So-net無料ブログ作成

「Amazon Prime Reading」が日本でも開始 [電子書籍]

PrimeReading2.jpg

Amazonがプライム会員向け新サービスPrime Reading開始。追加料金なしで約900冊の書籍やマンガ・雑誌が読み放題 - Engadget 日本版

米国では1年前に始まっていた電子書籍の読み放題サービス「Amazon Prime Reading」が、何と!2017年10月5日から、日本でも始まった。

「Amazon Prime Reading」とは、Amazonプライム会員が、Kindleストアの電子書籍の中から、厳選された書籍・漫画・雑誌(随時入れ替え)が追加料金なしで読み放題になるサービスだ。

このサービスが米国で始まった時は、羨ましいと思いつつ、そもそも、米国のプライム会員の年会費は、日本の年会費の3倍近いので、年会費を値上げしないことには、日本では提供されないだろうな、と諦めていたし、ただでさえ宅配便の値上げで送料無料の特典が厳しいだけに、プライム会費を値上げせずにやってくれるなんて、ちょっとした驚きだ。

開始時点では、

書籍:「陰日向に咲く(劇団ひとり)」「奇跡のリンゴ」「神保町奇譚(池井戸潤)」など
マンガ:「あなたのことはそれほど」「つぐもも」「ウロボロス」「インベスターZ」など
雑誌:「AERA」「東京カレンダー」「DOS/V POWER REPORT」「DIME」など

といった電子書籍が対象となっていて、上記記事でカウントしたところ、896冊が対象となっているという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TPP交渉の停滞で青空文庫はどうなるのか? [電子書籍]

青空文庫の展望:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

2016年は、谷崎潤一郎、江戸川乱歩、梅崎春生、高見順などが著作権保護期間が切れ、2017年1月には、冒険小説作家の山中峯太郎、大下宇陀児、エッセイストの亀井勝一郎などが著作権切れを迎えた。

新規公開作品

このため、彼らの作品も、徐々に青空文庫化されつつあるようだ。

ただ、著作権の保護期間が50年から70年に延長されるTPP素案がまとまり、2017年中に、各国の対応する法改正が完了すれば、最短、2018年からは、青空文庫の活動は中断せざるを得ない状況になるはずだった。

ところが、ご存知の通り、トランプ大統領がTPPからの離脱を表明し、残った国でTPPを発効させるかどうかさえ合意されてない状況が続いている。

「TPP関連法」が可決・成立

事実上、各国の法改正も止まってしまっており、TPP関連法の成立では日本は先行しているものの、この中に著作権法の改正は含まれておらず、現状のままでは著作権の保護期間は50年のまま続くことになる。
この状況だと、2018年どころか、2020年にもTPPが発効できるか難しく、最短でも2021年から発効するぐらいか。
あるいは、それまでに、突然、トランプ大統領が辞任し、米国がTPP再加入に方針転換し、一気に解決するか、全く先が見えない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マクドナルドが「Kindle本プレゼントキャンペーン」実施 [電子書籍]

マクドナルド FREE Wi-Fi | お店をさがす | McDonald's マクドナルド

マクドナルドは、かなり前からフリーのWi-Fiを提供しており、以前はNinteido 3DSでアクセスすると、特別なポケモンがゲットできたり、独自コンテンツが見られたりと、特典があったので、子供たちがよく利用していた。

最近では、Netflixの一部の人気動画が見られたり、AWAのスペシャルプレイリストが聴けるらしい。

ただ、Wi-Fiの1回の利用時間が60分までということもあるし、マクドナルドで映画1本を見る時間滞在することもないので、これまで利用したことはなかった。
AWAも一部のプレイリストが聴けるだけだし、自分自身がAmazon Prime Musicに加入しているので、わざわざ利用する気はしなかった。

kindle_main_pc.jpg

そのマクドナルドが、Amazonと組んで、フリーWi-Fi経由で、Kindle電子書籍11作品が無料で読める「Kindle本プレゼントキャンペーン」を、7月20日~8月31日まで行うという。

日本マクドナルド、7月20日?8月31日に約2,100店舗で「Kindle本プレゼントキャンペーン」実施 ? hon.jp DayWatch

マクドナルドで映画1本見るのはホネ(というか60分では無理)だが、電子書籍のダウンロードはあっという間に終わるので手軽だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

JTBの国内旅行ガイドブック8冊がiBooks限定で無料配信中 [電子書籍]

170714manimani.jpg

【やじうまWatch】 iPhone/iPadユーザーは要注目、JTBの国内旅行ガイドブック8冊がiBooks限定で無料配信中 - INTERNET Watch

JTBパブリッシングが、iPhoneおよびiPadに最適化した国内旅行ガイドブック8タイトルを、8月25日までの期間限定で、無料ダウンロードできるキャンペーンを実施中だそうだ。

JTBの旅行ガイドブックというと、「るるぶ」が有名ですが、今回ダウンロードできる旅行ガイドブックは「manimani +more!(マニマニ プラスモア!)」という新シリーズ。

無料でダウンロードできるのは、新たに刊行される「東京」「京都」「札幌 小樽 富良野 旭山動物園」「沖縄」「鎌倉 江の島 逗子 葉山」「横浜 中華街」「大阪」「福岡 門司港レトロ 太宰府」の8冊だ。

「るるぶ」の電子書籍版は既に刊行されているが、これらは基本、画像としてスキャンしたものであり、電子書籍なのに、まともにキーワード検索もできなければ、文字も画像表示なのでボケて読みづらいなど、弱点が多いものだった。

今回の「manimani +more!」は、iPhone/iPadでの利用に最適化された仕様となっており、360°画像も含むリッチコンテンツや、動画再生なども見られるマルチメディア仕様になっているという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」 [電子書籍]

電子書籍をさがすなら「hon.jp」

電子書籍検索サイト「hon.jp」は、様々な日本国内の電子書籍ストアに対し、横断的に電子書籍の検索が行えるサービスだ。
今のところ、サポートしている電子書籍ストアの数が一番多いということもあり、私も、時々利用させてもらっている。

2017-05-20 02.01.53.png

【お知らせ】個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」(有償)を正式稼働しました ? hon.jp DayWatch

電子書籍の献本サービス「KENPON」 Powered by hon.jp

その「hon.jp」が、「KENPON」という新しいサービスをスタートした(おおっ!早速だが「いらすとや」を使っているな)。

「KENPON」は、個人作家向け電子書籍PRサービスだそうで、元々は、プログラマーの藤井正尚氏が2013年に個人で立ち上げたサービスで、藤井氏が「hon.jp」にパートナー参加するのに伴い、このたび「hon.jp」にサービスを移管し、「hon.jp」ドメイン下で運営されることになったそうだ。

「KENPON」は、紙の本の世界でもよく行われている「献本(けんぽん)」からとったネーミングだそうで、それを電子書籍で実現するものらしい。
「KENPON」サービスでは、本の著者が980円(税抜)の料金を払うことで、その電子書籍を、「hon.jp」登録会員たちに、一定数だけDRMフリーで送ることができるサービスだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感