So-net無料ブログ作成

TBSラジオを外で聴く環境づくり [ネット配信]

スポンサードリンク




TBSラジオのポッドキャスト配信が終了して、代わりに始まったTBSラジオクラウドをどうやって聴くのが聞きやすいか、試行錯誤していたが、ようやく落ち着いてきた。

ポッドキャストは、iTunesアプリで、一括ダウンロードして、それをiPod nanoに転送し、基本、iPod nanoを常に持ち歩いて聴いている。車の中でも、iPod nanoをナビとBluetooth接続して再生している。
ポッドキャストに関しては、これが一番手間がかからず、iPod nanoも使いやすいので、TBSラジオ以外のポッドキャスト配信は、これまで通りこの手順で聴きつづけると思う。

問題は、TBSのポッドキャストが、TBSラジオクラウドに変わってから、TBSラジオのコンテンツをどうやって聞くかだ。
TBSラジオクラウドでのストリーミング再生は、やっぱり使い勝手が悪いので、なるべく使いたくない。

そこで、パソコンで、TBSラジオクラウドサイトからファイルをダウンロードして、iTunesにインポートし、iPod nanoに同期を取って聴くことも考えたのだが、ポッドキャスト終了後、TBSラジオクラウドにアクセスしたら、プラウザのアドオンではダウンロードできなくなっていた。

また、例えそれが解決したとしても、iTunesに登録している音楽ライブラリの曲数が既に多すぎることもあり、ファイルのインポートに時間が掛かるし、ラジオクラウドのファイルには、ちゃんとしたタグが書かれていないこともあり、そういうファイルは、iTunes上で迷子になってしまい、iPod nanoに転送する以前の問題になってしまうことがある。
それを探して、タグを修正していたのではいちいち手間もかかり、この手順は諦めてしまった。

ラジオを聞くスマホをXperia mini「ST15i」に戻す:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

そこで、私がポータブルオーディオプレーヤーとしてiPod nanoと共に持ち歩いている、コンパクトスマホXperia mini「ST15i」を利用することにする。

こちらは、YouTubeを視聴したり、ネット動画をダウンロードしたものを見るのにも使うことがあるが、それよりは、ラジオ録音サーバで、ラジオ番組を録音したファイル(主に「伊集院光とらじおと」と「生活は踊る」だが)を、毎朝、パソコンにST15iを繋いで、サーバからファイル転送し、外で聴くために使うのがメインだ。
最近は、iPod nanoより使用時間は長いぐらいだ。

Xperia mini「ST15i」で、TBSラジオクラウドを聴くことを考えると、直接ブラウザで再生できそうだし、通信環境はWiMAXモバイルルータを持っているので、速度やパケット上限量は気にしなくてもいいため、iPod nanoで聴けるようにするよりは手っ取り早そうだ。

そこで、ST15iの標準ブラウザで、TBSラジオクラウドにアクセスしてみたのだが、音が出ない。
サイトの注意書きによれば、「現在、Androidスマートフォンの一部で再生されない現象が発生しております。現在調査&対応中です。しばらくお待ちください。」とのことで、まさにその症状みたい。

そこで、代わりのブラウザをインストールしようと思ったのだが、不要のアプリを全部削除し、ワークエリアもクリアしたが、Chromeも、Operaも、ストレージ残容量不足でインストールできない。
もともと、ST15iは内蔵ストレージがたった1GBしかない上に、プリインストールアプリも多く、まともにアプリ更新さえできない状態なのだから仕方ない。
Firefoxだけは、唯一、SDカードにインストールできたが、標準ブラウザ同様、音声の再生はできず。

ドルフィンブラウザ 最速のモバイルブラウザ

結局、インストールできて、TBSラジオクラウドの音声コンテンツが聞けたのは、ドルフィンブラウザだけだった。
ST15iの画面解像度が、480×320ドットしかないため、再生位置のバーが全部表示できなかったり、再生ボタンが半分欠けてしまうが、何とか再生はできる。

なので、ドルフィンブラウザのホームページとして、TBSラジオクラウドを設定し、ブラウザ起動後、直ちにコンテンツを選んで聴けるようにした。

私的には、これまでは、平日に聴くルーティーンは、「伊集院光とらじおと」「生活は踊る」をST15iでラジオの録音を聴き、それを聴き終えたら、iPod nanoでポッドキャストの「たまむすび」「デイキャッチ」、そしてその他のポッドキャストを聴くという流れだった。

それが、TBSラジオクラウド開始後は、ST15iで、「伊集院光とらじおと」「生活は踊る」まではラジオの録音を聴き、「たまむすび」「デイキャッチ」「Session-22」も、ST15iのブラウザでTBSラジオクラウドを聴く流れにしてみた。
そして、それらを全部聴き終えたら、iPod nanoに持ち替えて、TBSラジオ以外のポッドキャストを聴く順とした。

ところが、TBSラジオクラウドを、外でストリーミングで聴いていると、どうしても、「ST15i」の画面などに触れてしまい、再生が終了してしまうことが頻繁に起きてしまう。

TBSラジオクラウドでは、リジューム再生ができないので、いちいち聞いた場所までポジションバーを動かして、続きを聴く羽目になり、これが非常にうっとうしい。

また、倍速再生もできないので、従来より聴くのにも時間が掛かる。

これを解決するには、現在、ポータブルラジオサーバーPJ-35で、主要なTBSラジオの番組は予約録音しているのだから、毎日それを「ST15i」にコピーして聴けばよさそうに見える。

ところが、このPJ-35は、TBSラジオ専用に、帯で「伊集院光とらじおと」「生活は踊る」「たまむすび」「デイキャッチ」「Session-22」「Junk」を録音し、「ラジオなんですけど」「日曜天国」「日曜サンデー」「ちゃきちゃき大放送」などの週1回の番組も録音している。
そのため、帰宅後、ほとんどの時間PJ-35が予約録音中で、毎日、クレードルから外して「ST15i」にコピーするタイミングがないのだ。

仕方ないので、TBSラジオ以外の番組を予約録音しているWindowsタブレット「Iconia Tab 8 W」のRadikoolに、これまで予約録音していた「伊集院光とらじおと」「生活は踊る」(これらはもちろんPJ-35でも毎週録音している)に加えて、「たまむすび」「デイキャッチ」「Session-22」についても、PJ-35と重複して予約録音を入れ、「ST15i」へは、Radikoolで録音したファイルの方を、パソコンからネットワークドライブとしてアクセスし、「ST15i」にコピーすることにした。

ただし、音質や安定度は、FM放送を録音したPJ-35の方が圧倒的にいいため、PJ-35で録音した方を永久保存にし、Radikoolで録音したファイルは、聴き終えたら随時削除している。

この方式では、Radikoolで、負荷のかかる2番組同時録音をするためか、時々予約録音を失敗していることがあるが、その場合、聴ける番組は、TBSラジオクラウドをドルフィンブラウザで聴くことでカバーしている。

なお、いくつか問題が残っていて、一つは、車の中で聴きたいときには、ST15iをナビにBluetooth接続したいのだが、何故かペアリングできない。現在原因究明中だが、ST15iのBluetoothのバージョンが古いせいかなぁ?
ナビには一応AUX入力もあるので、最悪それで何とかなることはなるのだが面倒だ。

もう一つが、ST15iのバッテリーの持ちが、iPod nanoに比べればイマイチなので、こうした使い方だと、朝にフル充電しても、夕方にはバッテリーが切れていまうことも多いことだ。
もっと、大容量の互換バッテリーがあれば、買ってもいいんだけど、見つからない。
仕方ないので、外付けバッテリーでアシストして何とか持ちこたえている状況だが、これでやっていくしかないかな。

関連記事:
TBSラジオ・ポッドキャスト配信が終了して・・・:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
ポータブルラジオサーバーPJ-35によるラジオ録音の状況:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
Radiko録音サーバの詳細設定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
ラジオを聞くスマホをXperia mini「ST15i」に戻す:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



SIMフリー Xperia mini ST15i Black【海外版 SIMフリ...
価格:7980円(税込、送料無料)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました