So-net無料ブログ作成
検索選択

アヌシー国際アニメ映画祭で「夜明け告げるルーのうた」グランプリ受賞 [映画]

bd259ac8.jpg

湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」アヌシー国際アニメ映画祭長編部門グランプリ!22年ぶり快挙 : 映画ニュース - 映画.com

アヌシー国際アニメーション映画祭2017で、湯浅政明監督のオリジナル劇場アニメ「夜明け告げるルーのうた」が、長編部門のグランプリにあたるクリスタル賞を受賞した。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年に、カンヌ国際映画祭からアニメ部門が独立し設立された映画祭だそうで、全然知らなかったが、1993年に宮崎駿監督の「紅の豚」、1995年に高畑監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」がグランプリに輝くなど、日本の作品の受賞も多い世界最古とのアニメ専門映画祭なのだそうだ。

湯浅政明 - Wikipedia
『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』『Food Chain』『夜は短し歩けよ乙女』が

湯浅監督は、テレビアニメ「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」や、長編アニメ「夜は短し恋せよ乙女」などのヒット作を手掛ける、非常に個性的な絵柄の監督で、私も絵自体はそれ程好みではないが、大変ファンが多い監督であることは知っている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

細田守監督の次回作は2018年公開か!? [映画]

宮崎駿監督の後継者は誰か?」と注目される中、新海誠監督の「君の名は。」が大ヒットし、米林宏昌監督が「メアリと魔女の花」を今夏公開することを発表したが、「おおかみこどもの雨と雪」や「バケモノの子」など既に4作をヒットさせている細田守監督はどうしているのかな?と思い、ググってみた。

現時点では、具体的なタイトルや公開時期については、発表になっていないが、既に次回作の制作には取りかかっているようだ。

『バケモノの子』細田守監督の次回作は? 齋藤P「作りはじめています」 | ORICON STYLE

まず、2016年3月6日に、東京渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで開催されたトークショーにおいて、スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーが、「細田監督は今、また新しい映画を作りはじめています」と言及している。

「『おおかみこどもの雨と雪』があったからこそ『バケモノの子』は生まれた。だからこそ、きっと次の物語も、『バケモノの子』があったからこそ作り得る、新しいチャレンジに満ちあふれた作品になるのではないかと思っています」とも語っている。

細田守監督、新作の第1稿はまもなく完成!「今までとは全然違う」 - シネマトゥデイ

その後、2016年7月9日、早稲田大学で開講されている講座「映画のすべて マスターズ・オブ・シネマ」に出席した細田守監督が、現在制作中であるという新作について、少し語っている。

それによると、「今現在はおかげさまで次の作品を作ることができることになりそう。ちょうど今は脚本を書いていて、だいたい第1稿ができつつあるところです」と明かし、「今までとは全然違う面白そうな切り口を見つけることができたので、またいい意味で裏切って、面白いと言わせたいと思います」と自信をのぞかせていたようだ。


また、こちらのインタビューでは、「2018年頃にはなんとかできたらいいな」という表現も飛び出した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎駿監督が公式に引退撤回 [映画]

宮崎駿監督が新作長編アニメ製作開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

長編アニメ制作から撤退を表明した宮崎駿監督が、再び長編アニメの構想を練り始めていることが、「NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』スペシャル」というドキュメンタリー番組で分かっていたが、構想が高まり、とうとう本格的な制作段階に入るらしい。

宮崎駿監督が“引退撤回”、新作長編アニメのスタッフ募集。「本当に最後の監督作品になるでしょう」 - AV Watch

ジブリの公式サイトにおいて、新作長編アニメ映画制作のためのスタッフ(新人)募集を開始したそうだ。

宮崎駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

動画と背景美術スタッフを募集しており、それぞれ若干名。
年齢は18歳以上で、性別・国籍不問だが、制作に必要な日本語力があること、とのこと。
契約社員の扱いとなり、入社予定日は10月1日で、期間は3年間。勤務地はスタジオジブリ

面白いのが、即戦力を募集しているのかと思いきや、

応募時にアニメーション業界で働いている方でも可。(業務経験は問いませんが、研修期間〔6ヶ月〕を経て、一定のレベルに達した後に制作に加わっていただく、新人育成を前提としております)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初の黒人侍「弥助」がハリウッドで映画化に [映画]

日本史上、初の黒人の侍「弥助」の物語が、ハリウッドで映画化されるそうだ。

弥助 - Wikipedia

「弥助」は、戦国時代、イエズス会と共に黒人奴隷として日本に渡来し、当時の戦国大名・織田信長に献上され、日本に残ったのだが、信長に気に入られ、その家臣に召し抱えられ、初めて武士となった黒人だ。

海外「ハリウッド化してくれ」黒人の侍”弥助”と信長の物語に映画化の要望が海外から殺到 : かっとびジャパン - 海外の反応 -

この物語は、海外の方にとっても大変興味を引くことらしく、以前から、映画化の要望が多かったのだが、ついに、ハリウッドで映画化されるそうだ。

タイトルは、「Black Samurai (ブラック・サムライ)」だそうだ。


どんぐりこ - 海外の反応 海外「白人なんでしょ!」日本の黒人侍「弥助」がハリウッド映画化!黒人たちが歓喜

こちらは、そのトレーラー。

「ブレイド」「ゴーストライダー」で有名なマイケル・デ・ルカがプロデューサーを担当するそうだが、監督や配役についての詳しい情報はまだよく分からない。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米林宏昌監督の新作「メアリと魔女の花」の声優キャスト発表 [映画]

1481764970_1_4_521d8292fbb6c15036437d69b16de608.jpg

元ジブリ・米林宏昌監督は「メアリと魔女の花」を来夏公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督が、新作「メアリと魔女の花」の制作を行っていることは、以前、このブログでも制作が発表されたことをご紹介したが、その続報だ。

まず、この映画については、森永乳業がメインの冠スポンサーとなって、制作を支援しているそうで、それもこれもスタジオジブリの監督という前歴があってのことではあるだろう。
「メアリと魔女の花」が成功するかが、米林宏昌監督が、ジブリの看板を外して今後も作品を作り続けられるか、重要な試金石になるだろうな。


小日向文世、アニメ初挑戦!米林監督『メアリ』声優に天海祐希&満島ひかりなど(1/2) - シネマトゥデイ

新たな約1分の予告編が公開されたが、アリエッティやマーニーというよりは、むしろ「ポニョ」を思い浮かべるような、ダイナミックだが安心感のあるジブリ画調。

さらに、以前紹介されたヒロインのメアリの声・杉咲花に続いて、その他の声優陣も公開された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感