So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎駿監督が新作長編アニメ製作開始 [映画]


宮崎駿監督、長編アニメ復帰か? 「やっている最中に死んだほうがまし」 | マイナビニュース

宮崎駿の長編アニメ制作に復帰し、死ぬまで作品を作り続けることを匂わせて終わり、大変な反響を呼んだNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」だったが、いよいよ具体的な長編制作のプランが発表された。

70分版、未公開シーンあり。 宮﨑 駿に再び火がついた!?終わらない人 宮﨑駿 |NHK_PR|NHKオンライン

「終わらない人 宮崎駿」に、20分の未公開シーンを追加したロングバージョン「NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』スペシャル」が、1月29日(日)にNHK BS1で放送されたが、こちらでは新しい情報がなく、ガッカリしたのだが、

宮崎駿監督、長編映画を制作中 ジブリ鈴木敏夫P「ものすごく悩みました」(発言詳報)

その後、スタジオジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」が第89回アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートさた、そのために鈴木敏夫氏がアカデミー賞の直前イベントに出席したが、その場のインタビューで、そう語ったそうだ。

鈴木敏夫氏自身も、そのプロデューサーを務めるとのこ。

鈴木敏夫氏のインタビューによれば、「レッドタートル ある島の物語」が、宮崎駿の創作意欲に火を付けたそうで、2016年7月1日に鈴木氏に企画書を持って、「20分のストーリーボードを描くから、これが面白いかどうか判断してくれ」と言ったとのこと。

この模様は、2016年11月13日に放送されたNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」でも流れていたが、そんなに前の出来事だったんだな。

鈴木氏は、去年の暮れ、完成したストーリーボードを読んで、「内容は、すごく面白かった」ので、僕の老後がなくなってしまう覚悟で「面白い」と言い、宮崎駿監督は既に本格的な絵コンテの制作に入っているらしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新宿バルト9」が10周年記念イベント開催中! [映画]

image01.jpg

新宿バルト9が10周年、2月9日は映画1,100円。「君の名は。」や「相棒」などイベント上映多数 - AV Watch

様々なアイデアの上映企画や、映画以外のイベントでも有名なシネマコンプレックス「新宿バルト9」だが、本日2月9日に10周年を迎えるそうだ。
シネマコンプレックスでありながら、マイナーレーベルの映画やインディーズ映画なども、いい映画であれば積極的に上映機会を設ける方針で、映画ファンには有名な映画館ですが、10周年記念ということで、様々なイベントが行われる模様。

新宿バルト9

まず、本日2月9日は、鑑賞料金が一律1,100円となるそうだ(特別興行を除く)。3D作品も割引対象で、追加料金400円で見られるというから、なかなかお得。

さらにイベント上映として、まだチケットが買えるもので、次のものが予定されてる。

・「君の名は。」の大合唱上映会を再び開催:話題になった声だし・歌唱、応援グッズの持ち込み、コスプレも楽しめるイベントが復活。2月9日19:00の回(歌詞字幕付き)で実施。鑑賞料金は1,100円。

・2月10日19:00から、「相棒-劇場版Ⅳ-首都クライシス人質は50万人! 特命係最後の決断」先行プレミア上映会を開催

・2月14日(火)19:30から、「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」舞台挨拶付先行プレミア上映会

・2月17日(金)22:30から、「デジモンアドベンチャーtri.第1章~第3章」一挙上映会

・2月23日(木)19:00から、「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」トークショー付き特別上映会

・3月2日(木)19:00から、製作スタッフによる舞台挨拶付き「次元大介の墓標」×「血煙の石川五ェ門」連続上映会

・3月3日(金)20:30から、「劇場版プリパラ」一挙上映&「劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!」最速上映会

さらに、映画以外でも、

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「君の名は。」は新海誠の手を離れて・・・ [映画]

20160826154856.jpg

映画「君の名は。」は、完全に監督・新海誠の手を離れて、一つのムーブメントとして勝手に動き出してしまったようだ。
監督としては、置いてきぼり感もあるのではないだろうか。

232億円!君の名は。はどれくらいすごい?歴代興行収入ランキング - NAVER まとめ

まず日本での興行収入が、232億円に達し、現時点で歴代第4位。歴代興収第3位の「アナと雪の女王」の254億8000万円にも迫る。

「君の名は。」のIMAX上映が'17年1月13日開始。“通常版と格段に違う映像体験” - AV Watch

しかも、上映館数を縮小するどころか、1月13日からは、高画質、高音質のIMAX上映がスタートしており、「千と千尋の神隠し」の時と同様、まだまだリピーター需要があると睨んでいるようで、「アナと雪の女王」を抜く可能性は十分ありそうだ。

映画「君の名は。」:中国での大ヒット、早期公開も効果 - 毎日新聞

中国での興行収入も、1月20日時点で約96億円に達し、日本映画でこれまで最高だった「STAND BY ME ドラえもん」をはるかに超え、1月初めまでの予定だった公開期間も1カ月延長されているため、100億円に達するのは確実と見られる。

「君の名は。」歴代の日本映画興行1位に…観客動員数は300万人を突破! - MOVIE - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

タイやフィリピンなど東南アジアでも大ヒット中であるのに加え、政治では大揉め中の韓国でさえ、公開19日間で観客動員数が300万人(興収約23.9億円)を突破し、歴代の日本映画1位の動員だという。

ネットで出回る海賊版動画に対し、何の良心の呵責もない中国や韓国でこれだけの興行収入をもたらしたというのは、かつてないことで驚きという他ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「エイリアン:コヴェナント」の予告編が公開 [映画]

045.jpg

「ネオモーフ」が襲う。映画『エイリアン:コヴェナント』予告編|ギズモード・ジャパン

SFホラーの金字塔「エイリアン」シリーズのリブート作であり、第1作の前の時代を描き、第1作に繋がるお話だった映画「プロメテウス」が、第1作の監督でもあるリドリー・スコット監督により制作され、2012年に公開。大ヒットした。

映画「エイリアン:コヴェナント」は、この「プロメテウス」の続編にあたり、「プロメテウス」の10年後が舞台となっているらしい。


あらすじを見ると、

宇宙船「コヴェナント」とその乗員たちは、彼らが未開の楽園だと考えていた銀河の彼方の星を目指していたが、そこに広がっていたのは暗く、危険な世界だった。想像を超える危機に直面した彼らは、脱出を試みるが――

とある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国ナンバー1アニメ「西遊記之大聖帰来」の日本語監修に、宮崎吾朗が就任 [映画]

宮崎駿と宮崎吾朗の最近の動向:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、宮崎吾朗の最近の動向について書いたときに、どうやら「海外の制作会社と、テレビアニメシリーズを制作しているらしい」という噂について、書いたことがあった。

次のニュースは、その噂の内容とは合致しない部分も多いので、それとはまた別の仕事かもしれないのだが、

news_header_heroisback_201611_01.jpg

宮崎吾朗監督、新たなる挑戦=中国ナンバー1アニメの日本版監... - Record China

ニュースによれば、宮崎吾朗氏が、日本で来年夏頃公開予定の「西遊記之大聖帰来(原題)」の日本語監修に就任することが決定したそうだ。

日本公開の配給を担当するアクセスブライトによれば、西遊記を題材としたアニメ「西遊記之大聖帰来」は、2015年7月に中国で公開され、アニメ映画としては異例の興行収入192億円という中国国産アニメとしてナンバー1の記録を打ち立てたそうだ。

また、東京アニメアワードフェスティバル2016では、コンペティション部門長編アニメーション優秀賞に輝いたという。


トレーラー動画を見ると、バリバリの3D CGアニメで、いわゆる中国産のアニメとは一線を画している。
おそらく米国のピクサーあたりで修行して、帰国したアニメーターが制作した作品であろうクオリティだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感