So-net無料ブログ作成

「i-dio」のグランドオープン [放送メディア]

スポンサードリンク




i-dio.jpg

「i-dio」の放送が、7月1日にグランドオープンした。
金曜日だったので、夜に帰宅する際に、スマホアプリの「ネット受信モード」で聴き始めたが、やっぱり音はいいね。
音楽がいいのはもちろんだが、スタジオの人の声も、マイクの種類、距離、カバーの質などにも気を使っているのが分かる。

本放送の内容については、今のところ「TS ONE」しか聴いていないが、番組表を見る限り、「MUSIC ARROWS」「SPLASHDOWN BROOKLYN」などの新番組がいくつか増えており、その代わりリピート放送は減った感じがする。
聴いていて、出演者もあまり気負った雰囲気もなく、静かなスタートだった気がするな。

さて、それを聴くための新しいアプリについてだが。

TS PLAY - Google Play の Android アプリ

6月28日に配信された「TS PLAY」アプリが、Android 4.2以上という条件を満たすのに、規約画面から進めず使えないスマホやタブレットがあることを報告したが、その後、該当機種はGooglePlayで「TS PLAY」が表示されなくなった。
素早い対応は素晴らしいが、できればなるべく早く「聴ける」方向に対応して欲しいな。

TS PLAY on the App Store

一方、iOS版もリリースされたみたいだが、私が持っているiPhone 5には非対応とのこと。iOS 9にアップグレード済なので、OSのバージョンの問題ではないようだ。

i-dio - Google Play の Android アプリ

i-dioを App Store で

続いて、7月1日にリリースされた「i-dioアプリ Ver.2.0」も、試してみた。
Anodroid版は、LGV32や、その他のスマホ、タブレット端末でも問題なく動作し、「TS PLAY」より動作機種が多いようだ。
「ネット受信モード」も利用できたが、ただし「疑似ロケーション」はOFFにしないと使えない。

iOS版も、iPhone 5でもちゃんと動作し、「ネット受信モード」が利用できた。iPhone 5は、「TS PLAY」がインストールできないので、こちらのアプリを使うしかないな。

動作も多少軽快になった気はする。単にラジオを聴くなら、「i-dioアプリ Ver.2.0」の方がいいかな。

なお、どちらのアプリも、初期設定で防災安全情報の受信地域というのを設定するが、これが1か所しか設定できない。
会社勤めの人間としては、せめて自宅と勤務先の2か所は設定できるようにして欲しいところだ。

また、チャンネルリストに、Crimson FMというチャンネルが増えているが、「ネット受信モード」では受信不可とのこと。
自宅で、チューナーを繋ぐと聴けるらしいが。

楽天、ネットラジオプラットフォーム「Rakuten.FM」開始 - AV Watch

これはなんだと調べててみたら、Crimson FMは、7月1日にスタートしたネットラジオサービス「Rakuten.FM」のオリジナルチャンネルだそうで、それをi-dioでもサイマル配信するらしい。
ただし、ネットでは「Rakuten.FM」で聴いて欲しいので、「ネット受信モード」では聴けないそうだ。
なんだか不思議な関係だな。

それにしても、今回もやっぱりアプリリリース時に、ゴタゴタしたな。毎度のことになっており、勘弁して欲しいな。

関連記事:
「i-dio」の新アプリ「TS PLAY」を使ってみた:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました