監督「リアルタイム感を楽しんで」 - AV Watch

新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」が、来年のお正月、2018年1月3日の21:00から、テレビ朝日系24局ネットで、地上波初放送されるそうだ。

予約録画を忘れないように、忘備録を兼ねて書いておきたい。

『君の名は。』ハリウッド実写化が決定!J・J・エイブラムスがプロデュース - シネマトゥデイ

また、「君の名は。」が、ハリウッドで実写映画化されることを、東宝がを発表したそうだ。

ただ、具体的中身を見ると、現段階で明確なことは、米パラマウント・ピクチャーズと映画「スター・ウォーズ」シリーズを手掛けるJ・J・エイブラムスの制作会社バッド・ロボットが実写映画化権を獲得した、ということのみ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎駿監督の新作長編アニメは「君たちはどう生きるか」 [映画]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)


宮崎駿監督が公式に引退撤回:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

宮崎駿監督が、引退を撤回してから、スタッフの募集のニュース以降、しばらく情報が流れてこなかったが、思わぬタイミングで新作タイトルが発表された。

引退撤回の宮崎駿監督 鈴木敏夫氏「孫のために作ってますよね」 - ライブドアニュース

まず、公開時期に関して、4月末にイベントに出席した鈴木プロデューサーが、「進捗状況は良くない。(2019年公開は)できるわけない」と、制作の遅れが示唆されていたが、10月8日に放送されたNHKの番組「日曜美術館」に、出演した鈴木プロデューサーが、宮崎監督の新作について、「孫のために作ってますよね。おじいちゃんはあの世に行っちゃうけど、作品を残すって」と発言したことを伝えていた。

宮崎駿監督の新作長編アニメのタイトルが「君たちはどう生きるか」になることが判明 - ねとらぼ

そして、10月28日に早稲田大学で開催された新宿区立漱石山房記念館開館記念イベント「漱石と日本、そして子どもたちへ」に、宮崎駿監督が出演したのだが、そこで制作中の新作の題名が「君たちはどう生きるか」であることを明かしたそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴジラに関するニュース3連発! [映画]

映画「ゴジラ」の第一作が公開されたのが、1954年11月3日だったため、11月3日はゴジラの日なのだそうです。

gozilla.jpg

11月3日はゴジラの日。新宿に立像8体集結、初の「ゴジラ・フェス」 - AV Watch

そのゴジラが、63年を迎えるということで、初のフェスイベント「ゴジラ・フェス2017」が、新宿・歌舞伎町シネシティ広場で開催されるそうです。

東宝映像事業部が主催し、初代ゴジラから、「GODZILLA 怪獣惑星」まで最新のゴジラを含む8体の立像やスーツが初めてまとまって展示され、写真撮影も行なえるそうです。

入場も無料ですが、フェス内の飲食やグッズ販売など一部有料となります。

11月17日公開されるシリーズ初のアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」を記念して、特設ステージでは、スペシャルゲストも登場するらしい。

ゴジラにちなんだ食べ物「Gフード」が食べられる屋台の出店も設置され、激盛りや激辛など「ゴジラのように激しくて美味しい」メニューが登場するそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実写版映画「銀魂」の中国公開規模に驚く [映画]

個人的には、「銀魂」は、マンガもチラ読みした程度で、アニメも全く見ていない。
人気のある作品だから、面白いのだろうとは思うのだが、元々あまり画風が好きでないこともあり、これまで作品に触れることなく来てしまった。

その「銀魂」が実写化されると聞いたときも、突然割り込んでくるギャグが多いマンガなので、果たして白けない形で実写化できるのか? 正直、「よくあるアニメの実写化大失敗のパターンになるのではないか?」と思っていた。

rmfig821-20.jpg

すげえええええ! 実写「銀魂」、公開開始から30日で興行収入30億円を突破 - ねとらぼ

しかし、どうやら、7月14日の公開初日から30日目にあたる8月12日の上映終了時点で、興行収入が30億円を突破したそうで、なかなか好調らしい。

まさに桁違い! 実写映画「銀魂」、中国の8000館1万2000スクリーンで上映決定 - ねとらぼ

さらに驚いたのは、中国での公開が決定し、9月1日公開で、8000館1万2000超のスクリーンで上映されるというから驚きだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米林監督最新作「メアリと魔女の花」が7月8日に公開していた [映画]

1481764970_1_4_521d8292fbb6c15036437d69b16de608.jpg

「おれは見ない」と宮崎駿氏 “ジブリの呪縛”から解放……「メアリと魔女の花」 (1/5) - ITmedia NEWS

スタジオジブリの「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」で知られる米林宏昌監督が、スタジオジブリ退社後、西村義明プロデューサーと立ち上げた「スタジオポノック」で初めて手がけた長編アニメ映画「メアリと魔女の花」が、7月8日(土)から、全国公開されているそうだ。

既に公開されていることを後から知ったが、そういえば、テレビで「借りぐらしのアリエッティ」が放送されていたのは、これのためだったのか、と今頃気付くほどの、プロモーションの弱さ。
私のように、米林監督が新作を作っていたのは聞いたことがあっても、既に公開されていることを知らない人も多いのではないだろうか。

ジブリ鈴木P、『マーニー』若手Pを批判「大人にも観てほしかった」 - シネマトゥデイ

西村氏は、「思い出のマーニー」でも、鈴木敏夫プロデューサーから、プロモーションに関して厳しい批判を貰っていたが、今回も、ジブリのような潤沢な予算がないのは分かるが、あまりにプロモーションが弱いと思う。


「メアリと魔女の花」は、英国の児童文学が原作で、偶然に魔法の力を手に入れた少女の活躍を描いたファンタジー作品だが、主人公のキャラを見るとどうしても「魔女の宅急便」を思い出させるし、予告編の映像は「崖の上のポニョ」を思い出させる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感