So-net無料ブログ作成
検索選択

新元号は「平成31年」元日からに決定 [意見]

天皇譲位、新元号は“平成31年”元日から 皇室会議を経て閣議決定へ (1/2) - ITmedia ニュース

皇室会議の結論が出て、政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入ったそうだ。

元々、今上天皇が望んだ希望は、恒久的な天皇攘位の制度であったと思うが、そうはならず、「一代限り」で譲位を可能にする法整備を行うことになるらしい。

現在の天皇制度では、天皇が政治において何ら権力を持たないのだから、自ら引退を望んでできる制度を作ることが、なんで問題なのか、あまり理解できない。

そもそも、憲法において、天皇が象徴として定義されることになったのは、そもそも天皇に権力が集中し、それが戦争への道を開く原因になったから、ということのはず。

今の天皇譲位に関する憲法議論を聞いていると、あまりに形式にとらわれ過ぎていて、今の制度になった本質が忘れられている気がする。
天皇は国民ではなく象徴だから、憲法上、国民に認められた基本的人権は「ない」というのは確かだが、象徴である天皇も「人」であり、その人権に対して、憲法は何も定義していない。だったら、日本国において、国民以外の居住者が認められる最低限の人としての権利は、天皇でも認められていいのではないだろうか。

さて、それはさておき、新しい元号の切り替えが、1月1日からに決まったことについては、ホッとした。

国民生活への影響を考えれば、元日で切り替わるのが、一番混乱なく切り替えできるのは間違いないからだ。2年後なら、色々な準備も余裕を持って行えるだろう。

【やじうまWatch】「新元号の発表は当日」天皇譲位にまつわる新聞報道にSEのみなさんから悲痛な声 - INTERNET Watch

と思ったら、とんでもないニュースが。
何と!新元号名称の発表は、切り替わり当日に行われるという。

うわー、文系人間だけで議論すると、こうした結論になるのか・・・それがカッコいいとでも思ったのだろうか。

もちろん、ある程度、新元号の発表前にシステム改修の準備はできるが、最終的なシステムの変更やテスト作業は、元号が発表された後にしか行えない。
この日程だと、システム切り替えが1月1日には絶対間に合わなくなるし、そのことで日本中が大混乱になるのは確実。
お正月から、全国でSEさんが死ぬ思いで働くことになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感