So-net無料ブログ作成
検索選択

「ゴロウ・デラックス」スーさん出演回など [人物]


ゴロウ・デラックス|TBSテレビ

5月25日(木)深夜0時58分から、TBSで放送された「ゴロウ・デラックス」に、ジェーン・スーさんが出演したのだが、今回も、ますます和気あいあい感が強まり、面白かったな。

メインテーマがマッサージで、「未中年」のテーマについても少々、といったところで、ツイッター、ブログなどを読む限り、今回もかなり好評だったみたい。

一点だけ気になったのが、スーさんがあまりに外山さんの方ばかり向いてしゃべりすぎること。以前からそうなのだが、テレビ的には、もうちょっとホストである稲垣吾郎を見てしゃべる方が印象もいいように思う。


美人になることに照れてはいけない。 口紅美人と甲冑女が、「モテ」「加齢」「友情」を語る | 株式会社 幻冬舎

以前紹介した、野宮真貴さんとの対談を収録した電子書籍『美人になることに照れてはいけない。 口紅美人と甲冑女が、「モテ」「加齢」「友情」を語る』が、その後、Amazonで値下げされて189円で買えるようだ。

続きを読む


赤江珠緒をキーワード予約録画 [人物]

赤江珠緒さん妊娠発表「たまむすび」は3月30日をもって降板

出産を控え、3月いっぱいでラジオとテレビのレギュラー番組をすべて降板した、フリーアナウンサーの赤江珠緒さんだが、てっきり「出産まではもうメディアには出ないのだろう」と思い込んでいたのだが、体調が良くて、オファーがあれば、ゲスト出演では出る気があるらしい。

赤江珠緒アナ、産休中の番組にサプライズ登場「わりと、暇で」 リスナーは歓喜の声 | ORICON NEWS

まずは、4月17日(月)の「たまむすび」の「竹ガム」コーナーで、スペシャルウィークの「赤坂5丁目ミニマラソン」の「心臓破りの坂」は本当に心臓破りなのかを検証する企画で、赤江さんが「コーナーポストの着ぐるみ」で登場し、その後、急遽スタジオ出演も果たした。

これは、レギュラーだった「たまむすび」だからと、軽く考えていたら、


4月25日(火)の「5時に夢中!」のゲストコメンテーターとして赤江さんが出演したらしい。
TOKYO MX出演はこれが初めてで、完全に油断していたので見逃したが、水を得た魚のように伸び伸びとトークしていたみたいだな。

続きを読む


FM福岡の西川さとりさんはどうしているのかな? [人物]


西川さとり - Wikipedia

西川さとりさんといえば、FM福岡の人気アナウンサーだった人だったのだが、何故か2014年に営業部に転属になってしまい、レギュラー番組もすべて降板。それ以降、放送でその声を聴くことがなくなってしまった。

 奇声ラッシュ 西川さとり最終回 


奇声ラッシュ

稲葉中(いなばあたる)さんとのコンビで、こちらのポッドキャスト番組もやっていて、毎週大好きで聞いていたのだが、放送だけでなく、そちらも出られなくなってしまった。

当時、結構、さとりロス(笑)だったかも。

「奇声ラッシュ」は、その後も、稲葉さんとエスプリードという事務所のタレントさんたちとのトーク番組として継続はしているものの、西川さんとの息の合ったトークとは全く別物だし、ハイレベルだったリスナー投稿も取り上げられることもなくなり、以前ほど、熱心に聴くことはなくなってしまった。

続きを読む


蟹江一平の魅力を語る [人物]

kanieippei.jpg

蟹江 一平 – 芸映プロダクション

蟹江一平 - Wikipedia

蟹江一平というと、1976年生まれの、現在40歳の俳優で、父は名脇役のあの蟹江敬三。

劇団青年座出身だそうで、本人いわく「やや売れ俳優」から、仕事も増え「徐々売れ俳優」と言い始めたものの、最近は、役者より司会やバラエティ、歌などの仕事の方が増えており、もはやタレントさんだ。


金曜トップ5「小倉弘子×蟹江一平コンビ」最終回!|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

私的には、パーソナリティを務めたTBSラジオ「ザ・トップ5」を聞き始め、その弾けっぷりに興味を持ったのが最初のきっかけだった。
ラジオでは、小倉弘子アナが、TBSラジオ「ザ・トップ5」内で名付けた「ワンペー」という通称の通りがいい。

続きを読む


中田エミリーは、地元新潟でお元気なようです [人物]

中田エミリーさんって、お元気なのかな?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

セント・フォース所属のフリーアナウンサー・中田エミリーというと、私にとっては、TBSラジオ「小島慶子キラキラ」で、赤江珠緒以上に、短期間で幾多の「笑える放送事故」を量産し、伝説を作ったフリーアナだった。
声はアナウンサーらしい美声なのだが、ド天然。とにかく元気で明るくて一生懸命な人だ。


特に、「小島慶子キラキラ」で、小島慶子が病欠したときに、代打で出演したときはかつてないスリリングで、大爆笑の神回となった。

原稿読みはしっかりしているのに、フリートークになると、とんでもないことを言ってしまう面白さは、あまり外見はそう見えないけど、アメリカ人の父を持つハーフだったからか。

ただ、最近は、あまりテレビやラジオで見かけることがないなぁ、と思っていたので、ちょっとググってみた。

中田エミリー - Wikipedia

すると、現在、37歳だが、まだご結婚はされていないみたい。

続きを読む