So-net無料ブログ作成
検索選択

絶版になった「高須帝国の逆襲」が電子書籍で復活 [電子書籍]

【YES!高須クリニック】高須院長の支援っぷりが想像を超えている件 - NAVER まとめ

災害援助やら、寄付やら、何かと話題美容外科医・高須克弥氏であるが、子供も医者として自立していて、莫大な遺産を残す必要がないし、残すつもりもないらしく、そのお金の思い切った使いっぷりには、爽快ささえを感じるところがある。


絶版「高須帝国の逆襲」電子書籍に 「売るためのこび、改変は嫌」 - withnews(ウィズニュース)

その高須克弥氏と、パートナーで漫画家の西原理恵子さんの共著「ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲」という本が、発売直後に回収騒動、そして、絶版になっていたが、それが電子書籍で復活したそうだ。

「高須帝国の逆襲」は、私も予約して購入し、今も手元にあるが、記事によれば、絶版後、ヤフオクなどで一時は1万円の値を付けていたそうで、知らなかったな。その時売ればよかった(笑)

絶版になった理由は、高須氏の執筆内容に、出版元の小学館が問題があると書き直しを求めたが、高須氏がそれを拒否したためという話は聞いていたが、具体的にそれがどこの箇所なのかは、実際に本を読んだ私にはさっぱり分からなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「こち亀 無料連載公式アプリ」がリリースされた [電子書籍]

icon.jpeg.png

この40年間の出来事を漫画を通じて振り返る!?「こち亀 無料連載公式アプリ」 - ケータイ Watch

9月16日の週刊少年ジャンプで、40年間にわたる連載の最終回を迎えた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称「こち亀」)の無料公式アプリがリリースされたそうだ。

既刊の単行本は199巻、全1931話という膨大なストックを読むことができる電子書籍アプリだ。

毎日、アプリを起動するだけで50ポイント以上が獲得でき、その50ポイントを使って1話分だけ読むことができるため、毎日、最低限1話ずつは「こち亀」を読むことができる。一度読んだ話の有効期限は1週間だそうだ。

さらには、毎日アプリを起動すると、ボーナスポイントももらえるし、提携のアプリやサービスをインストールしたり、アプリから無料・有料の会員登録をしたり、動画広告を見たりすることで、ポイントを得ることができ、それでさらに「こち亀」を読むこともできる。

ただし、獲得したポイントは、1週間単位で、通常は月曜日の朝5時でリセットされるそうなので、貯まったポイントはなるべく早く消費するのが得策だ。

読みたい「こち亀」の話は、週刊少年ジャンプでの掲載年月を指定したり、単行本の巻数を指定して探すことができる。
さらに、現在はマスクされ使えないが、今後のアップグレードで、「テーマで探す」や「キャラで探す」といった機能も「近日公開予定」となっている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「トリセツ」アプリ Ver.2.1がリリースされた [電子書籍]

トリセツ - 家電の取扱説明書とレビュー記事を手間なく一元管理を App Store で

以前、第1世代iPad miniインストールして、家中の家電品などの取扱説明書を登録して、使っていることをレポートしたiOS用の「トリセツ」アプリが、バージョン2.0にアップグレードされたので、インストールしてみた。

今回の改良点は、まず、トップ画面に、「話題のモノ」「気になるモノ」「買ったモノ」の3つのタブが表示されるようになったこと。

2016-09-11 19.20.04.png

買ったモノのタブには、従来バージョンの自分が登録した製品の取扱説明書などが表示される。

2016-08-26 15 49 25.png

一方、「話題のモノ」「気になるモノ」は新しく増えた機能となる。

「話題のモノ」タブには、トリセツ編集部やプロのライターがピックアップした選りすぐりの製品情報が届く。

2016-08-26 16.45.58.png

「気になるモノ」タブには、「話題のモノ」タブの商品画面で「気になる」ボタンをタップすることで、「気になるモノ」タブに登録される。または、型番がわかれば「気になるモノ」を独自に登録することもできる。これから購入したい物のメモみたいな機能だ。

そして、「気になるモノ」の商品画面で「買った」ボタンをタップすると、その商品が「買ったモノ」タブに表示されるようになった。
これまで、持っている製品の取扱説明書の管理が主眼だったアプリの機能に、これから欲しい製品の情報収集に使える機能をプラスしたということだと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「BLEACH」コミックス全巻を配信する無料アプリ [電子書籍]


本日発売のジャンプで「BLEACH」連載完結 巻末に寄せられる作家陣からの声 - ねとらぼ

2001年から連載を開始した、久保帯人の「BLEACH」が、8月22日発売の週刊少年ジャンプ38号で、とうとう連載完結したそうだ。
73巻までの累計発行部数は8700万部以上というから、凄い人気漫画だったんだな。

人気マンガBLEACHが遂に完結 一部の外国人ファンはカップリングに憤慨 【海外の反応】 : 海外の万国反応記

私自身は、電子書籍で無料だった第1巻を読んだことしかなく、ファンではないのだが、海外でも人気のマンガだけに、物議を醸している結末には、海外でも色々な反響を呼んでいるようで、興味深い。

「BLEACH」コミックス全巻を配信する無料アプリが登場 - ケータイ Watch

その「BLEACH」のコミックス全巻を配信する無料のアプリ「BLEACH 無料連載公式アプリ」が、グリーと集英社と共同で、早速公開されたそうだ。

動作対象はAndroid、iOSとのこと。

今回リリースされたアプリは、アプリ内で獲得できるポイントを使用して毎週1冊、無料で読めるという仕組みを取る。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分自身の読書量の減退 [電子書籍]

私自身、一番本を読んでいた30歳代までに比べ、明らかに読書量は減少している。

原因は、やはり老眼が大きい。
紙の本、特に文庫本などの小さい文字を長時間読むのが億劫になってきたのだ。
最近、電子書籍でも買えるなら、なるべく電子書籍を買うようになったのは、文字を拡大できるから、というのも大きい。
ニュースも、紙の新聞を読まなくなり、もはやWebで見りゃいいや、という感じになりつつある。

エンジニアとしても、電子書籍化の流れは大きい。
論文だって、紙の論文誌よりPDFファイルで読むケースが大幅に増えたし、規格書なんかは、検索を考えたら、明らかにPDFなどの電子ファイルで読む方が利便性が高いので、できれば電子版で読みたくなる。
さらには、あまりに分厚過ぎて、PDFでしか発行されないものも多々あったりする。

さらには、通勤途中も活字を読むより、Radikoの録音やポッドキャストを聴くことの方が増えたのも大きい。
目は衰えたが、耳はまだまだ大丈夫だし、iPod nanoで2倍速再生すれば、老眼で本を読むより、むしろ脳への情報の入力速度は速いかもしれない。

若いころは、当時の40~50歳のオジサンが、最近の若者は本を読まないとエラそうなことを言いながら、大半のビジネスマンのオジサンたちが、全然本を読まず、自宅の本棚を見るとゴルフの教本や、ベストセラーのビジネス書ぐらいしか置いていなかったりすることに、正直馬鹿にしていたところはあった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感