So-net無料ブログ作成
検索選択

放送メディア ブログトップ
前の5件 | -

2018年に4K/8K実用放送を始める事業者を発表 [放送メディア]

l_ts_soumu01.jpg

2018年に4K/8K実用放送を始める事業者がほぼ決定 - ITmedia LifeStyle

総務省は、1月11日、諮問機関である電波監理審議会の答申を受け、2018年に始まるBS(放送衛星)の右旋/左旋、および、東経110度CS(通信衛星)の左旋を使用した4K/8K実用放送に参入を希望する11事業者を認定する方針を明らかにした。

ここで、BSとは、現在、NHKのBSプレミアムなどのチャンネルを放送している一番ポピュラーな放送衛星で、高出力で放送エリアも広め。
東経110度CSは、BSとほぼ同じ経度に打ち上げられた放送もできる通信衛星で、出力はBSに劣るが、BSより低コストで放送ができる。

右旋/左旋というのは偏波の方向で、放送する電波の波は、その波形が地上に届くまでにぐるぐると円を描くように廻るように送出し、それを円偏波と呼んでいる。その廻る方向が右回りなら右旋で、左回りなら左旋と呼ぶ。

この偏波というのはなかなか面白い技術で、同じ場所から同じ方向に、同じ周波数で、全く違う2つの電波を、右旋と左旋で同時に送っても、受ける側で偏波方式で分離して受信でき、円偏波がない伝送方式に比べ、同じ周波数帯域で2倍の放送をすることができるのだ。

従来の放送は、基本的に右旋の偏波で送られており、それを受信するパラボラアンテナも右旋円偏波の放送しか受信できなかったが、今回、従来の衛星放送をそのまま維持しながら、新たに4K/8K実用放送を始めるため、新たな放送帯域を確保する必要があり、左旋円偏波でも放送を送ることになったようだ。

従来の衛星放送用パラボラアンテナは、左旋円偏波には対応していないため、4K/8K実用放送を受信したい人は、新たに発売される右旋/左旋両対応のパラボラアンテナを購入する必要がある。
また、チューナーも、従来の衛星放送チューナーは、4K/8K実用放送の伝送フォーマットやコーデックなどに対応しないため、こちらも、今後発売される新しいチューナーを購入する必要がある。

チューナーはまだしも、アンテナまで設置し直さなければならないため、今回の4K/8K実用放送を見る敷居は、BSアナログ放送からBSデジタル放送に切り替えた時よりも、さらに高い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「i-dio」グランドオープン・その後の動き [放送メディア]

i-dio.jpg

神奈川県でも本運用開始! V-Lowマルチメディア放送「i-dio」 | RBB TODAY

V-Lowマルチメディア放送「i-dio」の秦野局が、今年6月から試験電波を発射していたそうで、このたび本免許が交付され、7月8日からは本運用が開始されたそうだ。
サービスエリアは、横浜市(戸塚区、旭区、瀬谷区、泉区)、平塚市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町、松田町、開成町と書かれている。

最近、私の自宅内でも「i-dio」が受信できるな、と感じていたのは、これの試験電波が出ていたお蔭だったみたい。

チャンネル一覧 | i-dio 新放送サービス

以前、Rakuten.FMで放送されている「Crimson FM」チャンネルが、「i-dio」でもサイマル配信されていることを書いたが、こちらの情報によれば、全エリアで流れている訳ではなく、現時点では、関東・甲信越と近畿エリアのみのようだ。訂正しておきたい。

TS PLAY - Google Play の Android アプリ

現状「TS ONE」チャンネル専用アプリという割には、流れている曲のジャケット写真が表示される程度で、「TS ONE」ならではのサービスや機能に乏しい「TS PLAY」アプリだが、7月8日に1.0.0から1.0.2にアップデートされたので更新してみた。

内容的には軽微な修正程度だそうで、実際に使っていても特に差は感じない。
それより、驚いたのは、Androidの要件が、いきなり4.2以上から4.3以上に変更されていたこと。Android 4.2のスマホに既にインストールした人は、アップデートができなくなったのだろうか。こういうのは、決して軽微な修正とは言わないと思うぞ。

d4829-905-684397-13.jpg

日本初クルマのデジタルラジオ“Amanekチャンネル”、7月15日(金)グランドオープン!|TOKYO FMのプレスリリース

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「i-dio」のグランドオープン [放送メディア]

i-dio.jpg

「i-dio」の放送が、7月1日にグランドオープンした。
金曜日だったので、夜に帰宅する際に、スマホアプリの「ネット受信モード」で聴き始めたが、やっぱり音はいいね。
音楽がいいのはもちろんだが、スタジオの人の声も、マイクの種類、距離、カバーの質などにも気を使っているのが分かる。

本放送の内容については、今のところ「TS ONE」しか聴いていないが、番組表を見る限り、「MUSIC ARROWS」「SPLASHDOWN BROOKLYN」などの新番組がいくつか増えており、その代わりリピート放送は減った感じがする。
聴いていて、出演者もあまり気負った雰囲気もなく、静かなスタートだった気がするな。

さて、それを聴くための新しいアプリについてだが。

TS PLAY - Google Play の Android アプリ

6月28日に配信された「TS PLAY」アプリが、Android 4.2以上という条件を満たすのに、規約画面から進めず使えないスマホやタブレットがあることを報告したが、その後、該当機種はGooglePlayで「TS PLAY」が表示されなくなった。
素早い対応は素晴らしいが、できればなるべく早く「聴ける」方向に対応して欲しいな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「i-dio」の新アプリ「TS PLAY」を使ってみた [放送メディア]

i-dio.jpg

TS PLAY - Google Play の Android アプリ

6月28日に、「TS PLAY」アプリが配信開始されるというので、検索してみたら、GooglePlayではAndroid版が既に掲載されていたので、早速ダウンロードしてみた。
一方、iOS版はまだリリースされていないようだ。

ただ、この「TS PLAY」アプリ、インストールしたのはいいものの、起動すると、スマホやタブレット端末によっては、プライバシーポリシーと利用規約の画面が乱れて、「規約に同意して進む」ボタンが押せず、次に進めない。
Androidは端末が種類が多くて大変だとは思うけど、ちゃんとテストしてよね。

現在使用中のスマホLGV32では、無事初期設定もできて、新機能「ネット受信モード」の選択肢が表示されたので、早速選んでみた。
すると、直ちに「TS ONE」チャンネルのクリアな音声が直ちに再生され始めた。
「ネット受信モード」は、7月1日にリリース予定の「i-dioアプリ Ver.2.0」だけの機能かと思っていたので、意外だし、嬉しい対応だな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新放送サービス「i-dio」が7月1日にグランドオープンとのこと [放送メディア]

i-dio.jpg

i-dio 20160624release.pdf

こちらのニュースリリースによれば、新放送サービス「i-dio」が7月1日にグランドオープンするそうだ。
放送の世界で「グランドオープン」という表現は聞いたことがないので、違和感があるな。
放送免許はとっくに下りているのに、「今まではどんな放送だったのだ」というツッコミも聞こえてきそうだ。

それはさておき、今回の発表は、盛りだくさんの内容となっている。

1.新アプリの発表

・7月1日に、「i-dio」アプリのV2.0をリリース予定
新機能として、インターネット受信モードが搭載されるそうだ(後述)

・6月28日に、「TS PLAY」アプリをリリース予定
「TS ONE」の放送と連動したアーティストや楽曲の情報、ジャケット写真などを見ることができ、さらに、クーポンやポイントシステム、トークルームなどの機能も追加予定。また、リリース時はTS ONE専用だが、7月中旬に全チャンネルの受信が可能となるとのこと。

・7月に、「Amanekチャンネル」アプリをリリース予定
ドライバー向け放送局「Amanekチャンネル」で、リスナー位置に合わせて、15分先を伝える天気予報や、便利で役立つドライブ情報を、自動音声読み上げ(TTS=Text To Speech)で聞くことができるそうだ。
また、Bluetooth通信やUSB接続で、Amanekチャンネルをカーオーディオで楽しめるとのこと。アプリでは「Amanekチャンネル」以外の全チャンネルを、音声のみ受信が可能。

いずれも、iOS/Android両対応の無料アプリだ。

2.インターネット・サイマル配信の開始
7月1日以降、「i-dio」アプリV2.0のインターネット受信モードを利用すれば、専用チューナーなしで、インターネット経由で「i-dio」を利用できるようになる。
しかも、Radikoなどとは違い、放送と同じ高音質での配信となるそうだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 放送メディア ブログトップ