So-net無料ブログ作成

第155回直木賞、芥川賞が発表された [文学・小説]

スポンサードリンク





<直木賞>荻原浩さんの「海の見える理髪店」が受賞 芥川賞は村田沙耶香さんの「コンビニ人間」 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

第155回芥川賞、直木賞が、7月19日に発表された。
芥川賞は、村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)、直木賞は荻原浩の「海の見える理髪店」(集英社)が受賞したとのことだ。

村田沙耶香は、既に記者会見の模様が話題を呼んでいるが、現在もコンビニでバイトを続けている女性作家。
2003年「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。
08年に出版した「ギンイロノウタ」で第31回野間文芸新人賞、12年刊の「しろいろの街の、その骨の体温の」で第26回三島由紀夫賞を受賞し、芥川賞は初ノミネートで受賞という、純文学界では超エリートコースと言える。

ところが、実際の村田沙耶香は、そうしたエリート感皆無のほわっとした雰囲気で、清楚だが、どこか薄幸そう。

バックナンバー|文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?|BSジャパン

「よく抱きつかれる作家」村田沙耶香 オードリー若林に迫られ「変態」にまつわる本をオススメ (Book Bang) - Yahoo!ニュース

彼女のことを初めて知ったのは、オードリー若林正恭がホストを務めていた文筆系トークバラエティ「ご本、出しときますね?」で、西加奈子らが、トンデモない人であると力説しているのを聞いたのが最初。
それで興味を持ち、後日、その番組にも登場し、さらには、「ボクらの時代」に、若林と本谷有希子とで出演したのを見て、彼女の言動に大笑いしながら、どこか背筋が凍るものがあった。

彼女は、朴訥とした話し方をするのだが、しかし、その内容はというと、「殺人のシーンを書くのは喜び」や「よく抱きつかれることがある」「電車の中で露出狂によく遭う」などと怖いことをさらっと話す、というなかなかのクセモノだ。

私自身は、この方の作品をまだ読んだことがないのだが、トークを聞いただけでも、こんな人が書く小説が面白くないはずがないとは思っている。

これを機に、是非作品も読んでみたいし、また「ゴロウデラックス」なんかにも出て、独自の村田ワールドを発揮して欲しいな。

荻原浩は、ベストセラーも多いベテラン作家で、私もファンで、特にデビュー作から10年間ぐらいは全作読んでいた。
最近は、本を読むペース自体が落ち、全作品をフォローできなくなってしまったが、今もファンであることは変わりない。

1997年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞しデビューし、第18回山本周五郎賞を受賞した「明日の記憶」は、渡辺謙自身の希望により映画化されヒットもした。「二千七百の夏と冬」では、第5回山田風太郎賞受賞。
直木賞には、「あの日にドライブ」「四度目の氷河期」「愛しの座敷わらし」「砂の王国」で過去過去4度の直木賞候補になり、今回の「海の見える理髪店」は5度目での受賞となった。

荻原浩作品を最初に読んだのは、人に勧められた「なかよし小鳩組」で、確かに気持ちが温かくなる佳品だった。
その後、作品が出るたびに読むようになったが、作風に、作者の人の好さが出る感じで、嫌みがない。
気持ちよく読み進められるのは、きっと、村田沙耶香とは対極なのだろう(まだ読んでないけど)。

そして、私の最大の印象は、なにより「外れが少ない作家」だ。
どの作品を読んでも、一定の面白さが担保されているので、新幹線に乗るとき読む本がなく、何か本を買おうと思うとき、つい選んでしまいがちな作家が荻原浩なのである。

そんな中でも、「明日の記憶」は、若年性アルツハイマー病を患った男とその奥さんの物語で、美しくて泣けるラストシーンが印象に残る小説だった。
「なんでこの作品が直木賞候補に挙がらないのだろう?」と思ったぐらいで、私にとっては、未だに荻原浩のベストワンだ。

出版社側としても、荻原浩は、既刊本も多く、作品水準も平均的に高いので、直木賞受賞は、東野圭吾まではいかないにしても、本がたくさん売れて非常に有難いだろうな。

既にファンも多いベストセラー作家であり、直木賞も今さらという感じもあるが、ファンとして、素直におめでとうございますと言いたい。

ちなみに、今回の候補作については、「ゴールデンラジオ」でちらっと話題が出たのを聞いたぐらいで、全くチェックしていなかったので確認しておきたい。

芥川賞候補には、5度目のノミネートとなった山崎ナオコーラ「美しい距離」、3度目のノミネートの高橋弘希「短冊流し」、初ノミネートだった今村夏子「あひる」、崔実「ジニのパズル」、村田沙耶香「コンビニ人間」の5作が挙がっていたが、受賞最有力と言われていた山崎ナオコーラさんは残念でした。でも、「村田沙耶香なら仕方ないか」と言っている気もするな。

直木賞候補には、2度目のノミネートの湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」、5度目のノミネートの伊東潤「天下人の茶」、荻原浩「海の見える理髪店」、門井慶喜「家康、江戸を建てる」、原田マハ「暗幕のゲルニカ」、米澤穂信「真実の10メートル手前」の6作が挙がったが、湊かなえは、いい作品が目白押しなので、次には取るでしょう。
米澤穂信は初の候補で、SF、ミステリーを得意分野とし、嫌いな作家ではないのだが、まだまだ直木賞を取るのは早い感じもする。今回は、ありがちな選考会への顔見せなのかも。

ラジカントロプス2.0 | AM1422kHz ラジオ日本


『文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想編)』(2016年7月14日OA)


『文学賞メッタ斬り!スペシャル(結果編)』(2016年7月21日OA)

なお、第155回芥川賞、直木賞についても、大森望・豊崎由美による、恒例「文学賞メッタ斬り!スペシャル」がラジオ日本で放送されましたが、放送されなかったトークも大幅に追加されて、ポッドキャストでも配信されているので、ご一聴を。

ゴロウ・デラックス|TBSテレビ

また、「ゴロウデラックス」にも、恒例で、近日中に芥川賞、直木賞受賞者が揃って出演するのは間違いないので、お見逃しなく。

関連記事:
本谷有希子さんが第154回芥川賞を受賞!:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

海の見える理髪店 [ 荻原浩 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました