So-net無料ブログ作成

任天堂・岩田聡社長が逝去 [ゲーム]

スポンサードリンク




任天堂の岩田聡社長が逝去、海外のファンからも悲しみの声…海外の反応

任天堂の岩田聡社長が、2015年7月11日に胆管腫瘍で亡くなったことが発表された。
2014年6月に胆管に腫瘍を患っていることを公表したのは知っていたが、手術後割とすぐに復帰したし、E3 2015のスピーチ映像でも、末期がんに見られる痩せ細った感じもそれほどなかったので、このタイミングで亡くなったのは意外だった。
享年55歳とは若過ぎる。

任天堂の社長「岩田聡」の天才っぷりがわかる逸話 - NAVER まとめ

と発表した。岩田聡氏は1959年、札幌市で生まれ、だった。2002年、代表取締役社長に就任してから「ニンテンドーDS」や「Wii」などを世に送り出し、任天堂の成長を牽引した。

岩田というと、後に任天堂に吸収されるゲームベンダー「HAL研」で、ファミコンの「ピンボール」「ゴルフ」「バルーンファイト」などを手掛け、当時のプアな8ビットマイコンで、滑らかな物理運動のアニメーションを実現したことで有名になったプログラマーだった。
後に、HAL研の社長となるが、社長就任中にも、「MOTHER2」が頓挫しかかっていた時に、後からプログラマー兼プロデューサーとして参加し、「今あるプログラムを使うと完成まで2年かかります。ですが私が一から作れば1年で出来ます。どちらにしますか?」と発言し、必要なプログラム構造を一から設計し直し、見事1年で完成させたという逸話など、様々な伝説的逸話を残した。

その後、任天堂の山内溥社長に乞われ、任天堂の社長に就任。
就任後は、Nintendo DS/3DS、Wiiなどをリリースし、幅広い層が楽しめるゲーム作りを信念に着実なビジネスを続け、名作ゲームを数々送り出してきた。

「星のカービィ」「大乱闘スマッシュブラザーズ」といった代表作を見ても、ゲームデザイナーとしては、物理的シミュレーションによる動きをゲーム化するのが好きだし、得意だった人だったんだな、と改めて思う。

世界のゲーム業界に、大きな功績を遺した人物であり、本当に惜しい人を亡くしたのは間違いない。
ググってみても、世界中からの反響が大きいことからも、この方の真実の評価が分かる。

改めてご冥福をお祈りいたします。

後任の代表取締役は、とりあえず、竹田玄洋(代表取締役専務取締役)、宮本茂(代表取締役専務取締役)の二人となるそうだが、改めて新体制が組まれることになるのだろう。

正直、Wii Uの迷走は、任天堂にとって頭痛の種だったはずで、岩田氏にとっては心残りのままのご逝去だったに違いない。
また、任天堂自体も、この時期の岩田氏の体調不良は、大きなかじ取りをする上で、かなりのリスクであったのかもしれない。

新任社長が、任天堂を、ソニーやマイクロソフトとは違ったどういう方向に舵を切るのか、新しい方向性が示されるのを待ちたいな。

関連記事:
E3 2015のトレンド:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました