So-net無料ブログ作成
検索選択

デアゴスティーニ「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」 [音楽]

マニアックなテーマの分冊百科と呼ばれる出版形態で有名なデアゴスティーニに、久々にびっくりさせられた。

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円 - ITmedia LifeStyle

デアゴスティーニ・ジャパンが、隔週刊「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」を8月29日から全国の書店および同社サイトで発売するそうだ。

ザ・ビートルズがこれまでリリースしてきたアルバム全23作品のLPレコードが、コンプリートできる分冊百科だそうだ。

これまで、こうした分冊百科で毎号CDやDVDが付いてくるのは、非常に多いが、LPレコードが付いてくるというのは初めての試みだろう。

人気復活のアナログレコード、市場規模は1千億円到達へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

最近アナログレコードが復活しつつあるとは聞いていたが、こういう商品企画が成立する程、復活しているとは思わなかったな。

また、こうした商品企画の端緒として、まずビートルズを選択するというのは、無難なところ。
アナログレコードの良さの一つとして、ジャケットアートが挙げられるが、オリジナルジャケットを再現するようで、それだけでも嬉しい人たち(主にお年寄りだが)は多いだろう。

ts_beatles01.jpg

ただ、公式ページの写真を見ると、ジャケットに余計なプリントが追加されている気も。こういうのは誰も喜ばないので、やめて欲しかったな。やるなら、帯でやればいいのに(それもと、シールなのか?)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明石家さんま・オールナイトニッポン 特番第2弾! [ラジオ]

9a670d5080cd4c24cd5e5c964fb01be2.jpg

明石家さんまがニッポン放送に帰ってきた!29年間出演しなかった真相を語る。 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

今年4月に、明石家さんまが、29年ぶりにニッポン放送でワイド番組特番に復帰したことが話題を呼んだ。

その際、29年出なかった理由についても説明していたが、ニッポン放送から、野球中継のゲストを依頼されたが、スケジュールの都合で録音になってしまい、やむを得ず事前に収録した。しかし、実際の番組では、本人の了解のないまま、生放送に出演しているような無理矢理な編集で流されたことで、さんまがニッポン放送に対して不信感を抱き、出演を断るようになったという。
伊集院や、とんねるずなんかのケースとは、若干違うようだ。

その放送が好評だったのか、このたび、第2弾の生特番が放送されることが発表された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Netflixは日本のアニメ産業を救うのか!? [ネット配信]

「世界中にアニメファンを作る」Netflixがアニメ注力宣言。湯浅監督らも参加 - AV Watch

Netflixが8月2日に開催したイベント「Netflixアニメスレート 2017」で、Netflixオリジナルアニメの制作発表が行われたが、それに留まらず、重要なメッセージが発表された。

登壇したグレッグ・ピーターズ社長は、以前から、自分自身大のアニメ好きを公言していたが、今回、「日本のアニメスタジオと共に多くの作品を作り、世界配信し、世界中にアニメファンを作っていく」と宣言したのだ。

1ec1afd7.jpg

プレゼンによれば、もちろん、日本ユーザーでアニメを見ている比率は大変高いそうなのだが、現時点でも、Netflixの全世界でのアニメの消費量という観点で見てみると、日本以外が90%以上を占めているという。

また、マップを見てちょっと驚いたのは、中国にも色がついていたこと。Netflixって、中国で利用できたっけ?と思い調べたら、

Netflix、中国進出へ:バイドゥ傘下の配信サービスと提携 | DIGIDAY[日本版]

2017年4月から、バイドゥ(百度)傘下のオンライン配信サービスであるアイチーイー(愛奇芸:iQiYi)と、オリジナルコンテンツに関するライセンス契約を結んで、公式に配信を開始しているそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニッポン放送の音声配信サービス「Radital」が突然終了 [ネット配信]

images.jpg

Radital

2017年8月2日付で、ニッポン放送の音声配信サービス「Radital」が突然終了するということが公式サイトで発表され、ちょっと驚いている。

TBSラジオが運営する「らじこん」とは|ホームメイト・リサーチ

「Radital」というと、TBSラジオが始めた有料音声配信サービス「らじこん」に、ニッポン放送が対抗する形で始めたサービスだったと思う。

「らじこん」の方は、他の放送局の配信にも利用され、TBSアナウンサーの独自コンテンツ配信も多数あったりして、かなり頑張ってはいたのだが、DRMの掛かったWMAでの配信が多く使い勝手が悪いし、料金的にも定額制が主流の今からは考えられない程馬鹿高く、一足先の2015年に終了してしまった。

一方、「Radital」の方は、オールナイトニッポンのスピンアウト番組や、アイドル、アニメ声優などの独自番組などが売りだったみたいだが、私はあまり興味がなかったので、最近は、サイトにアクセスすることもなく、近況については全く知らなかった。

【セキュリティ ニュース】ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT

なので、私はニュースを見逃していたのだが、「Radital」では、2017年3月11日に、不正アクセスを受け、サーバ内に保存されていた顧客情報が、外部へ流出する事故が発生したそうなのだ。

当時のニュースによれば、「同社は、情報流出した可能性のある顧客へ個別に連絡を取り、事情を説明するとしている。」とのことだったが、その後は続報は何もなし。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月度首都圏ラジオ聴取率調査結果から [ラジオ]

ビデオリサーチ 2017年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる(株式会社ビデオリサーチ プレスリリース)

2017年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

ビデオリサーチによる2017年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表された。
ビデオリサーチでは、一般にはラジオ全体の数値しか発表していないが、ラジオ全体の聴取率、接触率については、相変わらずじり貧が続いていて、回復の糸口は見えない状況みたいだ。

ラジオ聴取率過去最低水準も聴き方変化で「自由に聴く時代」

タイムフリーが、どの程度聴取率に影響しているのかはよくわからないが、もし調査に含まれないのなら、そろそろタイムフリー込みの調査をしないと、調査が実態を表さなくなっているかもよ。

ビデオリサーチの発表を受けて、各局が、聴取率に関する発表を行うのが通例だが、TBSラジオの発表がいまだにない。

聴取率16年連続No.1・TBSラジオのネット戦略 「スマホでradiko」革命と書き起こしの是非 | ORICON NEWS

ただ、こちらの記事を読むと、「96期(16年)連続No.1(6月版も含む)」とあり、最新調査でも、聴取率ナンバーワンの地位は確保した模様だ。
ちなみに、この記事、タマフルで公式に書き起こしを掲載している意図を説明していたりして、面白い。

バナナマン、冠ラジオ番組の好聴取率に沸くオードリーに挑発の寿司写真! | アサ芸プラス

また、オードリーがこれまでにない最高聴取率を叩きだしたことを、ニッポン放送の社長が発表したのに対し、裏番組のTBSのバナナマンがさらにそれを上回る聴取率だったそうで、個別には聴取率の情報が漏れ聞こえてきている。

一方、他局の発表内容を読むと、前回に比べてTBSラジオとの差はさらに縮まった印象を受ける。

J-WAVE(81.3FM)6月度聴取率調査で「M1+F1(男女20~34歳)」「M2+F2(男女35~49歳)」ほか首位を獲得!:時事ドットコム

実は、今回、聴取率に関するニュースリリースを真っ先に出したのが、J-WAVEだった。
内容的には、多くの年齢性別や属性ごとのセグメントにおいて聴取率トップだったことを根拠に、「主要ターゲット層において引き続きトップレーティングを獲得」と報じている。
今回、平均聴取率も、ニッポン放送を逆転して2位となったようで、全体的に好調であったことを伺わせる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感