So-net無料ブログ作成

ネット配信 ブログトップ
前の5件 | -

全国39のFM局が無料で聴ける「WIZ RADIO」が4月からスタート [ネット配信]

wiz.jpg

FMラジオのサイマル配信「ドコデモFM」が「WIZ RADIO」にリニューアル:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前ご紹介した、全国39のFM局の番組がエリアフリー・無料で聴取できる新たなラジオ・プラットフォーム「WIZ RADIO」が、4月からスタートしたそうだ。

普段、Radikoプレミアムを使っているので、使う機会がなかったのだが、先日、コンパクトスマホ「SERVO J5+」のアプリを整理したついでに、インストールして使ってみた。

「WIZ RADIO」は、TOKYO FMとジャパンエフエムネットワーク、ジグノシステムジャパンが主体となり、全国39のJFN系FM局の番組がエリアフリー・無料で聴取できるサービスだ。

基本料金は無料で、Android版アプリが4月3日から既に公開されており、iOS版アプリは4月中旬からリリース予定とのこと。

TOKYO FMが地上波サイマル放送と音声ターゲティング広告技術を接続したラジオアプリ「WIZ(ウィズ) RADIO(レディオ)」をリリース:時事ドットコム

全国のFMラジオ番組を聴取、流れる音楽をレコチョクで購入できるアプリ「WIZ RADIO」 - PHILE WEB

「WIZ RADIO」は、オーディオ・アド・テクノロジーの世界的リーディングカンパニー「Adswizz」社と戦略的業務提携を締結し、地上波ラジオの同時再送信コンテンツに、リスナーの属性に応じた音声ターゲッティング広告を配信する技術を導入したという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko.jpのサービス拡大のニュースから [ネット配信]

radiko.jpg

「radiko」でNHKラジオを初めて配信 10月から半年間の期間限定で - ねとらぼ

2017年10月から、「NHK・民放連共同ラジオキャンペーン」の一環で、試験的に、NHKラジオをradiko.jpで配信していたが、関東広域(1都6県)、福岡県域、宮城県域、広島県域、愛媛県域の5エリアのみで、関西では聞けないなど、あくまで限定的なものだった。
その期間限定の期限が3月末だったので、4月以降どうなるのかな、と思っていたら、ここにきて新たな発表があった。

radikoでNHKラジオの実験配信、4月から全国で 無料でライブ聴取可能 - ITmedia NEWS

サービスをさらに拡大して、4月12日から2019年3月末まで、全国47都道府県でradiko.jpからNHKラジオが聞ける実験配信を行うそうだ。

配信を行うのはNHKラジオ第1(8エリア8コンテンツ)、NHKラジオ第2(全国共通1コンテンツ)、NHK-FM(東京1コンテンツで全国共通)で、残念ながら、放送エリアを越えて聴取できる「エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)」や、過去1週間の番組をいつでも再生可能な「タイムフリー聴取」(無料)には対応しない。
NHKラジオ第2、NHK-FMは、全国で同一コンテンツが流れるが、NHKラジオ第1は、各エリアごとの放送だけが聴ける形となる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko.jpがスマートスピーカーでしたいこと [ネット配信]

Alexaスキル人気ランキング発表 1位はradiko、2位はあのキャラ - ITmedia NEWS

日本で、昨年末、Google Home、Amazon Echo、LINE Clovaというスマートスピーカーが立て続けに発売され、それらでradiko.jpが利用できるようになり、Alexaスキルでも、人気ランキング一位を続けているなど、radikoとスマートスピーカーの相性の良さを印象付けられる状況が続いている。
ランキング2位以下に、ピカチュウや豆しばと会話?するスキルなど、非実用系スキルが続くところを見ても、日本におけるスマートスピーカーのキラーアプリは、結局、「radiko.jp」以外にはない、とさえ言える気さえしてくるな。

radiko.jpg

「ラジオもビッグデータの時代」 radikoの生き残り戦略 - ITmedia NEWS

そんな中、「radiko.jp」の坂谷温業務推進室長が、スマートスピーカーでradiko.jpがどんなことをしたいのかを語ったインタビュー記事を発見したが、これがなかなか興味深い。

主な内容をピックアップしておくと、

・裾野を広げるという意味で、音声を流しっぱなしにできるスマートスピーカーにも期待を寄せている
・今後は、例えば「TBSラジオをつけて」など、特定の局の名前で配信を聞けるだけでなく、「福山雅治さんが出ている番組を聴きたい」「お笑いで何か面白いものない?」など、より自由度の高い形で利用できるようにしていく。
・その実現には、番組データやジャンルを提供してくれる各ラジオ局との連携はもちろん、番組名、出演者、放送時間などにメタタグを付けてデータベース化する作業が必要になる
・これらの作業には膨大な手間がかかるが、radikoの正社員は7人ほどしかいないので、タグ付けとデータベース化は自動化していきたい
・さらには、ゆくゆくは番組の音声をテキスト化し、出演者のセリフからも番組を見つけ出せるような仕組みを整えたい
・今後はユーザーに利用許可を得た上で、どんな番組を視聴し、どんな楽曲を聴いているかなどの聴取行動データを取得し、個人に合わせてレコメンドする機能も提供していきたい
・有料で全国のラジオ局が聴けるエリアフリー機能については、18年中に実装できるよう進めている
・Appleが投入予定の「Homepod」についても、日本国内で発売されるなら、対応を検討したい

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本のプロ野球中継は、今シーズンから「DAZN」で配信 [ネット配信]

news_237452_1.jpg

ソフトバンクの「スポナビライブ」が5月で終了 「DAZN」にコンテンツを統合 - ITmedia Mobile

先日、ソフトバンクが、スポーツの動画配信サービス「スポナビライブ」を終了することが発表され、その代わり、スポナビライブの利用者は、NTTドコモとの結びつきが強かったスポーツ動画配信「DAZN」に、特別割引プランとして、通常月額1,750円(税別、以下同)のところ、ソフトバンクユーザー向けの「スポナビライブ」の料金と同じ、月額980円で利用できることが併せて発表された。

月額980円というと、NTTドコモが、ドコモ契約者に対して利用できる「DAZN for docomo」とも同条件であり、それだけ見ると、料金的に文句をを言う人はいないだろう。

しかし、「スポナビライブ」の終了には、一つ重大な問題があった。
現在、スポナビライブは、ネット動画配信では唯一、読売ジャイアンツと広島を除く10球団の主催試合を配信しており、日本のプロ野球をネットで見るなら、最も多くの試合を見ることができる配信サービスだったのだ。
特に、パリーグファンにとっては、広島と巨人以外の交流戦以外の公式試合は全部見ることができる。

一方、「DAZN」は、日本のプロ野球はDeNAと広島の主催試合しか見られなかったので、これでは、プロ野球中継を目的で加入した「スポナビライブ」利用者は、値段を下げるから「DAZN」に移れと言われても、納得できる筈もないだろう。

プロ野球 キャンプ中継 スカパー!なら100試合以上放送!!|スカパー!プロ野球中継|ココロ動く、未来へ。スカパー!

もちろん、プロ野球が見られるサービスは、他にない訳ではなく、デジタル衛星放送の「スカパー」のプロ野球セットを契約すれば、セパ両リーグの全試合を見ることができるは、料金は、「スポナビライブ」の4倍もするので、手軽とは言い難い。

いったいどうするのだろうかと思っていたら、ようやくホッとするニュースが。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

FMラジオのサイマル配信「ドコデモFM」が「WIZ RADIO」にリニューアル [ネット配信]

JFN.jpg

JFN Association

JFNというTOKYO FMを中心として、全国のFMのネット局を束ねるネット局組織があるが、その機関誌「JFN Association」No.91を見ていたら、興味深いニュースを発見。

JFN Association No.91

PDFでダウンロードできるので、その2ページ目を是非ともご覧頂きたい。

wiz.png

スマートフォンでFMラジオを聴こう!

ラジオのサイマル配信というとradiko.jpが有名だが、それ以前から、NTTドコモの端末で利用できる「ドコデモFM」と、auの端末で利用できる「LISMO WAVE」という全国のJFN系民放FM局が聴けるサービスが存在し、現在も利用できる。

いずれも、料金は月額300円(税別)で、地域制限なく全国どこでも、全国のJFN系のFM局が聴けるのが特徴だったが、その後、radiko.jpも「エリアフリー」サービスを始め、全国のFM/AM局が、月額350円(税別)で聴けるようになったことで、正直「ドコデモFM」も「LISMO WAVE」も存在感は薄れてしまっていた。

その「ドコデモFM」を、「WIZ RADIO」という無料サービスとしてリニューアルするという。

名前以外に何が変わるのかというと、機関紙の記事によれば、米国のAdswizz社と業務提携し、音声によるターゲティング広告「デジタルオーディオアド」の仕組みを利用することで、広告モデルによる無料サービスを実現するそうだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ネット配信 ブログトップ