So-net無料ブログ作成
検索選択

海外に通用するお笑い芸人は [お笑い]

日本のお笑い芸人で、海外に挑戦した人は、過去にもいろいろいる。


ジパング 世界の反応 あぁ面白いわ。落語を英語で披露してみたらこうなった。 海外の反応

まず、一番最初の挑戦だったのは、多分今は亡き桂枝雀の英語落語だったと思う。
彼の試みは、今も受け継がれていて、


海外公演のご紹介

桂かい枝が落語を英語化して、海外公演を続けていたり、桂三輝というカナダ人の落語家まで現れ、落語を世界に広めようとしている。


いっこく堂の海外の反応とくも膜下出血その後は?「見る価値がある!」「偉大なエンターテイナー」 | NORMAL CHINA

もう一方で、腹話術の鬼才・いっこく堂も、英語や中国語などでも腹話術を披露し、2000年以降、世界で公演を続けていた。
ただ、昨年くも膜下出血で倒れ、ようやくリハビリから復帰した段階。
命に別状はないものの、再度の海外進出は、体調に気を付けながら、行うことになりそうだ。

最近では、ネット動画経由で海外でもウケている芸人が、出始めていて、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AIで曲を作ってくれる「Amper Music」サービス [サービス]

Amper-Music-Founded-by-Drew-Silverstein-16BUS.jpg

無料でロイヤリティフリーの楽曲を人工知能で作曲し放題、ダウンロードもできる「Amper Music」 - GIGAZINE

音楽ジャンルや、雰囲気を表現するキーワード、曲の長さなどを選択するだけで、自動的に人工知能が楽曲を作曲してくれる「Amper Music」というサービスが、無料で公開されているそうだ。

制作された楽曲は、ダウンロードも可能で、ロイヤリティフリーとのこと。
個人および非営利目的に限られており、商用では使用できないが、アフィリエイト広告付きのYouTubeなどで利用することまでは、可能なようだ。

Amper Music

「Amper Music」サービスは、こちらのサイト。

現状はベータ版となっていて、利用に際して、ユーザー名、パスワード、メールアドレス、氏名の入力は必要なようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界初のアニソンの定額配信「ANiUTa」 [ネット配信]

aniuta.png

世界初! アニソンの定額配信がスタート - 日経トレンディネット

アニメやゲーム、声優、ボーカロイド、特撮関連の楽曲に特化した定額制音楽配信サービス「ANiUTa」(アニュータ)が、3月24日からサービスを開始したそおうだ。

フライングドッグ、エイベックス・ピクチャーズ、KADOKAWA、サンライズ音楽出版、東映アニメーション音楽出版、東宝、フロンテイアワークス、ポニーキャニオン、マーベラス、ランティスの10社が参加し、mages.、NBCユニバーサル・エンターテイメント・ジャパン、カプコンや日本ファルコムなど、現段階で30レーベルが参加するメーカー/レーベルを横断するサービスだ。

サービス開始時点で5万曲以上の楽曲が用意され、そのうち約2万曲が定額制音楽配信サービスでは初解禁の楽曲となるらしく、プレミアムコンテンツとしてANiUTaのみで聴ける楽曲も用意されるという。

料金は月額600円(税込)で聴き放題となっており、無料会員登録でも、配信楽曲の検索や、30秒程度の楽曲試聴ができるそうだ。

アニメの作品名で検索できる機能や、歌詞表示機能、楽曲をオフラインで聴ける機能などもあり、会員特典としてライブやイベントのチケット先行応募サービスなども行うらしい。

アプリは、Android 5以上、iOS9以上の専用アプリが用意され、サービス開始当初はまず日本のみで展開するが、2017年度末までに海外展開を目指すという。

音楽定額配信としてジャンルに特化したものは、高音質のクラシックやジャズでは見たことがあるものの、アニソンという試みは初めてだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米林宏昌監督の新作「メアリと魔女の花」の声優キャスト発表 [映画]

1481764970_1_4_521d8292fbb6c15036437d69b16de608.jpg

元ジブリ・米林宏昌監督は「メアリと魔女の花」を来夏公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督が、新作「メアリと魔女の花」の制作を行っていることは、以前、このブログでも制作が発表されたことをご紹介したが、その続報だ。

まず、この映画については、森永乳業がメインの冠スポンサーとなって、制作を支援しているそうで、それもこれもスタジオジブリの監督という前歴があってのことではあるだろう。
「メアリと魔女の花」が成功するかが、米林宏昌監督が、ジブリの看板を外して今後も作品を作り続けられるか、重要な試金石になるだろうな。


小日向文世、アニメ初挑戦!米林監督『メアリ』声優に天海祐希&満島ひかりなど(1/2) - シネマトゥデイ

新たな約1分の予告編が公開されたが、アリエッティやマーニーというよりは、むしろ「ポニョ」を思い浮かべるような、ダイナミックだが安心感のあるジブリ画調。

さらに、以前紹介されたヒロインのメアリの声・杉咲花に続いて、その他の声優陣も公開された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明石家さんまが、29年ぶりにニッポン放送でメイン番組 [ラジオ]

明石家さんまというと、今でも、関西のMBS毎日放送で「ヤングタウン土曜日」に出演し続けているが、それはさんまがトラブルを起こし一番苦しかった時代に、一貫して支え続けてくれた番組スタッフへの義理であるという。
同じく、毎日放送の関西ローカル番組「痛快!明石家電視台」を続けているのも、同じ理由らしい。

そんな義理に厚い明石家さんまではあるが、テレビ東京やNHKとはそりが合わず、ずっと出演がなかったが、NHKは昨年久しぶりの出演を果たしたのが話題となった。

明石家さんま、29年ぶりにニッポン放送でメイン番組「とりあえずやってみよか」 - お笑いナタリー

ラジオでは、過去にはレギュラー番組を持っていたのに、ずっと出演していなかったニッポン放送で、さんまが、久々に、特番で冠番組をやるという。

それが、来週の4月17日(月)の18:00~21:50に放送される生番組「君に耳キュン!雪どけ 春の大作戦 明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト」だ。

さんまは、かつてニッポン放送で「明石家さんまのオールナイトニッポン」「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」などの冠番組を持っていたが、1988年以降は、突然のゲストのような形以外はほぼ出演しておらず、パーソナリティとしては、29年ぶりの出演となるという。

アシスタントとして、ベテランの増山さやかアナが付き、番組コンセプトは「1億2000万人のリスナーと作る愉快な音楽番組」とのこと。
リスナーが自身のエピソードをさんまに話し、曲をリクエストする。また、さんまからは「なぜ29年間もニッポン放送の番組でパーソナリティを担当してこなかったのか」「なぜ今回特番への出演を決めたのか」といった話題も語られる予定だそうだ。

さんまはニッポン放送との関係について「雪どけ・・・ウーン、まだとけたかどうか判らんなぁ。凍らせたままが良いのかもしれない」とコメントしつつ、「でも、とりあえずやってみよか、3時間50分!」と意気込んでいるという。

実は、ニッポン放送で番組を持ちながら、この頃にニッポン放送と絶縁した大物タレントは多い。
明石家さんまだけでなく、とんねるず、伊集院光なんかもそうらしい。


【宮本幸一の伝説】伊集院光との確執 ニッポン放送 専務取締役 明石家さんま、とんねるず ラジオで激怒 - NAVER まとめ

その原因は、当時はディレクターだった、現ニッポン放送専務取締役・宮本幸一という人との確執だったと言われている。
その一端については、伊集院光が、ラジオで時々語っている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感