So-net無料ブログ作成

TSUTAYAで本・雑誌を買うと電子書籍が無料で読める「Airbook」 [電子書籍]

スポンサードリンク




20141213-tsutaya-airbook-001.jpg

書店の来店回数が2倍に--“技あり”電子書籍サービス「Airbook」とは - CNET Japan

TSUTAYA対象店舗(全国で810店舗)で、「Tカード」を提示して対象商品を購入すると、電子書籍ストア「BookLive!」で、対象商品の電子版が無料で提供される「Airbook」というサービスの存在を知った時、これは素晴らしいと思った。

正直、雑誌なんかは、段組みが複雑な分、電子書籍より、紙の方が絶対読みやすい。
ただ、雑誌は取っておくとかさばるので、ある時点で捨てざるを得ないのですが、このサービスがあれば、気軽に紙の雑誌を捨てられていいな、と思ったのだ。

逆に活字の本は、私的には、もはや電子書籍の方が読みやすいので、わざわざ紙の本の定価を払って、紙の本と電子書籍を手に入れるより、電子書籍のみを安く手に入れられる方が嬉しいので、あまりメリットは感じない。

魅力に感じて、どんな本・雑誌が利用できるのかと、調べてみたのだが、ラインナップを見てちょっとガッカリ。

TSUTAYA Airbookサービス

対象商品は月刊誌、週刊誌が158、ムックが91、書籍、コミックが122で合計371タイトルとのことで、大半が雑誌で、本は、ベリーズ文庫とSB新書のみというから、本については寂しいラインナップ。

まあ、本に関しては、私の場合気にしないのだが、雑誌のラインナップを見ても、残念ながら、買うことがある雑誌がほとんど見当たらないのだ。

ざっと見た限り、たまに買うのは「横浜ウォーカー」ぐらいか。
私の場合、買うことがあるのは、「日経トレンディ」「AERA」「月刊STEREO」あたりなのだが、どれも含まれていない。
また、「るるぶ」「まっぷる」のような旅行ガイドのムック本があると、何か旅行するたびに紙と電子書籍の両方が欲しいのだ、それもない。

Airbook利用者は、TSUTAYA全体の利用者に比べ、来店回数が約2倍に増えたほか、購入冊数は約1.6倍になるなど、このシステムの効果は確かにあるようだが、もうちょっと利用可能な雑誌やムック本が増えないと、なかなかTSUTAYAに足は向かないなぁ。

「今後は対象商品を増やしつつ、紙と電子の両方が楽しめるAirbookの認知拡大に取り組んでいく」とのことなので、買った本・雑誌にすべて電子書籍が付いてくる、みたいな世界が実現できるよう、頑張ってください、と言うしかないな。
出版社側にもう少しメリットがあるか、メリットがなくても、これをやらないと先がないほど追い詰められないと、まあ、広がるのは難しい気はするけどね。

関連記事:
「ビューン読み放題スポット」はよく考えられたビジネスモデルだな:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

eBookジャーナル vol.07vol.07【電子書籍】
価格:1200円 (2016/7/24時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました