So-net無料ブログ作成
検索選択

Amazon Audibleを再度試用する [ネット配信]

Audibleで「ヴォイニッチの科学書」バックナンバーが聴ける:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

Amazon Audibleというオーディオブックサービスについては、以前、1ヶ月の無料期間だけ、試用したことがある。
正直、聴きたいコンテンツは科学情報番組「ヴォイニッチの科学書」の古いライブラリぐらいしか見当たらなかったので、月額1,500円は高過ぎると思い、本契約には至らなかった。

Audible(オーディブル)で本を聴こう。プロのナレーターによる朗読をアプリで。

Amazonプライム会員になった特典として、Amazon Audibleが、3ヶ月も無料で試用できる、とある。
私は通常会員時代に、Amazon Audibleの1か月無料体験したことがあり、その場合、改めてプライム会員の特典を利用できるかメールで確認してみたところ、利用可能とのこと。
そこで、早速登録してみた。

と言っても、明確に聴きたいコンテンツは、その後の「ヴォイニッチの科学書」のバックナンバーだけ。
以前試用した時より、また新しい時期のコンテンツが追加されていたので、それらを片っ端からダウンロードし、聴き始めている。
Amazon Audibleは、一度ダウンロードしておけば、月極契約を解約した後でも聴き続けられるがいいところだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ラジオ読本2017」を購入 [本]


2014年に「21世紀ラジオ読本」というラジオ番組に関するムック本を発売した洋泉社が、2年ぶりに続編になる「ラジオ読本2017」を発売したので、購入した。

価格は、税別1,200円だ。

ナイツ、壇蜜、土屋礼央のパーソナリティインタビューや、荻上チキ、岩井勇気(ハライチ)へのパーソナリティアンケートが主体となっていて、さらに、松村邦洋やえのきどいちろう、東出昌大、大根仁などがリスナーの立場で語るコーナーなど、両面からラジオを深堀する構成となっている。

個人的には、地方ラジオ局の面白そうな番組紹介が参考になった。
そうして知った番組を、radikoタイムフリーで、気軽に聴ける時代になったのも素晴らしいな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NHKテレビ放送のネット受信料案に拍子抜け [テレビ]

全文表示 | ネット利用者は全員、NHK受信料を払う時代に? 経営委員長の発言真意めぐり論議 : J-CASTニュース

以前、NHKがテレビ放送をインターネットでも同時配信することを計画していて、その際、「インターネットが引かれていれば、たとえ配信を見なくて、受信料を徴収する」らしいという噂が流れ、あちこちで批判が相次いだことがあった。

NHK、ネット受信料の新設に向け意見募集。放送契約者は追加負担なし - AV Watch

その後、総務省が、インターネットのみでNHK番組視聴する人などを対象とした、新受信料制度の導入に向けた意見募集を、6月28日から7月11日24時まで受け付けており、それにより、具体的な制度について明らかになった(上記記事は、「NHKが」と書いているが、NHKにそんな権限はないので、「総務省が」の誤りと思われる)。

これに関し出ている情報としては、大まかには次の通り。

・現状の放送の受信料制度は今のまま継続
・NHKは2019年をめどに、インターネットと放送の常時同時配信を本格開始することを目標としている
・テレビを持たない世帯(総世帯の5%)が、PCやスマートフォンなどで、NHKのネット配信を利用する場合にネット受信料が必要
・費用負担は「世帯」単位を想定しており、利用者を把握するために何らかの認証を用いる
・スマホなどの受信アプリをインストールし、何らかの手続きを行うことで、ネット配信が見られるようになる
・大規模災害時などにはこの認証を解いて、特例的に誰でも見られるようにすることを想定している
・テレビを所有し、放送受信契約を結んでいる世帯については追加負担を求めない(ネット配信は無料で見られる)
・ネット受信料は、地上波同額の2,520円にする案が出ている
・民放に配慮し、配信エリアの制限は行うらしい(例えば東京で大阪局の放送は見られない)
・7月下旬に正式決定する予定
・常時同時配信のサービスに併せ、見逃し配信も提供する

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年7月スタートのラジオ新番組 [ラジオ]

ラジオのメインの番組改編期というと、4月と10月なので、7月開始の新番組は多くないのですが、それでもいくつか気になる番組があったので、ご紹介を。

program_icon_pc_112_9abae442db852a9581dea370cdacf17b01b783eb.jpg

サンドウィッチマンが『少年ジャンプ』漫画家に迫る 創刊50周年記念のラジオ新番組 | ORICON NEWS

まず、TBSラジオで、「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」が7月1日(土)にスタートした。
毎週土曜深夜0:30~1:00に放送され、「問わず語りの松之丞」の後番組となる。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ | TBSラジオクラウド

また、ラジオクラウドでも配信されるので、全国どこでも聴くことができる。

ジャンプ大好きコンビのサンドウィッチマンがパーソナリティを務め、ゲストにマンガ家などをゲストに迎え、作品や作家の普段の人となりについて伝える番組となっている。
初回ゲストは、サンドが大ファンでよく物まねする「魁!!男塾」で知られる宮下あきら氏だったが、宮下あきら氏自身がかなりの天然で、初回から面白かったなぁ。

【追記】
吉田照美が月イチ限定企画でTBSラジオに復帰!
「吉田照美のてれジオ倶楽部」という新番組が、6月19日(月)から、月イチ番組としてスタートしている。
BS-TBSとの連動番組で、さまざまな分野で活躍する著名人をゲストに迎え、その人の趣味を中心に、 トークと実践で展開する“趣味発見バラエティとのこと。
吉田照美は、久々のTBSラジオ復帰となるが、忙しそうだな。今年3月で文化放送の帯を卒業後、むしろ仕事増えてるんじゃないだろうか。
放送は、毎月第3月曜日の19:00~19:30のようだ。

おとなの自動車保険 presents YUKI HELLO! NEW WORLD -TOKYO FM 80.0MHz -

TOKYO FMで、「おとなの自動車保険 presents YUKI HELLO! NEW WORLD」が7月2日(日)にスタート。
毎週日曜15:30~15:55に放送。
DJは、自称“ミス・大丈夫”YUKIで、全国のリスナーにエールを送る25分間とのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビ東京のバラエティ番組「池の水ぜんぶ抜く」 [テレビ]


テレ東 なぜ「池の水ぜんぶ抜く」異色企画?最初は「やめろ」の声も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

テレ東「池の水ぜんぶ抜く」に伊集院光が参戦!ラジオで自ら“立候補”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

6月25日(日)に放送されたテレビ東京の日曜ビッグバラエティ「池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 緊急SOS!ヤバイ現場に行ってみた!」が面白いと、伊集院光がラジオで言っていて、自分から立候補して出演したというので、初めて見てみた。

今回で、3回目なのだそうだが、第1回、第2回は気付かず、見ていないが、なかなか面白い番組だった。

第2回は4月23日(日)に放送され、今回の第3回では、伊集院光が自ら出演を希望し、番組の噂を嗅ぎ付けた千葉県習志野市長からの依頼に応え、池を綺麗に生まれ変わらせるという企画となっていた。

池の水をすべて抜き、外来生物を駆除したり、ガラクタを除去するという番組企画が、「そんなもの何が面白いんだ?」と思う人も多いだろう。私も、伊集院光の説明を聞くまでは、ピンとこなかったし、本当の面白さが分かったのは、実際に番組を見た後だった。

番組を手掛ける同局の伊藤隆行プロデューサーは、何度も社内の反対の声を浴びながら、粘り強く実現し、とうとう2017年1月15日(日)に、日曜ビッグバラエティ「緊急SOS!外来種から日本を守れ“池の水ぜんぶ抜く”」として放送に漕ぎつけたのだそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感