So-net無料ブログ作成
検索選択

マンガ ブログトップ

西原理恵子が「卒母」宣言 [マンガ]


“卒母”宣言 子離れできますか - NHK クローズアップ現代+

2017年6月26日(月)の、NHKの「クローズアップ現代+」を見た。
これまでこのブログでは言ったことがなかったかもしれないが、私は、「恨ミシュラン」の頃からのサイバラファンであり、「西原理恵子」はレコーダーのキーワード予約録画に入っているので、自動録画されていたのだ。

西原理恵子氏が「卒母」を宣言 決断に絶賛の声 - ライブドアニュース

この番組で、西原理恵子が「卒母(そつはは)」を発表したことを取り上げていて、それが話題になっている。

16年もの間「毎日新聞」で連載されていたマンガ「毎日かあさん」も、6月26日で連載終了したそうだ(ただし、10月からは新しい連載をスタート予定とのこと)。

「毎日かあさん」は、彼女の家族の日常をネタにしたマンガで、連載中に、戦場カメラマン・鴨志田穣の離婚、そして、復縁と逝去を体験。
その後は、シングルマザーとして2人の子どもを育ててきたが、息子は留年と留学を経て、今年の春には大学に進学。
娘も、高校に進みながらも、劇団に入り女優の道を進み始めており、二人ともすでに精神的な母離れが完了。
一方で、彼女は、高須クリニック創業者の高須克弥と事実婚状態。

もちろん、子供たちはまだ自分で稼げるわけではないので、経済的な援助は続けるそうだが、自分の行く道を見つけて進み始めた子供たちを見て「それ以外の干渉はもうしちゃいけない」と決心したのだそうだ。

子育て終わり。お母さん卒業。各自解散!」

と西原理恵子は言う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新潮」12月号で、手塚治虫の秘蔵画像を初公開 [マンガ]


手塚治虫の秘蔵画像が初公開 「エロス」がテーマ

11月7日発売の雑誌「新潮」12月号で、手塚治虫の秘蔵画像が「手塚治虫のエロティカ」と題して初公開されているそうだ。

9/28放送予定 NHK「探検バクモン」は『手塚治虫 最後のアトリエ』です!:アニメ/映像:ニュース:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト

1989年に亡くなったマンガ家・手塚治虫の仕事場が、今も家族の手でそのまま残されていることは、少し前にNHK総合で放送された「探検バクモン」で、手塚治虫の机の「開かずの引き出し」があったのを、長女るみ子さんが合鍵を作り、開けてみたということで、話が出ていた。
ただ、番組内では、引き出しからは、るみ子さんの子供の頃の絵が出てきた、という美談だけで終わっていたのだが、

手塚治虫の机の「開かずの引き出し」が開いた!その発見資料と反響 - Togetterまとめ

実際には、200点もの遺稿が発見されていたようだ。

今回その中から、「エロス」をテーマに選んだ29点が、雑誌「新潮」に掲載されたそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「聲の形」作者の新連載が今秋からスタート [マンガ]

「聲の形」はやはり凄かった:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

このブログでも、以前、マンガ「聲の形(こえのかたち)」について、イジメというものの本質について深く考えさせられ、広く読まれるべきマンガだと思い、感想を書いたが、その作者・大今良時さんが、今秋から新しい連載を開始することが発表された。

ytryrt5435ewrs.jpg

「聲の形」の大今良時、今秋にファンタジー新連載開幕!マガジンに予告 - コミックナタリー

掲載誌は、、「週刊少年マガジン」(講談社)で、イメージイラストが一枚公開されているのみで、タイトルさえもまだ未定。
詳細は、今後、「週刊少年マガジン」誌上で、随時発表されることになるようだ。

新連載については、イメージイラストに添えて、「心の形、人間の形。“彼”の目を通して知る、世界の『優しさ』と『厳しさ』があなたの胸を締め付ける。まだ誰も読んだことがない新時代のファンタジーが誕生」という予告が書かれており、SF技法を使って、人間の心の内面を描くようなマンガになるようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マンガ ブログトップ