So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前の5件 | -

ラジオリスナーをアプリで囲い込むのは得策なのか? [ネット配信]

radiko.jp

ネット経由でラジオが聴けるというのは、大変便利なサービスで、特にradiko.jpは、プレミアム会員にも登録し、毎日愛用させてもらっている。
最近は、NHKラジオもradikoアプリで聴けるようになり、NHKを聞くときだけ別の「らじる☆らじる」アプリを立ち上げなければらならない不自由さからも解放されたのは有難いことだ。

その一方で、ラジオリスナーを放送局独自のアプリで抱え込もうという動きも出始めていて、リスナーの立場としては、首をかしげざるを得ない。

unnamed.jpg

RCCラジオが公式アプリ、面白かった場面をPUSH通知し聴取可能に | 日経 xTECH(クロステック)

2018年10月1日に、中国放送(RCC)が、RCCラジオの公式スマホアプリをリリースした。

RCCラジオ - Google Play のアプリ

ダウンロードはこちらから。

このアプリでは、radiko.jpを利用してRCCラジオが聴けると同時に、スマホのPUSH通知から番組の面白かった場面を、タイムフリーで聴けるようにする機能「キキミミ」をを搭載する。
その他に県内で発生した気象警報をPUSH通知で知らせる機能や、番組ごとの投稿フォームからメッセージを簡便に送る機能などを備え、番組ブログや最新の話題を読むこともできる。

RCCラジオだけを聞くリスナーにとっては、これは、とても便利なアプリと言えるのかもしれないが、こうしたアプリでリスナーを囲い込んでしまおうという内向きの姿勢が、果たしていいのか、疑問を感じるところもある。

コミュニティ放送 - Wikipedia

コミュニティFM局にも、似た動きがあり、これまでコミュニティFMのネット配信サービスというと、JCBA、SimulRadio、ListenRadioなどがあり、そのうち複数のサービスで配信するFM局もあれば、どれか一つのサービスでのみ配信するFM局もあり、それだけでもややこしかったのだが、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラジオ局のアナウンサーカレンダー [出版]

今年も、来年向けの、いわゆる「女子アナ・カレンダー」なるものが発表されつつあるが、テレビ局はあまり興味ないので、ここではラジオ局関係のカレンダーを取り上げておきたい。

softya_cl-0246.jpg

TBSアナウンサーズカレンダー2019(TBS特典付き)|TBSishop|テレビ・カタログ通販、グッズ・DVD&Blu-ray

ますは、テレビ局でもあるがラテ兼業局ということで、TBSの女性アナウンサーカレンダーの内容が発表になっているので、まずはご紹介。
登場アナウンサーは、次の16人とのこと。

2018年12月:林みなほ
2019年 1月:笹川友里
2月:宇垣美里
3月:宇内梨沙
4月:宇賀神メグ、田村真子、良原安美
5月:山本里菜
6月:皆川玲奈
7月:日比麻音子
8月:小林由未子
9月:伊東楓
10月:上村彩子
11月:山形純菜
12月:古谷有美
2020年 1月:山本恵里伽

今年は、表紙+14ページの豪華版で、2011年入社以降の女性アナウンサー16人が勢揃い。

まず、若手女性アナウンサーの多さにビックリ。一人しか採用しなかった林みなほアナの頃に比べ、最近、毎年たくさん採用しているなぁ、とは思っていたが、こうして見ると壮観だ。
昨年入社の新人アナウンサー3人は1か月にまとめ、産休中の吉田明世アナはパスしても、なお、2018年12月始まりで、2020年1月まで必要だったほど多い人数だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハイレゾ級放送「i-dio HQ」って、全然やる気ないこと丸わかり(2) [放送メディア]

さて、前回、「HE-AAC」というコーデックが、ハイレゾ級放送を行なう上で、なかなか優れたコーデック方式であることを説明した。

ただ、褒められるのは技術的観点のみであり、実際に流れているコンテンツは、悲惨な状況にある。

ototoy-radio_logo.jpg

ハイレゾ級[i-dio HQ]対応番組「OTOTOY RADIO」7/23 17時放送開始 - 2018.07.19 - i-dio

i-dioでは、ハイレゾ級の「i-dio HQ」対応の番組「OTOTOY RADIO」を、7月23日から、毎日1時間放送し始めた。

最初に、この番組を聞いた時の印象は、ハイレゾ再生はしていなくても、確かに音質はいいな、というものだった。
掛かる曲のジャンルが偏るのは、放送許諾を取るのが大変だから、仕方ないのかな、という不満もあったが、ここまではまだ好意的にとらえていた。

ところが、それから、しばらく経って再び同じ番組を聞いのだが、あれ?と思った。以前聞いた番組と全く同じだったのだ。
それでも、「まあ、毎日、新しい番組を流すのは、確かに無理かもな」と思ったので、ある程度リピート放送になるのはやむを得ないのかな、とは思った。

ところが、翌日も、翌週も聞いたら、やっぱり同じなのだ。

ネットで検索して番組表を見て分ったのは、どうやら、この「OTOTOY RADIO」という番組、初回放送から同じ番組を毎日繰り返し放送しているだけ、らしいのだ(10月16日から、ようやく第2回が放送開始されたみたいだが)。

知って唖然。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハイレゾ級放送「i-dio HQ」って、全然やる気ないこと丸わかり(1) [放送メディア]

ototoy-radio_logo.jpg

i-dioがハイレゾ級音質の「i-dio HQ」で番組放送開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

2018年8月に始まった「i-dio HQ」による放送って、技術的には、かなり興味深いことをやっていると思う。

「i-dio HQ」が採用した「HE-AAC」というコーデックは、これまで低ビットレートで比較的高音質を目指すために作られた規格だった。

通常、音楽などをデジタル化する場合、サンプリングレート(波形を検出する周期)は40KHzまたは44KHzで符号化する。
デジタル化した波形を、アナログに復元する際、サンプリングレートの半分の周波数までは、忠実に波形を再現できるということが、標本化定理という数学的原理で分かっているので、40KHzであれば人間の可聴帯域の上限である20KHzまでの再生が行なえる。
実際には、20KHz以上で発生するノイズをカットする必要があり、ハイカットフィルターを入れると、実際の上限は18~19KHzになる。サンプリングレートを44KHzにすれば、ハイカットフィルターを入れても、余裕で20KHzまでの高音を保証できるという違いがある。

例えば、radiko.jpなどでは、「HE-AAC」を使い48kbpsの低ビットレートで、128kbpsのMP3並みの音質を実現しているという。

radiko.jpでは、元の音源を、サンプリングレート22KHzのAACコーデックでエンコードする。この状態で、再生可能な周波数上限は約11KHzとなる。その代わり、ビットレートを大幅に削減することができる。radiko.jpの場合、AAC自体のビットレートは、32Kbps程度のようだ。
この状態のAACをそのまま再生すると、高音が出ないモゴモゴした変な音になるが、一応、内容は聞ける。

「HE-AAC」では、この基本のAACの上に、サンプリングレート44KHzのSBRと呼ばれる11KHz~22KHzの高域の11KHz以下との相関情報を生成し、再生時には、AACファイルに加えて、SBRから推測される高域情報を合成して、20KHzまでの音声を再生する。

MPEG-4 Part 3 - Wikipedia

さらには、「HE-AAC V2」は、左右の音声の相関からデータを圧縮するパラメトリックステレオという技術も採用されており、それらと合わせて、低容量で、より高ビットレートのMP3コーデックと同等の音質を実現している。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」が大人気 [音楽]


サンドウィッチマンの新刊2冊:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、このブログで、伊達ちゃんの編み出した「ゼロカロリー理論」を歌詞に織り込んだ楽曲「ウマーベラス」が、MONKEY MAJIKとのコラボでリリースされることを書いたが、歌詞のくだらなさと正反対に、曲の出来が素晴らしく、かなりの評判を呼んでいるようだ。
私も、最初MVを見た時から、耳から離れなくなって、今、レビロテで聴いている。

なお、音源は、Amazon、Mora、e-onkyo musicなどでもダウンロード販売され、定額音楽配信のAmazon Music UnlimitedやSportifyでも聴けるみたい。
また、MONKEY MAJIKとサンドウィッチマンのツアー会場限定で、3曲入りCDも販売されているそうだ(税込1,000円)。

実際、YouTubeのアクセスも多く、音源配信も売れているそうで、最近、サンドがゲスト出演した番組では、必ずこの曲を宣伝しているし、ラジオなら流してもらっていることが多いからも分かる。
こんなの、サンドでは過去にないことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -